高さ/高低差

レーザー距離計で高低差測定!基準からの高さを測る方法

高低差測定

ライカのレーザー距離計 DISTO シリーズで高さを測る機能は2つ。
ハイト(高さ)トラッキング機能と、ハイト(高さ)プロファイル機能があります。

  • ハイト・トラッキング機能:高さ測定
  • ハイト・プロファイル機能:任意の基準からの高低差を測定

「ハイト」とは英語で”height”、「高さ」を意味します。

今回は、高低差測定ができる、ハイト・プロファイル機能をご紹介します。

高さ測定
レーザー距離計で高さ測定!上下の2点で簡単に高さを測る傾斜センサーが付いたライカのレーザー距離計は、 離れた所から『高さ』を測ることができます。 高さ測定ができる「ハイト・トラッキン...

レーザー距離計で、高低差測定ができるしくみ

ハイト・プロファイル機能を使うことで、
自分で決めた基準からの高低差を測ることができます。

下図では、1番目の測点を基準としています。1度基準を決めると、
次回以降の測定は、その基準からの高低差を算出します。
基準からの高低差に加え、DISTO本体から測定点までの水平距離も計算されます。

ハイト・プロファイル機能で測定した時の画面です。
1番下の大きい値が高低差です。これは、床から天井までを測定した結果です。
ファインダーモードで測定すると、画像と一緒に保存されます。

ハイトプロファイル機能 ライカ レーザー距離計

 

高低差測定は、こんな時に役立ちます

高さを測りたいが、測りたい場所の真下がわからないとき

測りたい場所の真下が見えない、モノがある、
空間になっていて真下がどこかわからない、という場合に使える機能です。
ハイトプロファイル図

使い方動画:
『吹き抜けエリアの天井高測定 DISTO D510 & アプリにメモ』

平面の凹凸や傾斜を測定したいとき(簡易レベル出し)

一見、平らに見える面でも、緩い傾斜や高低差があります。
その差がどれだけあるか知りたい場合に「簡易レベル出し機能」として使えます。

disto-d810_ハイトプロファイル_高低差

使い方動画:
『床の高低差測定 DISTO D510』

斜面の形状を測りたいとき

斜面の形状を測りたいときにも役立ちます。
アイコンのデザインは、この測定場面をモデルにしています。

disto-d510_ハイトプロファイル_高低差_ライカ レーザー距離計

 

高低差測定機能の使い方

まず、ハイト・プロファイル機能を「FUNC」ボタンから呼び出します。
下記は、D810 touchの画面です。
アイコンは、土手のような、S字を伸ばしたような形のラインが目印です。

そして最初に、高さの基準としたい場所を測定します。
地面や床、目印となる場所、任意に決めた場所などです。

測定すると、下記のようなアイコンが一瞬、表示されます。
正常に基準値が設定されたというお知らせです。
「REF」というのは、Referenceの略で、測定基準値のことです。

準備ができたので、レーザーをオンにして、高さを測ります。

測定後、画面の一番下に大きく表示されているのが、基準からの高さです。
その上の少し小さい値は、レーザー距離計本体からの水平距離です。
基準からの水平距離ではありませんので、ご注意ください。

続けて同じ基準からの高さを測定したい場合は、
DISTボタンを押しレーザーを出して、測定します。

別の基準から高低差を測定したい場合は、
機能アイコンボタンを押して、最初からやり直せます。

 

高低差測定ができるDISTOモデル

ライカ レーザー距離計 DISTOシリーズの下記3機種で使えます。

d510_named810_names910_name

ご購入・お見積りは、本ページ最下部「ご購入・お見積りについて」をご覧ください。