3D Disto

穴や凹凸のある天板の測定:Leica 3D Disto 使用事例

三次元レーザー測定器 Leica 3D Disto を用いて、キッチンの天板をリフォームするための測定を行う動画をご紹介します。

この動画では、キッチンの天板を新たに設置するため、設置場所の測定に3D Distoを用いています。特にご注目いただきたいポイントは、

  • 穴や凹凸がある、複雑な形状の対象物の測定方法
  • 測定結果は、CADデータとして出力し、AutoCADに取り込んで編集が可能
  • CNC(カッティングマシン)用のデータとして転用できること

動画は英語字幕のみのため、作業がどんな流れで行われているかを簡単にご紹介します。

  1. 測定場所であるキッチンで3D Distoを三脚に設置、レベリング
  2. 最も凹凸のある、戸棚前面の角を全て測定
  3. 壁に接している後方部分を、水平方向に自動測定(オートスキャン)
  4. 測定結果をCADデータ(DXF)として出力し、AutoCADで編集
  5. 編集したデータをCNCに転送し、そのデータを基にカッティング
  6. カッティングした天板が、キッチンに設置されました

動画中で測定作業を行ったしたユーザーは、最後に以下のようなコメントをしています。

従来の手作業による測定方法ではどうしても誤差が生じ、設計した天板と戸棚の角をぴったり一致させるのも大変な作業でした。Leica 3D Distoを使うことで、わずか数分で、ミスなく正確な測定ができたことにとても満足しています。

では、一連の作業を動画でご覧ください。

 

Leica 3D Disto 本体の操作は、専用ソフトウェアで行います。動画ではコントローラーを使っていますが、現在はコントローラーではなくPC仕様にアップデートしています(2018年12月現在)。

お持ちのPCやタブレット(Windows 7以降)にソフトウェアをインストールしていただくことで、お使い頂けます。PC仕様になったことで、測定した結果を三次元の立体的な図として確認することもできます。

Leica 3D Disto を使ったキッチンの測定については、チュートリアルにまとめています。下記アイコンをクリックするとPDFファイルが開きます(ダウンロードもできます)。

動画中、一定間隔で行っていたオートスキャン機能については下記ページで解説しております。上記のキッチンのように「範囲を囲む」測定だけでなく、「面」としてスキャンする測定方法もご紹介しています。起伏の激しい法面や、凹凸のたくさんある場所などに適しています。

3D Distoで自動測定:オートスキャン機能で線や面を測定する一定間隔で自動測定!オートスキャン機能 三次元レーザー測定器 Leica 3D Disto 床から壁、天井までの直線(曲線)距離を...

三次元レーザー測定器 Leica 3D Disto の記事をまとめたページです。使用事例や、マニュアルのダウンロードもできますのでぜひご活用下さい。

3d_disto_tablet_roomscan
三次元レーザー測定器 Leica 3D Disto の製品情報まとめLeica 3D Distoとは? ライカ レーザー距離計 DISTOシリーズの中の最高峰『Leica 3D Disto』。 どんな製品...
製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。