精度

レーザー距離計 Leica DISTOの簡易的な精度チェック方法

レーザー距離計 Leica DISTOシリーズの精度は、平均値ではなく、標準偏差の2倍です。測定精度は、国際標準化機構の推奨項目 ISO/R 1938-1971 に対応しています。

この記事では、

  • 定期的な機器の精度チェック
  • 精度がおかしい?と思ったときの確認方法

として、簡易的に精度を計る方法をご紹介します。

レーザー距離計の精度は、標準偏差の2倍

下記の図をご覧ください。標準偏差の2倍とは、グラフのグレー部分にあたります。
平均値ではありません。

レーザー距離計の精度チェック方法

DISTOの精度チェックは、測定を10回行い、その数値を使って計算します。
本ページ最下部に、計算用のExcelシートをダウンロードいただけますので、
あわせてご利用下さい。

Leica DISTO D810 touchという機種を例に、精度チェックをしてみます。

【手順】

(1)1~10mの範囲で測定する長さを決めて、基準値とします。

(2)レーザー距離計で10 回測定します。

(3)10回の測定が終わったら、全ての測定値の平均値を算出します。

(4)10 回の測定値の標準偏差を算出します。

(5)測定精度を算出します。これは、標準偏差を2 倍したものに、平均値から基準値を引いた数値の絶対値を加えます。

この例では、Leica DISTO D810 touchの測定精度は「±0.7mm」という結果です。

精度の仕様は、レーザー距離計の種類によって決まっています。
Leica DISTO D810 touchは、10mで±1.0mmという精度のため、
この簡易チェックでは「精度範囲内」という結果になります。

上記の計算手順を、PDF形式の書面でまとめてありますので、ご活用ください。
ダウンロードはこちら >>

注意点

  • 小数点以下の桁数に注意して下さい。(小数点以下6 桁で計算します。)
  • 推奨されている測定環境の範囲内にて行って下さい。「推定されている測定環境」は、各機種のマニュアルに従ってください。
  • 測定温度範囲内で行って下さい。
  • 測定対象面は、測定エラーの出る可能性のあるところで行わないで下さい。

 

精度計算用Excelファイル

測定精度の計算ができるExcelファイルをダウンロードしてお使い頂けます。
基準値、測定値(10回分)を入力するだけで、
測定精度(mm)が自動的に算出されるようになっています。

下記アイコンをクリックすると、ダウンロードできます。

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D DistoやLinoの見積依頼をお考えの方はこちら。