DISTOを比べる

レーザー距離計 ライカ DISTOシリーズの全機能を徹底解説!使い方から選ぶ方法

レーザー距離計 Leica DISTO シリーズの全機能をご紹介します。

機能がたくさんあって、使いこなせない、よくわからない、
という方にも、こちらのページをご覧いただければ分かるように解説しています!

レーザー距離計を当てて、直接測る

直線距離

D110_HIGH_PAINTER

すべての機種で、直線距離測定ができます。

屋外用レーザー距離計は、晴天の日で、60m前後~100m測定可能。

それ以上は、専用のA4ターゲットプレートをお使いください。

 

面積計算 (縦×横)

disto_D110_area

レーザー距離計には、縦×横の平米計算機能があります。壁や床の面積を、簡単に求められます。

内装仕上げなどの、インテリア業の方に、よく使われている機能です。

 

対応モデル:D110、D2、X3、X4、D510、D810、S910

 

同じ高さの壁の総面積を、加算機能で求める

disto-bro-painter-function-ill-1203

足し算・引き算機能を使って、部屋の壁の総面積を簡単に測定できます。

高さは最後に1回測定するだけなので、測定回数を減らせます。

イラストの測定手順は、こんな感じです。
1辺目の測定 → +ボタンを押す → 2辺目の測定 → 高さの測定

辺が多い時は、+ボタンで追加していけます。

対応モデル:D2、X3、X4、D510、D810、S910

窓やドアを差し引いた面積を計算!レーザー距離計の足し算・引き算機能の効果的な使い方レーザー距離計Leica DISTO には、足し算・引き算機能付きモデルがあります。 意外と便利なこの機能、どのように使うのか、ご...

 

窓枠・ドアを除いた壁の面積が知りたい

area-wall-disto

壁の総面積から、ドアや窓の部分を引きたい場合も、上記と同様に加算・減算機能を使います。

この場合は、総面積を求めた後、-ボタンを押し、ドアの幅と高さを測って、DISTOボタンを押すと、総面積から引かれた値が計算されます。

何か所か引きたい場合があるときは、引かれた値を使って、-ボタンを押し、幅と高さを測るという作業を繰り返します。

 

連続測定

DISTOボタンを長押しすると、連続測定モードになります。
壁からの距離を、リアルタイムで知りたいときに便利です。

専用ソフト「DISTO transfer」を使うと、間隔を指定して、Windows端末へ転送することもできます。

対応モデル:全機種

レーザー距離計で連続測定!2つの方法ライカのレーザー距離計 DISTOシリーズは全て、連続測定ができます。 何秒毎で連続測定できますか? 10秒ごとに測定で...

 

ステイクアウト機能

床や壁から、一定間隔でマーキングしたいときに使えます。
レーザー距離計で連続測定しながら、リアルタイムで画面に距離が表示されます。

対応モデル:D2、X3、X4、D510、D810、S910

stakeout_ステイクアウト
壁から等間隔で位置だしする(ステイクアウト機能) レーザー距離計 Leica DISTOシリーズには、ステイクアウトという機能がついています。 でも、意外と知られていな...

 

タイマー機能

高いところに置いて、距離を測りたいときや、
立ったりしゃがんだり、という動作がつらい時に、タイマー機能が活躍します。

レーザー距離計のタイマー機能はどう使う?3つの活用方法をご紹介ライカ レーザー距離計 DISTOシリーズに付いているタイマー機能。 という質問を時々いただくので、活用方法をご紹介いたし...

 

傾斜角測定

傾斜角度を知りたい面に、レーザー距離計を直接置くと、角度が表示されます。

360度の傾斜センサー(チルトセンサー)がついていますので、本体を逆さの向きにしても、測定できます。

対応モデル:X3、X4、D510、D810、S910

傾斜角センサー
レーザー距離計のチルトセンサーで、水平距離や高さが測れる!ライカのレーザー距離計 DISTOシリーズには、チルトセンサー搭載モデルがあります。製品仕様に「チルトセンサー範囲: 360°」「傾きの...

 

離れた所から、レーザー距離計で測る【概算】

高さ測定

上下の2点を測定し、高さを算出する機能です。

「高さトラッキング機能」「ハイトトラッキング機能」という名称です。

斜距離と傾斜角度から、三平方の定理で計算しています。

2点目の測定は、レーザーを当てず、傾斜角度だけから値を算出していますので、木のてっぺんなど、レーザーが当たらない場合でも使えます。

対応モデル:X4、D510、D810、S910

高さ測定
レーザー距離計で高さ測定!上下の2点で簡単に高さを測る傾斜センサーが付いたライカのレーザー距離計は、 離れた所から『高さ』を測ることができます。 高さ測定ができる「ハイト・トラッキン...

 

高低差測定

基準を決めて、その位置からの高低差を算出します。

「ハイト・プロファイル機能という名称です。」

測りたい高さが一直線上にない場合に有効です。簡易的なレベル出しとしても、活用できます。

対応モデル:D510、D810、S910

高低差測定
レーザー距離計で高低差測定!基準からの高さを測る方法ライカのレーザー距離計 DISTO シリーズで高さを測る機能は2つ。 ハイト(高さ)トラッキング機能と、ハイト(高さ)プロファイル機能...

 

水平距離測定

horizontal-水平距離測定対象物に向かって、1回測定すると、自動で水平距離を計算します。

斜距離と傾斜角度を使って、三平方の定理から計算しています。

 

対応モデル:X3、X4、D510、D810、S910

disto-smart-horizontal-水平距離
水平距離や高さをレーザー距離計で測るライカのレーザー距離計は、直線距離を測るだけでなく、 様々な測定ニーズに答える機能があります。 『水平距離』測定機能もその1つで...

 

横幅測定

カメラ機能が付いた上位2機種では、写真から長さを算出する機能がついています。

・横幅
・四角形の面積
・円柱の直径

という3種類の長さが、1度の測定と画面上での矢印合わせで計算されます。

写真のピクセルと、対象物までの距離から値を算出しています。

対応モデル:D810、S910

レーザー距離計で、写真から横幅・面積・円柱の直径を測る!「離れた場所から、幅を測りたい」 というお問い合わせは、最も多くいただくものの一つです。 レーザー距離計 DISTO D810 ...

 

面積計算 (四角形)

disto_width_D810上記の、写真を使った測定は、看板のような四角形・長方形の測定も簡単にできます。

測定方法は同じで、四角形が画面に入る位置に立ち、一度測定した後は、上下左右を矢印で調整します。

対応モデル:D810、S910

 

横幅・奥行き・斜めの長さ測定

S910_p2p測定レーザー距離計の中には、レーザーが当たる場所ならどこでも自在に測定できる機種があります。

水平角度センサーを取り入れることで、3次元座標の取得ができるようになり、

レーザーが当たったところはどこでも、2点間距離を測ることができるようになりました。

P2P機能、2点間距離測定機能、という名称です。P2Pは、Point to Pointの略です。

対応モデル:S910、X4+DST360、X3+DST360

レーザー距離計で2点間距離を測定:DISTO S910ライカのレーザー距離計 DISTO S910を最も特長づける機能 「2点間距離測定」についてご紹介します。 2点間距離測定とは? ...

 

面積計算 (測定点で囲まれた範囲)

DISTO S910_SMART_AREA_ライカ レーザー距離計 3次元座標情報を得られることから、写真のように、点で囲まれた範囲の面積も計算することができます。

「スマートエリア機能」という名称です。

3点以上あれば、面積になりますので、多角形でも測定できます。

最大30点まで、測定可能です。

対応モデル:S910、X4+DST360、X3+DST360

smartarea
レーザー距離計 Leica DISTO S910 / X4 / X3 で、多角形の面積を測るレーザー距離計を使って、点で囲まれた面積を測定することができます。 「スマートエリア機能」という名称で、 四角形に限らず、三角形・多...

 

ピタゴラス測定

ピタゴラス機能は、D2以上の機種に付いている機能ですが、
誤差が大きいため、推奨しておりません。下記をご覧ください。

レーザー距離計のピタゴラス測定は誤差が大きい!正しい使い方と代替方法「ピタゴラス機能、付いてます!」 「ピタゴラス機能で、離れた所からいろんな場所が測れますよ!」 これまで、このような話が多くなさ...

 

離れた所から、レーザー距離計で測る【高精度】

3D Disto

レーザー距離計 DISTOシリーズの中で、最上位に位置する3D Disto。

S910や、X4 / DST360と同様、3次元座標を使って測定できますが、
精度が格段に高いです。

3D Disto : 10mで±1.0mm
S910、X4 / DST360:10mで±10.0mm

工場の品質管理部門、建設施工現場、研究開発部門などで採用されています。

3d_disto_tablet_roomscan
三次元レーザー測定器 Leica 3D Disto の製品情報まとめLeica 3D Distoとは? ライカ レーザー距離計 DISTOシリーズの中の最高峰『Leica 3D Disto』。 どんな製品...

 

レーザー距離計で測った値の記録方法

スマホやタブレットに測定メモを記録したい

現場写真や手書き図に、レーザー距離計で測定した値を転送できます。
Bluetoothで簡単に値が飛ばせますので、紙へのメモに比べると、
転記ミスや測定のし忘れなどが防げます。

レーザー距離計アプリ「Leica DISTO Plan」で出来ること新製品のレーザー距離計 Leica DISTO X4 / X3 の発売にあわせて公開された、 専用アプリ『 Leica DISTO Pl...

 

CAD図面が欲しい

測定結果をDXF形式のCAD図面として出力したい、
というご要望に対しては、2つの選択肢があります。

アプリ『DISTO Plan』を使う

アプリでは、作成した図を有償で、DXF / DWGデータとして出力できます。

レーザー距離計アプリ「Leica DISTO Plan」で出来ること新製品のレーザー距離計 Leica DISTO X4 / X3 の発売にあわせて公開された、 専用アプリ『 Leica DISTO Pl...

 

S910を使う

レーザー距離計 Leica DISTO S910は、DXFモードがあります。
この機能で測定した結果は、自動的にDXFファイルが生成され、
ケーブルで出力できます。

レーザー距離計 Leica DISTO S910で測った値を、3DのDXFデータで出力する方法3D座標情報が取得できる、世界初のレーザー距離計、Leica DISTO S910。 測定結果は、2D平面図・2D立面図・3D図面...

 

Excelへ測定値を自動転送したい

Bluetoothを使って、Windows端末へ測定値を送ることができます。
専用ソフト「DISTO transfer」を使います。

レーザー距離計 Windows PCソフト「DISTO transfer 6.0」の概要これまで、Bluetooth版 / WLAN版 とに分かれていた 無償ソフトウェア「Leica DISTO transfer」が一本化...

 

XYZの座標値が欲しい

座標値が必要な場合は、上記同様、レーザー距離計 DISTOシリーズの
Windows版専用ソフト「DISTO transfer」をお使いください。

S910 / X4+DST360の本体画面上やアプリでは、座標値は表示されません。

レーザー距離計 Windows PCソフト「DISTO transfer 6.0」の概要これまで、Bluetooth版 / WLAN版 とに分かれていた 無償ソフトウェア「Leica DISTO transfer」が一本化...

もしくは、高精度の3D Distoをご検討ください。
Windows端末で機器を操作しますが、ソフトの画面上に座標値が表示されます。

Leica 3D Disto の座標の決まり方三次元レーザー測定器 Leica 3D Distoは、測定した点をすべて三次元の座標情報に変換します。ここでは、座標軸がどのように決定さ...

 

自社アプリへ値を転送したい

自社開発のアプリやソフトウェアに値を転送したい場合は、
キーパットモードという選択肢があります。

下記機種に限られますが、専用のソフトウェアを開発しなくても、
値が転送できます。
iOS、Android、Windowsいずれも可能です。

対応モデル:X3、X4、D810、S910

iPad や Android に、測定値を送る(キーパッドモード)ライカ レーザー距離計を、端末と直接Bluetooth接続して、データを送ることができます。例えば、メモ帳アプリや社内で独自開発されたア...
keypad_w10_s910
ソフトを使わずに、レーザー距離計の測定値をWindowsへ送る!(キーパッドモード)レーザー距離計 Leica DISTO X3 / X4 / D810 touch / S910 の4機種は、専用ソフトウェア「DISTO...

 

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。