S910

Leica DISTO S910 まとめページ

離れた場所から、幅を測る

DISTO S910は、測定時に3次元の座標情報を取得できるため、この座標情報をもとに、任意の2点間の距離を算出できます。この技術によって、離れた所から幅や高さを測ることができます。詳しく見る >>

離れた所から、面積を測る

DISTO S910 には、離れた所から面積を測定できる「スマートエリア」機能があります。測りたい「面」をピッピッと測定していくだけで、面積が計算されます。詳しく見る >>

CAD出力(DXF)

S910の測定結果は、2D平面図・2D立面図・3D図面のDXFデータとして、Windows PCやタブレットに出力することができます。詳しく見る >>

座標の決まり方

 DISTO S910は、測定した点を3次元の座標情報に変換して、記録しています。 この技術によって、離れたところから幅や高さを測ることができます。詳しく見る >>

動画

使い方動画集

DISTO S910 を実際に用いた測定や、機能の使い方を解説した動画をご紹介しています。詳しく見る >>

製品動画の解説

S910 の製品動画には、最新技術の粋が紹介されています。これを前編・後編に分けて解説しています。まずはぜひ、動画をご覧ください。 前編はこちら >> 後編はこちら >>

測定データを転送する

アプリ『DISTO Plan』

測定しながら写真メモが出来るだけでなく、平面図や立面図を作成することができます。詳しく見る >>

iOS 10・11 / Android 6・7・8対応

Windowsソフト『DISTO transfer』

S910で測った値を、3次元座標データとして取得できます。

一定の時間間隔で測定したり、Windowsから測定したりも可能。Bluetooth版 / WLAN版 が統合され、「Leica DISTO transfer 6.0」としてアップデート済み。 詳しく見る >>

ソフトを使わずにデータを転送(キーパッドモード)

キーパッドモードの使い方

ソフトウェア『DISTO transfer』を使用しなくても、キーパッドモードでWindowsやiOSへ測定値を転送することができます。詳しく見る >>

iPadのメモ帳アプリに転送

キーパッドモードを使って、iPadのメモ帳アプリに、測定値を送ることができます。詳しく見る >>

測定事例

充電中も測定可能に!

S910は、充電しながら測定を続けることが可能です。屋外で、携帯用充電器をお持ちであれば、電源が少なくなってきても、作業を中断することなく続けられます。詳しく見る >>

測距時のブレを抑えるタッチパネル

S910は、画面がタッチスクリーンとなっており、タップすることで測定指令を出したり、スワイプしてズームの拡大や縮小ができます。タッチスクリーンの特長についてご紹介します。詳しく見る >>

ソフトウェア・アップデート

S910には、ソフトウェアのバージョンアップが不定期にあります。アップデートの手順についてご紹介します。詳しく見る >>

充実した機能

屋外で300m測定

S910を使って、最大測距範囲である300mを測定した結果をご紹介します。長距離測定用ターゲットプレートを使用しています。詳しく見る >>

坂道の測定

街づくりや防災計画のために、町の様子を調べたい時。S910には、高低差を測る機能があり、坂道の測定に役立ちます。測定した値は、CADデータとして出力できます。詳しく見る >>

カーブや傾斜面での測定

S910は、3次元の座標情報を取得できるため、カーブや傾斜のある場所でも測定が可能です。測定結果は、CAD図面形式のDXFファイルとしてPCに出力できます。詳しく見る >>

屋根の測定

S910を、ソーラーパネル設置のための屋根の測定に使っているユーザーの例をご紹介します。離れた場所から測定できるメリットにご注目。詳しく見る >>

マンホールの測定

マンホール内の測定事例です。狭くて身動きのとりづらい空間でも、アダプターや三脚と組み合わせることで、一ヶ所から全方位の測定が可能。詳しく見る >>

AutoCAD 2018に自動転送

ソフトウェア『DISTO transfer WLAN版』を使って、『AutoCAD 2018』に測定結果をリアルタイム転送し、描画することもできます。詳しく見る >>

アクセサリー

アダプター

S910専用アダプター『FTA360-S』について解説します。よく似た『FTA360』との違いや、変換キットについてもご紹介しています。詳しく見る >>

パッケージ

S910には、三脚、アダプター、ターゲットプレートがセットになったパッケージがあります。それぞれ単品購入するよりもお買い得です。詳しく見る >>

コーナーアダプターの使い方

S910には、スマートベースがある代わりに、折りたたみ式のエンドピースが付いていません。補助ツールとして『コーナーアダプター』が同梱されており、角の先端や、本体の入らない細い溝からの測定が可能となります。詳しく見る >>

他DISTOモデルとの比較

DISTO X4 との比較

S910と、最新モデルX4の共通点や、機能面での違いについてご紹介しています。詳しく見る >>

D810 touch との比較

S910と、外観のよく似た上位機種であるD810 touchについて、共通点や機能の違いについて解説しています。詳しく見る >>

3D Disto との比較

S910と、3D Distoの違いについてご紹介しています。三次元レーザー測定のほか、スキャン、位置だし機能などを兼ね備えた3D Disto。精度の違いについても解説しています。詳しく見る >>

受賞暦

HEADベストセレクション賞2015


S910は、HEADベストセレクション賞2015 (一般社団法人HEAD研究会) を受賞しました。「優れた建築を生み出すことに貢献しうる、優れた建材・製品」に与えられる賞です。詳しく見る >>

ジャパンホーム&ビルディングショー2017


ジャパンホーム&ビルディングショー2017(2017年11月15~17日開催)に、HEADベストセレクション賞2015 (一般社団法人 HEAD研究会) を受賞したS910もパネル展示いたしました。詳しく見る >>

ご購入・お問合せ

Leica DISTO S910は、機械工具・計測機器関係の商社等でお取扱いがございます。

「公式 Leica DISTO Yahoo!店」からもご購入いただけます。ご不明な点などありましたら、ページ上部の「お問合せ」からご連絡お願いいたします。