DISTO Plan

レーザー距離計アプリで仕事がはかどる!3つの方法をご紹介

DISTO_Plan_organiser

レーザー距離計とスマホアプリを使うと、これまでの現地調査が、
さらにはかどるかもしれません!

ライカにお問合せいただく方から、よく聞く現場の事例をもとに、
アプリを使った3つの解決方法をご紹介します。

現地調査でよくあるパターン

ケース1:測定メモが読めない!書き起こしが面倒!

現場で測定したメモを会社に戻って渡すと、

測定者さん
測定者さん
ここの数字、読めない!
あっ、メモした紙、なくしてしまった!

こうなると、ふたたび現場に行って測り直すという二度手間になります。さらに、

測定者さん
測定者さん
測定箇所が多くて、図面に書き起こすのが面倒だなぁ…

手書きのスケッチをもとに図面を書き起こして、
縮尺も合わせなければならなかったりと、大変です。

ケース2:現場に物がたくさんあって、測りにくい!

現場によっては、資材や機材などがたくさん置いてある状況もあるでしょう。
壁に巻尺を当てることが出来ない場所もあったりします。

でも、できるだけ早く測定しないと、工程が遅れてしまう。

測定者さん
測定者さん
一ヶ所から全部、測定できればいいんだけど。

ケース3:数値だけ欲しい!

図や写真は作らなくてよいので、Excelやテキストに、測定結果の数値だけ転送したい。
測定結果が大量にあり、すべて表に入力しないといけない。

測定者さん
測定者さん
手入力だと、タイプミスがあるからな…

いかがでしょうか。1つでも心当たりがあれば、
これからご紹介するアプリが役に立つかもしれません。

アプリを使った3つの方法
  • DISTO Plan(ライカ)
  • MagicPlan (Sensopia)
  • キーパットモード(ライカ)

「キーパットモード」は、メモ帳やExcelなど、お使いのアプリに値を送る方法です、

いずれの方法も、レーザー距離計とお手持ちの端末を、
Bluetoothでつなぎ、値を転送します。

では、それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

レーザー距離計 Leica DISTOを活用する3つのアプリ

アプリ『DISTO Plan』

2018年にリリースされた、ライカジオシステムズの最新アプリです。

distoplan_sketch-on-photo

写真の上に、レーザー距離計で測定した数値が載せられる「スケッチオン・フォト」機能。
現場の画像と測定結果が、一枚の写真としての残せます。

DISTOくん
DISTOくん
後から見返したとき、写真付きなので分かりやすいですよ!
測定し忘れ、転記ミスも防げます。
DISTOくん
DISTOくん
これは、部屋の壁を1辺ずつ測っていくと、測定終了と同時に、自動で図ができてしまう「スマートルーム」機能

最新のDISTO X3 / X4 限定機能です!

測定者さん
測定者さん
えっっ!図を書かなくても、図ができるんっすか?
すごいっすね~
distoplan,app,measureplan
DISTOくん
DISTOくん
上の写真のように、部屋の角を測っていくだけで、平面図ができる機能もあります。有償ですけどね!
測定者さん
測定者さん
一箇所から測れるのは、いいっすね!
モノがあっても大丈夫ってことですか?
DISTOくん
DISTOくん
はい、大丈夫です!高さ情報は無視しますので、角なら見えている場所のどこを測っても構いません。

上記機能についての詳しい解説や、使い方動画は、こちらをご覧ください。

レーザー距離計アプリ「Leica DISTO Plan」で出来ること 新製品のレーザー距離計 Leica DISTO X4 / X3 の発売にあわせて公開された、専用アプリ『 Leica DISTO Pl...

アプリ「DISTO Plan」は、下記の端末でご使用いただけます。
インストール前に、お持ちの端末バージョンをご確認ください。

  • iOS : バージョン 10, 11, 12
  • Android : バージョン 6, 7, 8

アプリ『MagicPlan(マジックプラン)』

「DISTO Plan」よりも精密な図面を作成したい、という場合はこのアプリがお奨めです。寸法を入力する場所に、レーザー距離計DISTOシリーズで測った値が転送されます。

縮尺がきっちり反映され、ドアや窓、家具や建具の配置やサイズ設定など、
レイアウトのイメージ図も細かく作成できます。

maicplan_1

有料になりますが、DXF / PDF / JPG / CSV 形式でのデータを取得することができます。
使い方は、下記動画をご覧ください。

アプリのダウンロードはこちら
iOS:  https://itunes.apple.com/jp/app/magicplan/id427424432?mt=8
Android: DISTOの接続は未対応

キーパットモード

こちらは、専用アプリを使わず、ご使用になっているアプリへ直接、
レーザー距離計で測った値を転送する方法です。

「キーパットモード」と呼んでいます。

例えば、メモ帳やExcelアプリへ、レーザー距離計で測定した値を、
Bluetoothで転送することができます。

本機能は、下記端末でのみ、使えます。

  • DISTO X3
  • DISTO X4
  • DISTO D810 touch
  • DISTO S910

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

iPad や Android に、測定値を送る(キーパッドモード)ライカ レーザー距離計を、端末と直接Bluetooth接続して、データを送ることができます。例えば、メモ帳アプリや社内で独自開発されたア...

アプリが使えるレーザー距離計

ライカのレーザー距離計は、2018年発売の新製品「DISTO X3 / X4」
が加わり、8種類となりました。

測定値の転送にはBluetoothを使いますので、
Bluetooth®4.0搭載モデルが対象です。

機種の選び方については、下記記事をご参照ください。

disto_lineup_new_01
ライカのレーザー距離計、どれがおすすめ?全機種を詳しく解説! ライカのレーザー距離計DISTOシリーズは、現在9機種あります。おおまかに、3分類に分けられます。 室内用屋外用2点間距離測定用...

(参考)以前のレーザー距離計アプリについて

アプリ『DISTO sketch』(ディスト スケッチ)

本アプリは、上記の『DISTO Plan』へ切り替わり、終了となります。
機能はすべて『DISTO Plan』へ引き継がれておりますので、
切り替えいただけますようお願いいたします。

アプリ『DISTO transfer』(Android版)

Androidのみ、リリースしていたアプリ『DISTO transfer』も、
終了することとなりました。

今後は、キーパットモードをお使いいただけますようお願いします。

Windows版の『DISTO transfer』は、V6.0へ改良し、今後も継続していく予定です。

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方は、
下記をご参考になさってください。