3D Disto

三次元レーザー測定器 Leica 3D Disto の製品情報まとめ

3d_disto_tablet_roomscan

Leica 3D Disto とは?

ライカ レーザー距離計 DISTOシリーズの中の最高峰『Leica 3D Disto』。
どんな製品で、何ができるのか?精度や使用場所は?
このページで全てお答えします。

Leica 3D Distoの機能

Leica 3D Disto の主な機能は『測定』と『墨出し』の2つ。
加えて、これらを補助する『ツールキット』で構成されています。

『測定』機能

基本の三次元測定

Leica 3D Distoは、ハンディタイプのDISTOモデルと異なり、Windows端末から専用ソフトを使って本体を操作します。専用ソフトの使い方、3D Disto を使った測定、
データの保存、Windowsへ出力するまでの方法を
解説しています。詳しく見る

自動測定

一定間隔ごとに、線や面単位で自動測定ができる、
「オートスキャン」機能があります。床から壁、天井までを連続的に測定したり、円柱の表面などの曲面を三次元で測定する方法を解説しています。詳しく見る

レーザーが当たらない場所のデータを作成!オフセット機能

レーザーが当たらない場所に点を追加したり、測定補助をする「オフセットツール」機能。見えない場所や、レーザーを照射するのが難しい場所で、Leica 3D Distoを移動せずに測定を続けることができます。詳しく見る

3D Distoを移動しても、継続して測定できる!リロケーション機能

広範囲の測定や、部屋が複数に分かれている場合、見えない箇所を測定したい場合には、Leica 3D Disto本体を移動して、そのまま測定を継続することができます。

3D Disto移動前と移動後の測定結果を、合致させることができます。詳しく見る

見えない場所で、円や線を追加(CADツール)

見えない場所やレーザーが当たらない場所で、
測点を追加できるだけでなく、測点から円や四角形を作成したり、測線の延長、交差などができる機能です。
詳しく見る

『墨出し』機能 (プロジェクター機能)

「プロジェクター機能」とは?

壁や床に一定間隔で墨出しや、CADで設計したデータをインポートして墨出しが可能な「プロジェクター機能」について解説します。

詳しく見る

データを使って、床に墨出し

モノや機械の設置/据付のために、DXF形式の設計データを
インポートして、床に墨出しする方法を解説しています。

詳しく見る

CSVデータを使って、墨出し

自作のCSVデータをインポートして、墨出しをすることができます。CSVデータ作成上の注意点などもご紹介しています。

詳しく見る

一定間隔で、床や壁に墨出し

一定間隔の配列(格子状/網目状)で、
天井に墨出しをする方法を解説しています。

詳しく見る

曲面への墨出し

CADなどで作成した2次元のデータをインポートして、
曲面へ墨出しする方法です。

トンネルやドームの内壁へマーキングしたい場合や、
壁のある点を基準にして、データを墨出ししたい場合などに。詳しく見る

『ツールキット』(補助機能)

Leica 3D Disto には、測定機能、墨出し機能のほかに、
補助ツール(ツールキット)があります。

鉛直点を出す

「鉛直ポイント」は、離れたところから、
鉛直2点間の場所を知りたいときに役立つ機能です。
詳しく見る

間隔を決めて壁に墨出しする

「照射位置出し」は、垂直な壁において、ある基準点から上下左右に離れた場所に墨出しするときに役立つ機能です。
詳しく見る

斜面や曲面の壁に墨出しする

「メートルマーク」は、トンネル内や建物内で床と壁を使って墨出しをしたいときなどに役立つ機能です。斜面や曲面でも応用できます。
詳しく見る

一定の高さに墨出しする

レーザーを一定の高さに照射(墨出し)できます。同じ高さの場所に金具を取り付けたい時や、塗装のためのマーキングをしたい時に。
詳しく見る

平行線上に墨出しする

ある場所に平行に墨出しをしたいが、墨出し器を持っていない!
そんな時に「平行線」機能が役立ちます。
詳しく見る

高さを概算で測る

樹の高さなど、直接測ることのできない場所で、
任意の基準からの高さを概算で測ることが出来ます。
詳しく見る

Leica 3D Disto 出力データの解説

測定した点をすべて三次元の座標情報(X, Y, Z)に変換し、CAD用のデータとして出力することができます。

測定中に取得した写真なども出力できます。一回の出力で自動作成されるデータの種類と、データの見方を解説します。詳しく見る

Leica 3D Disto 座標の決まり方

Leica 3D Distoは、測定した点をすべて三次元の座標情報(X,Y,Z)に変換します。座標軸がどのように決定されるのか、解説します。

詳しく見る

高さの基準を設定する

Leica 3D Disto は、通常は1点目が(X,Y,Z)=(0,0,0)となり、これ以降に測定した点は、全て1点目を基準とした位置関係を座標値(X,Y,Z)で表します。この基準点を任意の場所に設定する方法をご紹介します。詳しく見る

Leica 3D Disto 使用事例

Leica 3D Distoは、工場、設計事務所、建設、研究機関など、
様々な場所で使われています。ユーザーによる実際の使用例も合わせてご紹介します。

Leica 3D Disto 使い方や活用例を動画で解説!

初めて使用される方へ。基本操作の解説

Leica 3D Disto の基本操作を動画と解説でご覧いただけます。
初めて使用される方はぜひご覧ください。詳しく見る

動画の内容は、下記の通りです。

  • 3D Distoの基本操作(1)持ち方
  • 3D Distoの基本操作(2)測定のしかた
  • 3D Distoの基本操作(3)ファインダー画面のボタンと図の回転方法
  • 3D Distoの基本操作(4)トップ画面のボタン解説
  • 3D Distoの基本操作(5)保存と出力

使い方や活用例が満載!オフィシャル動画

機能の使い方や、ユーザーの活用例をご紹介する動画をご覧いただけます。
操作の手順や用途に応じた使い方をイメージして頂けます。詳しく見る

アップデート履歴

Leica 3D Disto ソフトウェアが、2020年3月12日に、V6.0へアップデートされました。最新バージョンの内容をご紹介します。

【これまでのアップデート履歴】

2017年5月
Leica 3D Disto本体 & V5.0 ソフトウェアのアップデート内容(その1)
Leica 3D Disto本体 & V5.0 ソフトウェアのアップデート内容(その2) 「CCP」
・内蔵Wi-Fi アップデート版 Leica 3D Disto 発売開始 (品番:844692)

2015年12月
3Dビューを見ながら測定!Leica 3D Disto ソフトウェア V4.0 (その1)
3Dビューを見ながら測定!Leica 3D Disto ソフトウェア V4.0 (その2)
・Windows ライセンス付き Leica 3D Disto 発売開始 (品番:836546)

◆2014年10月
・斜め方向のスキャンも可能に!Leica 3D Disto ソフトウェア V3.0
 V3.0の紹介動画はこちら

◆2012年9月
・付属コントローラ V2.0へアップデート
・Windows端末用ライセンスの発売

◆2012年5月
・Leica 3D Disto 発売開始 (品番:784357)

レーザー距離計 DISTO S910 との違い

Leica 3D Distoと、ハンディタイプのレーザー距離計 DISTO S910との違いを解説します。

Leica 3D Disto用アクセサリ

Leica 3D Disto用の三脚と、同梱のターゲットプレートについての解説です。

カタログ・資料

Leica 3D Disto のカタログや、各機能ごとの資料をダウンロードできます。

保証規定・アフターサービス

どこよりも長い保証期間など、長くお使い頂くための、
様々なアフターサービスをご用意しております。

トラブルシューティング・エラー一覧

その他

HPの製品ページ / 金額

Leica 3D Distoの製品ページ / 金額はこちらからご覧ください。

https://shop.leica-geosystems.com/jp/ja-JP/learn/laser-distance-measuring/3d-disto

建築テクノ図鑑(外部サイト)

建築テクノ図鑑 No.02に、Leica 3D Distoの特長がわかりやすく解説されています。
ユニークなイラストと合わせてご覧ください。詳しく見る

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方は、
下記をご参考になさってください。