DISTO Plan

手書き図面に測定値が入る!レーザー距離計アプリ「DISTO Plan」

レーザー距離計をもって現地調査に向かうとき、
こんな経験はありませんか?

  • 手書きでスケッチしたあと、レーザー測定した値を書き込んでいるので、手間がかかる。
  • 手書きスケッチなので、図の縮尺と測定結果が合っていない。

これらの手間を解消できるのが、
アプリ「DISTO Plan」の スケッチ・プラン機能です。

スケッチ プラン機能、何ができるの?

現地調査にメモ・記録はつきもの。現場で手書きでメモして、測定し、結果を書き込む作業は、とても手間がかかります。

その上、字が読みづらかったり、図のスケールと数字の整合がとれていないと、再度現場に行ったり、測定しなおしたり・・。

「スケッチ プラン」機能を使うことで、レーザー測定しながら図を作成できるだけでなく、その図を「写真」や「CAD図面形式」として出力することができます。

スケッチプラン機能の使い方は、4つのステップからなります。

  1. アプリで、図をスケッチする
  2. DISTOで測定し、図に反映
  3. 高さ、ドアや窓を入れる(オプション)
  4. 図を出力する

方法1

アプリ上で線を選択してから、
アプリのDISTボタンで測定指令を出す/DISTOで測定すると、
測定値が自動転送され、図に反映されます。

方法2

DISTOで測定し、アプリに自動転送された値をドラッグして、
該当する線に乗せると、図に反映されます。

レーザー距離計用アプリ「DISTO Plan」で正確な図を描くコツアプリ「DISTO Plan」は、レーザー距離計を使った「測定」と、 「図のスケッチ」が同時にできる画期的なツールです。 「スケ...

ステップ3:高さ、ドアや窓を入れる(オプション)

立体図を作成したい場合、画面下部「3D」タブを選択して、天井の高さを入れることができます。

DISTOで測定するか、数値を手入力することができます。

開口部にドアや窓がある場合、図に加えることができます。

画面上部の「修正」アイコンから、ドアの向きや色だけでなく、高さや幅もDISTOで測定するか、数値を手入力することができます。

ステップ4:図を出力する

図が完成しました。指で動かして全方向から確認することができます。

「スケッチ」タブに戻って編集することもできます。

JPGファイルやPDFレポートとして出力が可能です。

アプリ・マニュアルのダウンロード

アプリ「DISTO Plan」(Android版/iOS版)は、こちらからダウンロードできます。
マニュアルもご参照ください。

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。