機能と使い方

シンプルな3次元測定 
3D Distoは、ハンディタイプのDISTOシリーズと異なり、Windows端末から専用ソフトを使って本体を操作します。専用ソフトの使い方、3D Disto を使った測定、データの保存、Windowsへ出力するまでの方法を解説しています。

自動測定 
3D Disto の測定機能には、一定間隔ごとに、線や面単位で自動測定ができる「オートスキャン」機能があります。床から壁、天井までを連続的に測定したり、円柱の表面などの曲面を三次元で測定する方法を解説しています。


「リノベーションの現地調査 ~3D Disto編 その1~」
弊社のエントランスを例に、3D Distoのセットアップ、操作の流れ、データの保存について解説しています。


「リノベーションの現地調査 ~3D Disto編 その2~」
エントランスに加え、廊下部分も測定したいのですが、最初に置いた場所からはレーザーが当たりません。その際は、3D Distoの位置を移動させて、測定を継続する「リロケーション機能」を使います。その2では、この機能について解説しています。

『墨出し』機能 (プロジェクター機能)


「プロジェクター機能」とは?
壁や床に一定間隔で位置だし、CADで設計したデータをインポートして位置だしが可能な「プロジェクター機能」について解説しています。


データを使って、床に位置だし
モノや機械の設置/据付のために、DXF形式の設計データをインポートして、床に位置だしする方法を解説しています。


一定間隔で、床や壁にレーザー照射
一定間隔の配列(格子状/網目状)で、天井に墨出しをする方法を解説しています。

座標について

3D Disto の座標の決まり方
3D Distoは、測定した点をすべて3次元の座標情報に変換します。ここでは、座標軸がどのように決定されるのかを解説します。