DISTO Plan

壁面や看板を測定して立面図を作る!アプリ「DISTO Plan」

アプリ「DISTO Plan」は、写真メモやスケッチ機能だけでなく、床や壁を測定しながら図面化でき、CADデータとして出力もできます。

例えば、壁の面積や周長を知りたいとき。これまでは、高さや幅を別々に測る必要がありました。

メジャー・ファサード機能は、壁や看板などの「垂直面」を1箇所から測定し、図面化できる機能です。

ここがすごい!メジャー・ファサード機能

ファサード(facade)とは、「建物の正面部分」を意味します。

この機能の特徴的な点は、

離れた所で測りながら、立面図を作成できる

ことです。これを可能にしているのが、3次元の座標情報です。
メジャーファサード機能は、測定時に取得する座標情報から位置関係を計算しています。これにより、

測定できない箇所を、計算で作る

こともできます。手前に物があってレーザーが当てられない角があっても、
周囲の測定結果から位置関係を計算して、角を作ることができます。

こちらの動画で、メジャー・ファサード機能の使い方をイメージしていただけるかと思いますので、ぜひご覧ください。

敷地や床面など「水平面」の測定にはメジャープラン機能を使います。

では、使い方についてご紹介します。

準備

アプリ「DISTO Plan」でメジャーファサード機能を使用される前に、
下記をご準備ください。

メジャーファサード機能の対応機種
  • DISTO X3 または X4 および アダプターDST 360
  • DISTO S910  ※
  1. iOS または Android 端末 ※※
  2. アプリのダウンロード
  3. 機能の購入(初回30日間は無償)
  4. Bluetooth接続(ペアリング)

※ 端末のみでも使用出来ますが、FTA360-Sと三脚(TRI70/TRI120)の使用を推奨します。

※※ 端末は、バージョンをご確認ください。

  • iOS : バージョン 10 以上
  • Android : バージョン 6 以上

アプリ「DISTO Plan」のダウンロード

まず、お手持ちの端末に、アプリ「DISTO Plan」をインストールします。

iOS : バージョン 10, 11
google-play-badge
Android : バージョン 6, 7, 8

機能の購入

メジャーファサード機能は、有料機能となります。月間購入、年間購入、無制限の3種類からお選び頂けます。

価格については、下記ページの「アプリの価格」の章をご覧ください。

Bluetooth接続(ペアリング)

アプリ「DISTO Plan」は、端末とレーザー距離計をBluetooth接続して使います。
初回のみ、ペアリングが必要です。下記に詳しくまとめておりますので、
ぜひご一読ください。

メジャーファサード機能で、壁面や看板を測定する

大きな壁面や、高所にある垂直な看板の測定を、移動することなく、
一箇所から行うことができる「メジャーファサード」機能。
具体的な測定の流れについて解説します。

1.機器の設置

まず、レーザー距離計とアダプター、三脚を取り付け、測定場所にレーザーが当たる最適な場所に設置します。

DISTO Xシリーズは、電源を入れると、下記画面のようにアダプターを認識したポップアップが表示されます。

S910は、画面左上のアイコンの形が変わります。

2.アプリ起動・レベリング

アプリを起動し、「メジャーファサード(Measure Facade)」を選択します。

DISTOと端末をBluetooth接続します。
接続後、DISTOの画面が切り替わるので、画面に従って、レベリング(水平調整)を行います。

レベリング中や終了後は、DISTO本体の位置を動かさないでください。

3.測定する

測定の指令は、DISTO本体の測定ボタンを押すかわりに、
アプリの「DIST」赤ボタンをタップして測定指令を出すこともできます。

これにより、DISTO本体のボタンを押す際の手ぶれを防ぐことができます。

【1】「面」を定義する
測定したい「面」をアプリに認識させるため、壁面の任意の2箇所を測定します。アプリのガイドに従って測定してください。

この2箇所の座標情報から、アプリは「面」がどこにあるかを認識します。
 
【2】面を測定する
DISTOで壁面を測定していきます。

初期設定では、一筆書きのように、測定順に線で結ばれていく「線」になっていますが、画面右下のアイコンで「点」や「面積」を選ぶこともできます。

独立した線として入れたい場合は、「線」を無効にしてから測定します。

「面積」を選んだ場合は、自動的に囲まれたエリアの面積が表示され、測定結果に反映されていきます。
物があって角が見えない場合は、角の両側の「辺」をいくつか測定します。

 

測定終了後、画面下の「スケッチ」タブで、角になるように最適化できます。

【3】立面図が完成
測定が終わったら「スケッチ」タブをタップし、立面図が完成します。面積や周長も自動的に表示されます。

4.スケッチの編集

【1】立面図の最適化
測定できなかった箇所がある場合は、修正したい辺を選択し、「intersect」アイコンをタップします。

二辺の交点を計算し、角を作ります。
 
【2】線や面積の追加
画面右下の「線」を押して、線を結んだり追加したりすることができます。ガイドが出るので、まっすぐな「面積」は面の追加ができます。
【3】ツール

テキスト:
スケッチ上にメモを追加できます。

マーカー:
マーカー付きのメモを追加できます。

タグの編集:
任意のタグ付けができます。

プロジェクトの移動:
スケッチをプロジェクトごとに管理している場合は、移動することができます。

5.立面図を出力する

作成した立面図は、様々な形式で出力できます。画面右上の「エクスポート」をタップすると、出力形式がプルダウンで表示されます。

■無償
「JPG」:画面スクリーンショットです。端末の写真アプリに保存されます。
「PDF Basic」: 図をPDF形式にし、縮尺が付いたレポートです。

■有償
「PDF Pro」:測定値の地図、測定値を項目ごとに表示したより詳細なPDFレポート。
「DXF/DWG」:CADデータ

DXF / DWGのサンプルデータをご入用の方は、お問合せ欄よりご連絡ください。

マニュアルのダウンロード

マニュアルもぜひご参照ください。
画像をクリックするとPDFファイル(ダウンロード可)が開きます。

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方は、
下記をご参考になさってください。