D810 touch

ソフトを使わずに、Windowsへ測定値を送る!(キーパッドモード)

レーザー距離計 Leica DISTO X3 / X4 / D810 touch / S910 の4機種は、専用ソフトウェア「DISTO transfer」を使用しなくても、WindowsやAndroid,iOSへ測定値を転送することができます。この機能を、弊社では、”キーパッドモード”と呼んでいます。

  • 自社開発のソフトウェアへ値を転送したい
  • 専用ソフトウェアを使わずに、値を転送したい

という方に最適です。Windows通信の体系図でいうと、下記の赤色「ソフトなし キーパッドモード」にあたります。データを送るための特別なソフトウェアや、システム変更・開発は不要です。

このキーパッドモードは、iOS、Androidでも可能です。

では、使い方や設定方法などを解説していきます。後半に、キーパッドモードで転送をしている動画もありますので、ご覧ください。

対応機種

  • Leica DISTO X3
  • Leica DISTO X4
  • Leica DISTO D810 touch
  • Leica DISTO S910

この機能が使えるのは上記のとおり、4機種のみです。他のBluetooth搭載モデル(Leica DISTO D1 / D110 / D2 / D510)でWindowsに値を転送するには、専用ソフトウェアが必要になりますので、ご注意ください。

システム要件

  • Windows 10 以上
  • Bluetooth 4.0 以上

Bluetooth 4.0の仕様で、Windows 7は使えません。Windows 8.1は、端末によって動作が不安定のため、弊社では非推奨です。端末のスペックは問いませんので、Windows 10以上のタブレットかPCをご用意ください。

DISTOの設定

DISTO D810 touch / S910 では、DISTO本体のBluetooth設定が必要です。DISTO X3 / X4 については、BluetoothをONにするだけで準備完了です。

D810 touch / S910

設定画面で、Bluetoothアイコンを選びます。下記画面が表示されますので、測定結果の転送形式を選択します。上から1番目(緑)か2番目(青)を選んでください。緑の表マークは、単位なしの数値、青のテキストマークは単位付きの数値が転送されます。

 

 

 

 

 

 

加えて、値の転送位置を決めることができます。上記画面右下のBluetoothとねじマークが一緒になったボタンを押すと、下記画面が表示されます。Excelへの転送を例にすると、

  • TAB:値は、右側のセルへどんどん入っていきます。
  • Enter:値は、下のセルへどんどん入っていきます。
  • none:セルへの移動はなされず、ひとつのセル内に区切りを付けずに入っていきます。

Bluetooth接続

初回のみ、ペアリング設定が必要です。下記いずれかの方法で、ペアリング画面を表示してください。

  • PC画面したのBluetoothアイコンを選び、「Bluetoothデバイスの表示」を選択
  • 「PC設定」→「PCとデバイス」→「Bluetooth」を選択

「DISTO ×××××」のアイコンを選択し、「ペアリング」を押します。×××××の数字は、DISTOのシリアル番号です。

接続が完了すると、DISTO本体の画面が下記のように切り替わります。これで準備完了です。

測定、転送

ExcelやWord、テキスト(メモ帳)など、転送したいソフトウェアを起動します。

あらかじめ、ソフトの入力方法は英数字、またはローマ字入力にしてください。日本語入力のままDISTOから転送すると、文字化けしたり、正しく表記されない場合があります。キーボード画面が表示されないときは、DISTOの電源を一度切った状態で、再度お試しください。

DISTOで測定した後に、画面右下にある、青色の矢印型のBluetoothボタンを押します。すると、カーソルがある場所へ測定値が転送されます。

Bluetoothボタンの反対側にある4方向に矢印があるボタンを押すと、真ん中が緑色の「ON」になり、DISTO本体の矢印を使ってカーソルを移動させ、値の転送先を自由に選ぶことができます。

動画

Windowsタブレットに、DISTO D810 touch で測った値を転送する動画です。

ピックアップ記事

  1. Leica DISTO S910 まとめページ
  2. レーザー距離計 保証プログラムのご案内
  3. 新登場!レーザー距離計 Leica DISTO Xシリーズ
  4. Leica 3D Disto まとめページ
  5. 2018年版 レーザー距離計の選び方

関連記事

  1. S910

    レーザー距離計 DISTO S910で、300m測定!@新宿御苑

    ライカ レーザー距離計 DISTO S910の測定範囲は、最大300m…

  2. 3年保証

    レーザー距離計 保証プログラムのご案内

    レーザー距離計の購入をお考えの方や、お手持ちの距離計に不具合が発生した…

  3. S910

    レーザー距離計で、多角形の面積を測る

    点で囲まれた面積(多角形)を計算したい。そんなときは「スマートエリア」…

  4. 2点間距離

    離れた場所から幅を測る:DISTO S910

    (2018年8月29日更新)ライカのレーザー距離計 DISTO…

  5. DISTOを比べる

    室内モデルの比較!レーザー距離計 Leica DISTO X3 と D2

    2018年に新登場したレーザー距離計 Leica DISTO X3と、…

  6. S910

    DISTO S910の使用事例 ~屋根の測定~

    ライカ レーザー距離計 DISTO S910を実際に使っているユーザー…

人気記事 Top 5

最近の記事

DISTO & Lino 総合カタログ

写真から3D計測 BLK3D

  1. 3年保証

    3年保証、問合せなど、購入したレーザー距離計をサポート!「myWorld」のご案…
  2. 他の距離計とDISTOを比べる

    レーザー距離計、どのメーカーが正確?
  3. よくある問合せ

    レーザー距離計で測れないもの ~ 水面・ガラス・鏡~
  4. 精度

    どれだけ正確に測れる?精度は?
  5. DISTO Plan

    最新アプリ Leica DISTO Plan 概要
PAGE TOP