2点間距離

レーザー距離計DISTO X4とアダプターで、離れた所から「幅」を測る

レーザー測定に関して、特に多いお問合せが「幅の測定」に関するものです。

レーザー距離計DISTO X3 / X4  + アダプター「DST 360」の組み合わせで、
大きな誤差の問題がつきまとうピタゴラス機能に頼らずに、
離れた場所から幅(2点間の距離)を測ることができます。

必要なもの

  • レーザー距離計 Leica DISTO X4 または X3
  • アダプター Leica DST 360
  • 三脚 TRI 120 (オプション)

今回は、下の写真のような傾斜のある幅を測ります。
屋外での測定のため、デジタルファインダー付きのレーザー距離計 DISTO X4を使用し、
アダプターDST 360には三脚(TRI 120)を取り付けています。

室内での測定であれば、DISTO X3を使用することも可能です。

DISTO X4で幅を測る(レベリングなし)

測定前のレベリング(水平調整)を行うことで、傾斜角、水平距離、鉛直距離など
距離と角度から計算された測定データを合わせて取得することができますが、
レベリングを行わずに測定することも可能です。

準備

DISTO X4をDST 360 に正しく設置し、電源をONにすると、
ディスプレイにアダプターを検知したことが表示されます。

DISTO X4で2点間距離測定(P2P、Point to Point測定)アイコンを選択します。

ファインダー画面に切り替わりますので、測定位置に照準を合わせていきます。

測定位置の調整

DISTOのファインダーを確認しながら、測定位置の調整をします。
アダプターのレバーで鉛直方向に、支柱で水平方向に、
それぞれ回転しながら調整できます。

 

角や点などに照準を微調整していく場合は、
アダプターの2箇所のつまみを回して細かく調整できます。

2点を測定する

照準が決まったら、ディスプレイの表示に従って、1点目、2点目をそれぞれ測定します。

2点の測定が終わると、ディスプレイに測定結果が表示されます。

動画で測定の流れをご紹介していますので、合わせてご覧ください。

 

DISTO X4で幅を測る(レベリングあり)

レベリング(水平調整)を行うことで、2点間の距離(幅)以外に、
距離と角度から計算された測定データを取得することができます。

  • 1点目と2点目の鉛直距離
  • 1点目と2点目の水平距離
  • 1点目と2点目の傾斜角

レベリング(水平調整)

レベリングを正確に行うために、アダプターの水準器は±5°の傾斜範囲に収まるように
設置してください。水準器の気泡が黒い円の中にある状態が目安です。

DISTO X4をDST 360 に正しく設置し、電源をONにすると、
画面にアダプターを検知したことが表示されます。

DISTO X4で、P2P測定のアイコン(レベリングマーク付き)を選択します。

X4の画面が切り替わります。ディスプレイの表示に従って、
アダプターごと時計回りに2回、回転させます。

画面にチェックマークが表示されたら、レベリング完了です。
これ以降、三脚の位置を動かさないでください。

2点を測定する

「レベリングなし」の測定と同様の手順で行ってください。

2点の測定が完了すると、2点間の距離(幅)の他に、
2点間の鉛直距離や水平距離、傾斜角を表示します。

マニュアルのダウンロード

Leica DISTO X4のマニュアルは、こちらからダウンロードできます。
(クリックするとPDFが開きます)

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。