DISTO Plan

手書き図が、縮尺通りに変わっていく!レーザー距離計メモアプリ

distoplan_sketchplan

レーザー距離計 Leica DISTOシリーズと、アプリ『DISTO Plan』を使うと、
画面に描いた図が、縮尺どおりに変わっていきます。

手書き図が、縮尺通りに変わっていくアプリ

ライカのレーザー距離計専用に開発されたメモアプリ『DISTO Plan』では、

  • アプリ画面に手書きで図を書き、
  • レーザー距離計で測った値をBluetooth転送すると、
  • 瞬時に図の縮尺が切り替わる

「スケッチ・プラン機能」があります。

こちらの動画をご覧ください。0:55あたりから、測定値が図に入り、
形が変わっていく様子をご覧いただけます。

縮尺を図に反映させるためには、ポイントが2つあります。

1.時計回りか、反時計回りに値を入れていくこと!

2.角は90°にすること!(斜めの線は不可)

測定者さん
測定者さん
ライカのレーザー距離計を持っていないと、使えないんですか?
DISTOくん
DISTOくん
いえ、使えますよ!図を書いた後、各辺ごとに値を入力することができます。

 

手書き図面をアプリから出力する

作成した手書き図面は、画像やPDF形式など、下記形式で出力できます。

■ JPG
■ PDF Basic
■ 有料:PDF Pro(詳細レポート形式)
■ 有料:CADデータ(2Dまたは3DのDXF/DWGファイル)

PDFプロは月額100円、CADデータ出力は、月額1,280円です。

disto-plan_purchase_m

アプリが使えるスマホ・タブレット

アプリ『DISTO Plan』が使える端末は、下記のとおりです。

  • iOS (iPhone / iPad) : バージョン 10 以上
  • Android : バージョン 6 以上

 

具体的な手書き図面の作成・出力手順

下記に詳しく解説していますので、ご覧ください。

手書き図面に測定値が入る!レーザー距離計アプリ「DISTO Plan」レーザー距離計をもって現地調査に向かうとき、 こんな経験はありませんか? 手書きでスケッチしたあと、レーザー測定した値を書き...