X4

レーザー距離計 Leica DISTO X4 の特徴(1)

2018年5月、Leica DISTO X4が新登場しました。屋外用の最新モデルで、外での測距能力も抜群です!

世界初のレーザー距離計を発売して、今年で25年。節目の年に発売されたDISTO X4の特徴や魅力について、たっぷりとお届けしていくシリーズ・第1弾です!(第2弾はこちら

デジタルポイントファインダー

DISTO X4の大きな特徴のひとつである、デジタルポイントファインダーについてご紹介します。

見え方

DISTO X4は電源を入れるとすぐに、デジタルポイントファインダーが表示されます。デジタルポイントファインダーの最大の特徴は、レーザーの見えない屋外でも、ファインダーを見ながらレーザー距離測定ができる点です。

DISTO X4は、ほかの屋外モデルと同様、等倍(x1)、2倍(x2)、4倍(x4)への拡大ズームが可能です。下の写真は、4倍ズームにしたX4(左)とD510(右)のファインダー画面です。

X4は、ディスプレイの小ささを感じさせないほど、鮮明に画像を映し出しています。

視差調整

近距離(5m前後)を測定するとき、レーザードットの中心と、画面のクロスヘア(十字の印)の位置がずれて見えることがあります。これはレーザー距離計の構造上の仕様で、製品不良ではありません。そのため、S910以外の屋外モデルでは、レーザードットの位置を目視で確認する必要がありました。(参照記事:ファインダー画面の十字とレーザードットの位置のずれ

DISTO X4は、このずれ(視差)を自動的に調整します。近距離であっても、レーザードットの中心と、クロスヘアの位置は自動的に補正されて一致しており、ファインダーを見ながら測定できます。

室内でDISTO X4を2~3mの至近距離に向けている動画です。レーザードットとクロスヘアの位置にご注目ください。

見やすい画面

DISTO X4は、上位機種と比較するとディスプレイは小さめですが、そのサイズを感じさせない、とても見やすいデザインに設計されています。X4の画面の特徴についてご紹介します。

直感的なデザイン

電源を入れて「FUNC」ボタンを押すと、全ての機能が見やすく、シンプルなアイコンで表示されます。やりたいことが直感的に見つけられ、すぐに作業を始められます。弊社で実施した調査でも、「視力の低下」が毎日の仕事に影響していると感じているユーザーが圧倒的に多いという結果が出ています。大きなアイコンにしているのは、そういった背景もあるのです。

機能(FUNC)一覧
設定一覧

グレーアウト(灰色)している機能は、現在無効の状態です。X4本体のファームウェア・アップデートや、アダプターを取り付けることより使用可能になります。

画面の自動回転

DISTO X4は、本体の向きに合わせて、画面が自動的に回転します。この機能は、Xシリーズだけの新機能です。もう、測定画面を見るために顔や体を無理に傾ける必要はありません。

回転しないように画面を固定することも可能です。DISTOの向きに合わせて瞬時に回転する様子を、ぜひ動画でご覧ください!

 

※ 画面の自動回転機能ができないとき・・

DISTOの「FUNC」→「設定」で、下図左のように自動回転のアイコンがグレーアウトしている場合、DISTO本体のファームウェア・アップデートをお試し下さい。自動回転機能が有効になると、下図右のように表示されます。

 

ファームウェア・アップデートの方法については、こちらの記事をご参照ください。

ファームウェア・アップデート : Leica DISTO X4 & X3新製品のレーザー距離計 Leica DISTO X4 および X3は、不定期で本体のファームウェア・アップデートが公開されます。 ...

アダプター「DST 360」と使う

DISTO Xシリーズの発売と合わせてリリースした、画期的な専用アダプター「Leica DST 360」。

DST 360には、水平角・鉛直角センサーが搭載されており、レーザー距離計で測定した距離と、アダプターが検知した水平角・鉛直角を用いて、測定箇所を3次元座標に変換します。このしくみを活かした機能をご紹介します。

2点間距離測定(Point to Point, P2P)

  • 任意の2点間の距離を測りたい。
  • 正面に行けない場所にある看板の幅を測りたい。
  • 地上から、屋根の長さや傾斜角を測りたい。

こんなときは、2点間距離測定が役立ちます。X4は、専用アダプター「Leica DST 360」を取り付けることで、2点間距離測定が可能になります。測定の前にレベリング(整準)を行うことで、高さ、水平距離、傾斜角も瞬時に測定できます。

スマートエリア(面積測定)

離れた場所から、垂直面や傾斜面の面積や周長を測定できます。測定点数は、最大30です。
※こちらの機能は、9月以降のファームウェア・アップデートで使えるようになる予定です。

Leica DST 360については、こちらでも詳しく解説しておりますので、合わせてご覧ください。

新登場!アダプター Leica DST 360レーザー距離計 Leica DISTO シリーズの新製品 Leica DISTO X4/X3専用のアクセサリー Leica DST 3...

アプリDISTO Planと使う

測定した値をメモする、図にする、CADで使えるデータにする・・これらの作業が、現場での測定と同時にできるアプリが新登場です。お持ちのスマートフォンやタブレットにダウンロードして、測定しながら記録できる、画期的なアプリです。

DISTO Planは、DISTO X4やアダプターDST 360と組み合わせて使うことで、様々な場面、用途での測定作業をサポートします。

 

ここでは、X4とDISTO Planを使ってできることをご紹介します。DISTO本体とアプリDISTO Planは、Bluetooth接続(ペアリング)した状態で使用します。

スケッチプラン(図に測定値をメモ)

スマホやタブレット上で線や面を描いて、DISTOで測定した値を図に入れることができる機能です。

 

  • 高さ情報の入力で、立体図の表示も可能。
  • 図には壁、窓、ドアの表示を追加できます。
  • 作成した図は、画像ファイル(JPG/PDF)で出力できます。

 

同時発売のDISTO X3を用いたスケッチプランの使い方を、動画にてご紹介しておりますのでご覧ください。

スケッチオンフォト(写真の上にメモする)

測定場所の写真に、線や面、その場で測定した値を書き込むことができます。その場で写真を撮影して使うこともできます。

スマートルーム(測定しながら図を自動作成)

部屋の間取りを順番に測定していくだけで、部屋のサイズや図が自動的に作成される機能です。現地調査で手書きのスケッチやメモの手間がなくなります。

  • 高さ情報の入力で、立体的な作図も可能。
  • CAD用のDXF形式(2D/3D)で出力可能。
  • スマートルームは、有料機能です。
  • 2018年6月1日時点で、スマートルーム機能は、今後のアプリのファームウェア・アップデートにより使用可能となる予定です。

オーガナイザー

作成したデータや図の管理ができます。

  • カテゴリー分けにより文書を管理
  • データの削除、名前の変更、フォルダ間の移動
  • 画像ファイル(JPG/PDF)、CAD用のDXFファイル出力が可能

アプリのダウンロード

アプリ「DISTO Plan」(Android版/iOS版)は、こちらからダウンロード(無料)できます。

※ 以下のバージョンの端末(タブレット/スマートフォン)でご利用いただけます。アプリをご利用になる端末のバージョンを必ずご確認ください。

  • Android:バージョン 6 以上
  • iOS:バージョン 10 以上

・一部の機能は、DISTO本体の今後のファームウェア・アップデートにより、使用可能となります(2018年6月1日現在)。
・一部の機能は、有料です。月別購入/年間購入をお選びいただけます。

マニュアル

アプリ「DISTO Plan」のマニュアルはこちらからご覧いただけます。下記アイコンをクリックするとPDFファイル(ダウンロード可)が開きます。

アダプター+アプリと使う

平面図の作成(メジャープラン)

複雑な形をした部屋、物が置いてある部屋、広い部屋の平面図を測りたいとき。測定場所を何回も移動することなく、一箇所から測定できる機能です。

  • 角が隠れて見えない場合でも、壁面の辺の交点を計算して表示します。
  • 高さが異なる点を測定しても、平面図として記録できます。

壁面の測定(ファサード)

建物の壁面を測定して、立面図を作成できる機能です。

  • ドアや窓の位置も測定できます。
  • 角が隠れて見えない場合でも、壁面の辺の交点を計算して表示します。
  • 画像ファイル(JPG/PDF)やCAD用のDXFファイルとして出力できます。

壁面を測定し、DXFデータを出力する流れを下記動画にてご紹介しています。

耐久性

水やほこりに強い

Leica DISTO X4と、同時発売のX3は、水やほこりに強いモデルです。過酷な現場での使用に耐えられるレーザー距離計として、水や塵埃(じんあい)への耐久度をあらわす国際規格のIP65を満たしています。なお、IP65を満たすモデルは、XシリーズとD510のみとなっています(その他のモデルはIP54)。

IP65がどれほどの耐久度を意味するのか、下記ページで詳しく解説しておりますのでご参照ください。

disto-x4-truly-robust
レーザー距離計は防水? : IPコードの解説レーザー距離計の展示即売会に行くと、聞かれる質問の1つがこちらです。 「これって、防水ですか?」 みなさんは「防水」と聞くと...

DISTO X4を流水で洗い、そのまま測定できる様子を動画でご紹介しています。

高さ2mからの落下試験をクリア

高所での測定作業が多い、よく物を落としてしまう・・という方に、Xシリーズはぴったりのモデルです。Leica DISTOシリーズの中では唯一、X4/X3のみが、高さ2mからの落下試験をクリアしています。

IMU(慣性計測装置)を始め採用されている多くのセンサー、購入後のアップグレード可能モデルとしての最新ソフトウェアを開発・採用し、そして、X4はデジタルファインダー付きモデルにも関わらずです。尚、現在、世の中で販売されているレーザー距離計の中で、2mの落下強度を備える製品は、ライカ ジオシステムズのDISTO X4、X3、X310の3機種のみです。

マニュアル

Leica DISTO X4のマニュアルは、次の2通りの方法で閲覧・ダウンロードいただけます。

QRコードから

DISTO X4本体の化粧箱に同封されている「Quick Start」冊子にQRコードが記載されています。

QRコードを読み取り、言語を選択すると、DISTOのマニュアル画面が表示されます。画面左上の「三」マークをタップして、参照したい項目を確認できます。

ダウンロード

Leica DISTO X4のマニュアル(PDF版)はこちらから閲覧・ダウンロードできます。
(画像をクリックすると、PDFファイルが開きます)

他のDISTO製品との比較

Leica DISTOシリーズとの比較、最適な機種の選び方などをご紹介しています。

全機種からの比較・選び方

2019年版 レーザー距離計の選び方当サポートサイトで最も多くご覧いただいているページ「レーザー距離計の選び方」を、最新版にリニューアルしてお届けします。 ...

屋外モデルの比較・選び方

屋外用レーザー距離計の選び方|室内とは異なる前提知識と最新情報外でレーザー距離計を使う場合、どの機種が最適なのか。 使い方と堅牢性から機種を選ぶ方法に加え、最新テクノロジーを使った機能と、 アプ...

DISTO上位機種 S910との比較

何が違う?Leica DISTO X4 vs S910新製品 Leica DISTO X4と、Leica DISTO S910。どちらも外でも使えるファインダー付きで、専用アダプターがあり、...

ご購入

Leica DISTO X4は、本体のみのご購入/DST 360とのセット購入(ケース・三脚付き)をお選び頂けます。

Leica DISTO X4 本体のみ 希望小売価格(税込)54,972円

Leica DISTO X4 セット 希望小売価格(税込)154,440円

「公式 Leica DISTO Yahoo!店」または レーザー距離計販売代理店よりご購入いただけます。