3D Disto

3D Disto V5.0 ポップアップ表示不具合の対処法

3次元でmm単位の高精度測定ができるレーザー距離計 Leica 3D Distoですが、現在販売しているV5.0のソフトウェアで、一部、ポップアップの表示がうまくなされない症状が出ております。次回のソフトウェア・アップデートで改善される予定ですが、今のところ時期は未定です。

【症状】下記左図のように、ポップアップの「OK」ボタンが表示されず、先に進めない。
【発生箇所】ツールキット、プロジェクター、ロケーションの操作時

このポップアップは、測定手順のガイダンスという役割を持っています。操作に慣れてしまえば、必要なくなる場合が多いため、対処方法として、ポップアップを消し、別途使い方の資料や動画をご案内しております。

対処方法

  1. 「Enter」キーを押して、先に進む
  2. ポップアップが表示されないように設定する

「Enter」キーを押して、先に進む

まず、「Enter」キーを押してください。すると、先に進めます。タブレットの方は、キーボードを出して、「Enter」を押してください。

「Enter」キーを押せない場合は、ソフトウェアを終了するか、PCをシャットダウンしてください。

設定

次に、上記ポップアップが表示されないように設定します。

「メニュー」→「設定」→「アシスタント」→「オフ」

一度、この設定をすると、ソフトウェアを終了し、再度起動しても、設定は保存されています。何らかの理由で、またポップアップが出てきた時は、上記手順で設定をオフにしてください。

ご質問やご不明な点がございましたら、上記「お問い合わせ」ページよりご連絡ください。