Windowsと使う

Windows タブレット / PCから測定する!

「PCから測定したい」
「PCで測定のトリガーをかけられないか?」
「リモート制御したい」

よくあるお問合せの1つです。ライカのレーザー距離計 DISTOシリーズは、BluetoothやWLANを搭載しているモデルがほとんどなので、レーザー距離計の測定ボタンを押さずに、Windows端末やスマートフォンアプリから、測定することができます。

取得したい情報によって、レーザー距離計の種類と必要なソフトウェアが変わります。

  • 「距離 / 角度」を取得したい場合:Bluetooth
  • 「座標情報 / 写真」を取得したい場合:WLAN

距離 / 傾斜角度

直線距離、傾斜角度を取得したい場合は、Bluetoothと専用ソフトウェアを使います。

  1. Windows 8.1以上のタブレットまたはPC
  2. 専用ソフトウェア「DISTO transfer Bluetooth版」
  3. Bluetooth付きレーザー距離計 Leica DISTO
    (DISTO D1 / D110 / D2 / D810 touch / S910 のいずれか)
    ※DISTO D510 は本機能が使えません。ご注意ください。

どのレーザー距離計を使うかですが、傾斜角度が必要な場合は、D810 touch / S910をお選びください。

距離だけの場合は、室内なら、DISTO D1 / D110 / D2 の3種類の中から、精度とサイズに応じてお選びください。屋外の場合は、レーザーがどこに当たっているかを確認するファインダー搭載モデル、D810 touchをお使いください。

専用ソフトウェア「DISTO transfer Bluetooth版」のダウンロードは、こちらからどうぞ。

DISTO D810 touchを例に、PCからリモート制御している様子を動画にしました。ご覧ください。

 

座標 / 写真

DISTO S910は、Bluetoothに加え、WLANも搭載しています。3次元の座標情報と測定対象の画像(jpg形式)を送ることができます。必要なものは、下記のとおりです。

  • Windows 7 以上のタブレットまたはPC
  • 専用ソフトウェア「DISTO transfer WLAN版」
  • レーザー距離計 Leica DISTO S910

こちらも動画を撮影しましたので、ご覧ください。

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。