専用ソフト DISTO transfer

レーザー距離計を使って、1秒間隔の自動測定

(2019年1月17日追記)専用ソフト DISTO transfer がアップデートし、『DISTO transfer 6.0』になったことにより、1秒間隔の測定はできなくなりました。最短5秒からになります。

5秒以下での測定をご希望の場合は、別途APIを使用し、ソフトウェアの開発が必要です。APIは、製品ご購入後、専用URLから秘密保持文面に同意いただけますと、ダウンロード可能です。ご希望の方は、お問合せページよりご依頼ください。

なお、約1秒での測定ができる機種は、D1 / D110 / D2 / X3 / X4 です。D510, D810 touch, S910は、APIを使っても5秒以下の測定はできませんので、あらかじめご了承ください。

『DISTO transfer 6.0』の情報は、こちらをご覧ください。

 


 

新製品のレーザー距離計 Leica DISTO X4 / X3は、Windows端末を使って、最短1秒間隔の自動測定が可能です。専用ソフトウェア「DISTO transfer」で間隔を指定し、結果をExcel上に記録していくことができますので、室内外でのモニタリング用途としてご使用いたけます。測定値は、Bluetoothで転送します。

これまでのモデルは、最短で3~5秒間隔であり、「1秒でできませんか?」「もっと早くなりませんか?」という質問が多くありました。今後は、新製品のXシリーズをご紹介して参ります。

準備

下記をご用意ください。

  • Windows 10 の端末(PCまたはタブレット)
  • 専用ソフト DISTO transfer Bluetooth版 V4.82 (最新版)
  • レーザー距離計 Leica DISTO X3 / X4

操作方法

おおまなか操作の流れは下記の通りです。

  1. ペアリング
  2. ソフトウェア起動し拡大ボタンを押す
  3. Functionsタブから、自動測定にチェックを入れ、間隔を指定する

具体的な手順は、動画をご覧いただくか、下記記事をご参考になさってください。

ピックアップ記事

  1. レーザー距離計 保証プログラムのご案内
  2. Leica DISTO S910 まとめページ
  3. 2018年版 レーザー距離計の選び方
  4. 新登場!レーザー距離計 Leica DISTO Xシリーズ
  5. Leica 3D Disto まとめページ

関連記事

  1. 専用ソフト DISTO transfer

    DISTOで1時間以上の自動測定モニタリング

    Bluetooth付きのレーザー距離計 「Leica DISTO」(ラ…

  2. S910

    AutoCAD 2018でリアルタイム描画!DISTOの測定結果を転送する

    (2019年1月21日追記)Leica DISTOでの測定結果…

  3. 専用ソフト DISTO transfer

    専用ソフト「DISTO transfer」を使う(1)ペアリング(接続)

    (2019年1月17日追記)最新版ソフトウェア「DISTO tra…

  4. D2

    Windows PCやタブレットに、Leica DISTO D2の測定値を送る!

    レーザー距離計 Leica DISTO (ライカ ディスト) シリーズ…

人気記事 Top 5

最近の記事

DISTO & Lino 総合カタログ

写真から3D計測 BLK3D

  1. 精度

    どれだけ正確に測れる?精度は?
  2. 3年保証

    3年保証、問合せなど、購入したレーザー距離計をサポート!「myWorld」のご案…
  3. DISTO Plan

    最新アプリ Leica DISTO Plan 概要
  4. よくある問合せ

    レーザー距離計で測れないもの ~ 水面・ガラス・鏡~
  5. 他の距離計とDISTOを比べる

    レーザー距離計、どのメーカーが正確?
PAGE TOP