2点間距離

看板を測る:DISTO X4 & アダプター「DST 360」

レーザー距離計の最新モデル Leica DISTO Xシリーズの専用アダプター「DST360」。

大きな誤差の問題がつきまとうピタゴラス機能に頼らずに、離れた場所から幅(2点間の距離)を測ることができるようになる、画期的なアダプターです。

  • 高所など離れた場所にある壁の寸法を概算で知りたい
  • 看板のタテ・ヨコの寸法を概算で求めたい

このような「幅の測定」に関するお問合せを非常に多く頂きます。そこで今回は、電光の看板の寸法(たて・よこ)の測定について、以下の4通りの方法をご紹介します。

  1. 看板の3点を測る
  2. 看板の対角2点のみ測る(看板が垂直である場合)
  3. アプリを使って測定し、写真にメモする
  4. アプリを使って測定しながら図を作成する

方法(1)看板の3点を測る

DISTO Xシリーズの「2点間距離測定」機能により、看板の3点を測定することで、幅(横)と高さ(縦)を求める方法です。

<必要なもの>
・レーザー距離計 DISTO X4
・アダプター DST 360
・三脚 TRI 120

下記動画で測定の手順をご紹介していますのでご覧ください。

方法(2)対角2点を測る(看板が垂直の場合)

看板が垂直にある場合は、DISTO Xシリーズの「2点間距離測定(レベリングあり)」機能が便利です。レベリング(水平調整)により、看板の対角2点の測定することで、たて・よこの長さを測定することができます。

<必要なもの>
・レーザー距離計 DISTO X4
・アダプター DST 360
・三脚 TRI 120

下記動画で手順をご紹介していますのでご覧ください。

方法(3)アプリを使って測定、写真にメモする

看板の寸法を測定し、その値を写真に入れたい。そんなときには、アプリ「DISTO Plan」を使って、看板の寸法を測定し、その場で撮影した写真にメモする方法があります。

アプリ「DISTO Plan」の「スケッチオンフォト」という機能を用いて、写真に測定値を入れることが出来ます。作成したメモは、JPGやPDFファイルとして出力することもできます。

<必要なもの>
・レーザー距離計 DISTO X4
・アダプター DST 360
・三脚 TRI 120
・アプリ「DISTO Plan」をダウンロードした端末

下記の動画で手順をご紹介しておりますのでご覧ください。

アプリ「DISTO Plan」の機能については、こちらのページで詳しくご紹介しておりますので合わせてご覧ください。

レーザー距離計アプリ「Leica DISTO Plan」で出来ること新製品のレーザー距離計 Leica DISTO X4 / X3 の発売にあわせて公開された、 専用アプリ『 Leica DISTO P...

方法(4)アプリを使って測定しながら図を作成

看板の寸法を測定して、かつ図を作成したいとき。アプリ「DISTO Plan」を用いて、測定しながら自動的に作図することができます。測定が終わるときには図も完成し、面積や周長も自動で計算されます。

アプリ「DISTO Plan」の「メジャーファサード(※)」という機能を用いて、写真に測定メモを入れていきます。作成したメモは、JPGやPDFファイルとして出力することもできます。

※ メジャーファサード機能は有料機能です。

<必要なもの>
・レーザー距離計 DISTO X4
・アダプター DST 360
・三脚 TRI 120
・アプリ「DISTO Plan」をダウンロードした端末

下記の動画で手順をご紹介しておりますのでご覧ください。

アプリのダウンロード・マニュアル

アプリ「DISTO Plan」(Android版/iOS版)は、こちらからダウンロードできます。(アイコンをクリック)
アプリのマニュアルもご参照ください。画像をクリックするとPDF(ダウンロード可)が開きます。

ご購入

最新アダプター「DST 360」ならびにレーザー距離計「Leica DISTO Xシリーズ」は、機械工具・計測機器関係の商社等でお取扱いがございます。

「公式 Leica DISTO Yahoo!店」からもご購入いただけます。