3D Disto

機能一覧・操作手順

ライカ レーザー距離計シリーズの最高峰『Leica 3D Disto』。その機能は、大きく分けて2つあります。

  • 『測定』機能
  • 『墨出し』機能 (プロジェクター機能)

 

「測定」のなかに、3D Disto本体の位置を変えて、隣の部屋や廊下などを連続的に測定し、データを合致させることができる「リロケーション」という機能があります。

ツールキット機能は、上記2つを補助するためのツールです。

『測定』機能

基本の三次元測定

3D Distoは、ハンディタイプのDISTOシリーズと異なり、Windows端末から専用ソフトを使って本体を操作します。専用ソフトの使い方、3D Disto を使った測定、データの保存、Windowsへ出力するまでの方法を解説しています。詳しくはこちら >

自動測定

3D Disto の測定機能には、一定間隔ごとに、線や面単位で自動測定ができる「オートスキャン」機能があります。床から壁、天井までを連続的に測定したり、円柱の表面などの曲面を三次元で測定する方法を解説しています。詳しくはこちら >

基本操作:現地調査の例(1)

弊社のエントランスを例に、3D Distoのセットアップ、操作の流れ、データの保存について解説しています。詳しくはこちら >

基本操作:現地調査の例(2)/ リロケーション

レーザーが当たらない場所には、3D Distoの位置を移動させて、測定を継続する「リロケーション機能」を使います。この機能について解説します。詳しくはこちら >

オフセット機能

レーザーが当たらない場所に点を追加したり、測定補助をする「オフセットツール」があります。見えない場所や、レーザーを照射するのが難しい場所で、3D Distoを移動せずに測定を続けることができます。詳しくはこちら >>

見えない場所で、円や線を追加

CADツールは、オフセットツールの1つ。見えない場所やレーザーが当たらない場所で、測点を追加できるだけでなく、測点から円や四角形を作成したり、測線の延長、交差などができる機能です。詳しくはこちら >

『墨出し』機能 (プロジェクター機能)

「プロジェクター機能」とは?

壁や床に一定間隔で位置だし、CADで設計したデータをインポートして位置だしが可能な「プロジェクター機能」について解説しています。詳しくはこちら >

データを使って、床に位置だし

モノや機械の設置/据付のために、DXF形式の設計データをインポートして、床に位置だしする方法を解説しています。詳しくはこちら >

一定間隔で、床や壁に位置出し

一定間隔の配列(格子状/網目状)で、天井に墨出しをする方法を解説しています。詳しくはこちら >

曲面への位置出し

CADなどで作成した2次元のデータをインポートして、曲面へ位置出しする方法です。トンネルやドームの内壁へマーキングしたい場合や、壁のある点を基準にして、データを位置出ししたい場合などに宅立ちます。  詳しくはこちら >> 

『ツールキット』機能

3D Disto には、測定機能、位置だし(墨出し) 機能のほかに、補助ツール(ツールキット)があります。

鉛直点を出す

「鉛直ポイント」は、離れたところから、鉛直2点間の場所を知りたいときに役立つ機能です。詳しくはこちら >

間隔を決めて壁に位置出しする

「照射位置出し」は、垂直な壁において、ある基準点から上下左右に離れた場所に位置出しするときに役立つ機能です。詳しくはこちら >

斜面や曲面の壁に位置出しする

「メートルマーク」は、トンネル内や建物内で床と壁を使って位置だしをしたいときなどに役立つ機能です。斜面や曲面でも応用できます。詳しくはこちら >

一定の高さに位置出しする

「レベリング」機能を使うことで、レーザーを一定の高さに照射(位置だし)できます。同じ高さの場所に金具を取り付けたい時や、塗装のためのマーキングをしたい時などに役立ちます。詳しくはこちら >>

平行線上に位置出しする

ある場所に平行に位置出しをしたいが、墨出し器を持っていない。そんな時に「平行線」機能が役立ちます。詳しくはこちら >>

高さを概算で測る

樹の高さなど、直接測ることのできない場所で、任意の基準からの高さを概算で測ることが出来ます。詳しくはこちら >>