不具合レポート

DISTO transfer Bluetooth V4.82 の不具合レポート

(2019年1月17日追記)
最新版ソフトウェア「DISTO transfer 6.0」がリリースされました。これに伴い「DISTO transfer Bluetooth V4.82」の配布は終了となります。「DISTO transfer 6.0」のダウンロード、ならびに最新情報はこちらのページで随時更新しております。最新版「DISTO transfer 6.0」をぜひお試しください。

(2018年11月13日追記)
レーザー距離計 Leica DISTOで測定した値を、お持ちのWindows端末に瞬時に転送することができるソフト「DISTO transfer」。測定値をExcelやテキストに転送することができるほか、一定の時間間隔で値を自動転送したり、端末から測定指令を出せるなど、様々な場面で現地調査をサポートするツールです。詳しくはこちら >>

このページでは、「DISTO transfer」の不具合について解説します。なお、これらの不具合は、今後ソフトウェアのアップデートにより改善予定ですので、このページで随時お知らせします。

データが正しく転送されない
(DISTO transfer Bluetooth V4.82)

Windows版ソフトウェア「DISTO transfer Bluetooth V4.82」で、以下の事例が報告されています。

  • 転送されるべきデータが転送されない(DISTO transferでの設定内容: 距離、角度、日付、時刻など)
  • 画面がフリーズする
  • 画面と転送データが異なる

このような現象が出た場合は、過去の設定内容をクリアにする必要があります。
以下の手順を実行してしください。

  1. 端末のBluetoothマネージャーで、ペアリングしていた全てのDISTOを削除する
  2. 端末のコントロールパネルから、DISTO transferをアンインストールする
    -> アプリと機能(プログラムの追加と削除) -> DISTO transferを選択する
  3. DISTO transferに関連するすべてのフォルダを削除する:

C:\Users\ユーザー名\Documents\DISTO transfer
C:\Program Files (x86)\DISTO transfer 40

  1. 端末を再起動し、DISTO transferを、再度、インストールする

その他の症状

  • ソフトウェアには転送されるが、Excelやメモ帳に転送されない
  • 一度ペアリングした端末でも、PC再起動後に、再度ペアリングをしないといけない

これらの症状は、上記の方法を試しても改善しない可能性があります。新たなバージョンで対応していく予定ですので、お時間いただけますようお願いいたします。

また、これ以外の症状で、データ転送がうまくいかない場合は、お問合せページよりご連絡お願いいたします。

最新版ソフトウェア

「DISTO transfer Bluetooth V 4.82」は、こちらからダウンロードし、インストールできます(クリックするとダウンロードを開始します)。