3D Disto

3D Disto ツールキットを使う:レベリング

三次元レーザー測定器 Leica 3D Disto には、測定機能、位置だし(墨出し) 機能のほかに、補助ツール(ツールキット)があります。

ツールキットの一つ、レーザーを一定の高さに照射(位置だし)できる機能「レベリング」。

レベリング機能は、こんなときに役立ちます。

  • 壁の同じ高さの場所に、金具を取り付けたい
  • 塗装のためのマーキングをしたい

今回は、ツールキットの1つ「レベリング」機能について解説します。

※ 3D Disto 起動時のレベリング(整準)とは異なる機能ですのでご注意下さい。

準備

Windows端末で「3D Disto」ソフトを起動します。3D Disto本体の電源を入れ、PCとWiFiまたはケーブル接続します。そしてレベリング完了を待ちます。

レベリング

今回は玄関で、基準となる場所と同じ高さ(図中の点線)の別の場所に、位置出しをしていきます。

「メニュ」→「アプリケーション」→「ツールキット」を起動します。

ポップアップが表示されます。ツールキットの測定結果は保存されませんので、ご注意下さい。


画面右側にツールキットのボタンが表示されます。「レベリング」アイコンを選択します。

ポップアップに従って、基準となる高さの場所にレーザーを照射します。

今回は基準の場所にターゲットシールを貼っています(図中矢印)。

次のポップアップに従って、次に位置出ししたいおおよその場所にレーザーを照射します。

基準の高さと同じ、正確な場所に、レーザーが照射(点滅)されました。