機能

斜面の長さを測る

ライカのレーザー距離計は、直線距離を測れるだけでなく、様々な測定ニーズに答える機能があります。

たとえば、屋根の傾斜度や長さなどを、屋根に上らずに概算で測りたいとき。

こんなときは、「斜面の長さを測る」機能が役立ちます。

使い方は、測定する2点の真正面に立ち、機能を呼び出して、2回測定するだけです。2点の斜距離と傾斜角から、2点間の距離、角度、垂直距離などを自動で瞬時に計算します。

【対応モデル】

  • DISTO D510
  • DISTO D810 touch
  • DISTO S910

測定方法

今回は、斜めに立て掛けた黒いパネルを DISTO D810 touchで計ってみます。

必ず、測定する2点の真正面に立ちます。正面から見て、測定する2点は垂直一直線上にある必要があります。 測りたい2点のうち、上の点から順番に測定していきます。

2点を測ると、測定結果が表示されます。上下ボタン「▲▼」を押して表示できます。

【注意】

2つの傾斜角と斜距離から計算して算出しますので、10m以内でも、精度は±1.0mmにはなりません。対象物までの距離と傾斜角度によりますが、数cm~数10cmになりますので、ご注意ください。

より高い精度で測定したい場合は、座標情報から距離を算出する「2点間距離測定」機能を使用してください。

この機能で測定した場合の精度は、10mで±1cm程度です。この機能が使えるモデルは、下記の通りです。

  • DISTO S910 もしくは、
  • DISTO X3 / X4 とアダプターDST 360の組み合わせ

10mで±1.0mmの精度をお求めの場合は、3D Distoという機種もございます。詳しくは、『3D Disto まとめページ』をご覧ください。