3D Disto

3D Distoで立面図を出力する方法

3次元レーザー測定器 Leica 3D Distoを使って、立面図を出力する方法について、ご案内いたします。

例えば、下記のように凹凸がある測定物を測るとき。これは、斜め上から見ていますが、

正面から見ると、このようになります。この図の出力方法について、ご案内します。

まずは、測定したい点を順に測っていきます。すると、測った点に加えて、最後に測定した点と、最初の点を結ぶ、青色の点線が表示されます。このまま測定を続けます。

そして、この図で言う最後の点「8」を測定後、画面右下の「↓」を押し、点線とチェックマークが描かれたボタンを押します。

すると、青色の点線が黒の実線となり、1つのつながった図になります。この状態で保存し、出力します。

DXFデータは、下記3種類自動生成されますが、そのうちの「縮尺図 DXF」をご覧ください。ファイル名の最後に、2D / 3D が付いていないファイルです。

  • 2D DXF
  • 3D DXF
  • 縮尺図 DXF

今回は、2つの図が1:10の尺度で表示されています。(図に応じて尺度は変わります。)
上が正面から見た図、下が真上から見た図です。今回は立面図を使いたいので、上の図になります。用途に応じて、加工してお使いください。

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。