3D Disto

曲線のあるドア枠を測る:Leica 3D Disto 使用事例

三次元レーザー測定器 Leica 3D Distoを使って測定し、ドアを取り付ける動画をご紹介します。

ドアを取り付ける場所は、アーチ型の曲線になっています。取り付け場所の形状を正確に把握することが求められます。今回は、Leica 3D Distoの「オートスキャン機能」を用いて、一定間隔で自動測定を行うことで、一点一点を手作業で測定するよりも効率よくデータの取得ができます。

3D Distoで自動測定:オートスキャン機能で線や面を測定する

測定結果は、CADに出力し、AutoCADを使った編集を経て、CNCでのカッティングに用いています。

写真は、実際に完成したドアです。カッティングによって仕上がったドアがピッタリと取り付けられています。

動画ではコントロールパネルで3D Distoを操作をしていますが、現在の3D Distoは、Windows端末から操作することができます(2018年12月現在)。

3D Distoを作業に取り入れているユーザーは、動画で以下のようにコメントしています。

私たちは、効率よく作業が進められるよう、いつも最適なツールを求めています。Leica 3D Distoは、それを可能にしてくれる素晴らしいツールです。我々の作業に、今や3D Distoは欠かせない存在となりました。

それでは、実際の動画をご覧ください。

上記のユーザー事例の詳細をPDF資料にまとめましたので、こちらからダウンロードいただけます。3ページ目以降に日本語要約もありますので、ぜひご活用ください。

ユーザーが冒頭で述べているコメントです。

Leica 3D Distoで、測定工程から設置までの正しいデータを抽出することができます。ここで得られる情報は、すべて十分なレベルの情報です。素晴らしい測定機器です。

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。