機能

DISTO 機能一覧

レーザー距離計 Leica DISTO の機能についてまとめました。

直接測る

機能 概要/対応機種(★)
■直線距離
■連続測定
全てのDISTOモデルの基本機能
一定間隔で、連続測定もできます。 詳しくみる

★DISTO 全機種
■ステイクアウト機能

床や壁から一定間隔でマーキングしたいときに。 詳しくみる

★D1/D110 以外の全機種

■面積の測定

2回の測定で、面積や周長がすぐにわかります。

★D1 以外の全機種

■体積の測定

周長/床面積/壁の面積も同時に測定できます。

★D1 / D110 以外の全機種

■足し算・引き算の機能

複雑な形状の面積を測りたいときや、ドアや窓などの開口部の面積を差し引きたいとき。 詳しくみる

★D1 / D110以外の全機種

■傾斜角を測る

チルト(傾斜)センサーによって、DISTO本体の傾斜角が表示されます。 詳しくみる

★X310 / X3 / X4 / D510 / D810 touch / S910

■タイマー機能

高所や不安定な場所で、手振れや姿勢の心配をせずに測定したいとき。 詳しくみる

★D1 / D110以外の全機種

離れた場所から測る

機能 概要/対応機種
■高さを測る(ハイトトラッキング機能)

離れた場所から、高さを測ることができます。

詳しくみる

★X310 / D510 / D810 touch / S910
(X4 は、今後のファームウェア・アップデートにより使用可能予定)

■高低差を測る(ハイトプロファイル機能)

離れた場所から、任意の基準点との高低差を測ることができます。測りたい場所の真下が不明なとき、平面の凹凸や傾斜を把握したいときに役立ちます。

詳しくみる

★D510 / D810 touch / S910

■水平距離を測る

正面に障害物があっても、一回の測定で概算の水平距離がわかります。

詳しくみる

★X310 / X3 / X4 / D510 / D810 touch / S910

■写真を使って幅を測る

離れた場所から、幅や直径を測りたいときに役立ちます。

詳しくみる

★D810 touch /  S910

■離れた場所から幅・奥行き・斜めの距離を測る
(P2P測定)詳しくみる

★X3 & DST 360
★X4 & DST 360
★S910 / 3D Disto(高精度)詳しくみる
■離れた場所から面積を測る(スマートエリア測定)詳しくみる

★X3 & DST 360
★X4 & DST 360
★S910 / 3D Disto(高精度)詳しくみる

■ 高精度 (±1.0mm@10m) の3次元測定 / 図面化 / 位置だし

★3D Disto 詳しくみる

■ ピタゴラス機能

誤差が大きく推奨しません。

詳しくみる

測定データをアプリやWindowsに転送する

機能 概要/対応機種
■アプリに転送する(DISTO Plan)

DISTOと一緒に使うことで、測定と同時にメモやスケッチ、概算の図面を作成することができます。詳しくみる

iOS 10 以上 / Android 6,7,8 以上 の端末で使用可能。

★DISTO全機種

■アプリに転送する(Android限定)

測定結果の数値だけ、Excelやテキストメモに転送することができます。詳しくみる

Android 4.3 以上の端末で使用可能

★X310 以外の全機種

■Windowsに測定値を転送する
(ソフトウェア DISTO transfer Bluetooth)

  • DISTOと端末をBluetooth接続
  • Windows 10以上を推奨
  • 測定値をWindows端末に転送
  • 一定間隔で自動転送 (D510以外)
  • Windows端末から測定指令(D510以外)詳しくみる

★X310 以外の全機種

■Windowsに座標値を転送する
(ソフトウェア DISTO transfer WiFi)

★S910 / 3D Disto

■キーパッドモード

ソフトウェアを使わずに、自社アプリやソフトにデータを転送できます。

★X3 / X4 / D810 touch / S910

■CADデータとして出力

★X310以外の全機種

ハードウェア

機能 概要/対応機種
■泥、粉塵、水に強いモデル

詳しくみる

★D510 / X3 / X4

■耐衝撃モデル

詳しくみる

★X310 / X3 / X4

■ポイントファインダー

レーザーが見えない太陽光の下や長距離でも測定ができるカメラディスプレイ。拡大ズームも可能。

詳しくみる

★X4 / D510 / D810 touch / S910

■スクリーンショット

カメラボタンを長押しすることで、DISTOの画面を写真データとして保存・出力することができます。

詳しくみる

★D810 touch / S910

■ タッチスクリーン

画面をタッチパネルとして操作できます。測定ボタン押下よるブレ防止、画面の拡大ズームなどに役立ちます。 詳しくみる

★D810 touch / S910 / 3D Disto

 

ピックアップ記事

  1. 2018年版 レーザー距離計の選び方
  2. Leica DISTO S910 まとめページ
  3. 新登場!レーザー距離計 Leica DISTO Xシリーズ
  4. Leica 3D Disto まとめページ
  5. レーザー距離計 保証プログラムのご案内

関連記事

  1. D810 touch

    測距時のブレを抑える方法: タッチスクリーン、タイマー

    10年以上に渡り、多い問い合わせとして、「ボタン操作時に、レーザーが動…

  2. 選び方

    【室内用】レーザー距離計の選び方

    室内でのみ、ライカのレーザー距離計をお使いの方は、下5つが候補となりま…

  3. 機能

    タイマー機能の使い方

    「タイマー機能って、何に使うんですか?」時々聞かれる質問です。…

  4. レーザー距離計の選び方

    2018年版 レーザー距離計の選び方

    今春、ライカのレーザー距離計 DISTO (ディスト) シリーズに、新…

  5. 選び方

    【屋外用】レーザー距離計の選び方

    (2018年6月25日追記)ライカのレーザー距離計のうち、屋外で測…

  6. 機能

    レーザー距離計のエンドピースとは?

    (2018年9月14日追記)ライカ レーザー距離計 DISTO…

人気記事 Top 5

最近の記事

DISTO & Lino 総合カタログ

  1. 3年保証

    3年保証、問合せなど、購入したレーザー距離計をサポート!「myWorld」のご案…
  2. DISTO Plan

    新アプリ Leica DISTO Plan 概要
  3. 精度

    どれだけ正確に測れる?精度は?
  4. 他の距離計とDISTOを比べる

    レーザー距離計、どのメーカーが正確?
  5. よくある問合せ

    レーザー距離計で測れないもの ~ 水面・ガラス・鏡~
PAGE TOP