X310

レーザー距離計 Leica DISTO X310|3つの特長

※本製品は、販売終了となりました。後継機種は、Leica DISTO X3です。屋外でもご使用になる方は、Leica DISTO X4をご検討ください。

ライカ レーザー距離計 DISTO X310。室内用レーザー距離計の中で、独自のポジションを築いている製品です。
そのワケは3つ。

耐衝撃性:落下でモノを壊すことが多い方でも安心!

DISTO X310は、レーザー距離計 DISTO (ディスト) シリーズの中で唯一、”2mからの落下テストをクリア” した衝撃に強い丈夫なモデルです。故障理由で一番多いのが、”落下で使えなくなった…”です。こんな思いをされる方を、少しでも減らすために盛り込まれた仕様です。

耐粉塵:土ボコリが多い建設現場でも、壊れない!

細かい砂ほこりは、製品の故障原因となります。それらが製品内に入りこまないように、ボディはがっちりガードされています。そして汚れたら、流水で水洗いも可能。精密機器であるレーザー距離計を、タフな現場でも、長く安心して使っていただくための設計です。

全世界共通の規格名でいうと、IP65 (耐じんあい/耐噴流)になります。
IP65についてもっと知りたい方は、下記をご覧ください。

disto-x4-truly-robust
レーザー距離計は防水? : IPコードの解説レーザー距離計の展示即売会に行くと、聞かれる質問の1つがこちらです。 「これって、防水ですか?」 みなさんは「防水」と聞くと...

水平距離測定

「壁までの距離を測りたいんだけど、下にある物が邪魔で測れない…」という経験はありませんか?

下の図をご覧ください。DISTO X310の “水平距離” 機能を使えば、レーザー距離計を床に据えて、壁を斜めに狙って1回測るだけで、壁までの水平距離を計算します。斜距離と傾斜角を使って、算出しています。

この機能があるから!という理由だけで、このモデルをご購入される方、多いです。