D810 touch

電線の高さ測定 : Leica DISTO D810 touchパッケージ

レーザー距離計を使って、電線の高さを測ることができます。たるみ部分の高さは、棒を使って測定されている会社が多いですが、その代わりに、レーザー距離計をお使いになるのはいかがでしょうか?

弊社オフィスの近くで、実際に電線を測ってみましたので、ぜひ動画をご覧ください。
地面から電線までの高さを、「高さトラッキング機能」を使って、2回の測定で算出しています。

場所: 屋外(晴天・日中)
使用機種: DISTO D810 touch パッケージ
使用機能: 高さトラッキング機能

『高さトラッキング機能』は、上下の2点を測ることで、高さを計算する機能です。下記で詳しく解説しておりますので、ご覧ください。

高さ測定
レーザー距離計で高さ測定!上下の2点で簡単に高さを測る傾斜センサーが付いたライカのレーザー距離計は、 離れた所から『高さ』を測ることができます。 高さ測定ができる「ハイト・トラッキン...

対応モデル

今回使った機種は、Leica DISTO D810 touchパッケージです。右写真のように、距離計本体に加え、三脚 TRI70、アダプターFTA360がセットになったパッケージです。

会社によっては、三脚とアダプターを使わず、代わりに1脚を使ったり、単品のみ使ったりされている会社もあります。

電力関係会社での採用実績は多くあり、街中の電線のたわみ測定は、問題なくできます。ただし、50-60mを超える長距離の場合は、レーザーを電線に当てることが難しくなりますので、測れません。

他のモデルでも可能か?

『高さトラッキング』機能は、D510にもありますので、D510を使うこともできます。D810 touchとの大きな違いは、画面の大きさ・キレイさです。耐水・耐ホコリ性能は、D510の方が優れています。D510について、詳しくはこちら。

また、新製品のLeica DISTO X4は、次回のファームウェア・アップデートにより、本機能が追加される予定です。アダプターFTA360と併用することもできます。X4について、詳しくはこちら。

重視される点を考慮して、ご判断いただければと思います。

お問合せ・ご購入

測定をお考えの場所や状況などをご連絡いただけましたら、具体的にご回答できますので、お問い合わせページよりお願いいたします。

Leica DISTOシリーズは、機械工具・計測機器関係の商社等でお取扱いがございます。「公式 Leica DISTO Yahoo!店」からもご購入いただけます。