アプリ

レーザー距離計DISTOと一緒に使える!AutoCAD モバイル アプリ

AutoDesk®社のAutoCADは、世界中で使われているCADソフトです。

そのモバイルアプリが、レーザー距離計 Leica DISTOと連携して
お使い頂けるようになりました。

レーザー距離計 Leica DISTO と、AutoCAD®モバイルアプリの組み合わせで
どんなことができるのか、簡単な使い方の流れをご紹介します。

AutoCAD® モバイル アプリで出来ること

このAutoCAD モバイル アプリの主な特徴は、以下の3点です。

  • 現場で図面にアクセス・共有できる
  • 現場でLeica DISTO(Bluetooth内蔵モデル)を使って測定し、Bluetooth接続により、その場でデータを転送できる
  • 作図や編集ができ、測定値により自動的に最適化

レーザー距離計 Leica DISTO(Bluetooth内蔵モデル)を用いて、
現場で測定した値をその場で転送でき、CAD図面を自動編集することができます。

もう、大きな図面を印刷して現場で持ち歩いたり、手作業で書き込む必要はありません。
現地調査の生産性が飛躍的に向上します。

下記動画で、AutoCAD モバイル アプリとレーザー距離計 Leica DISTO D510 を用いて、現場で測定と作図を行う様子をご覧いただけます。

AutoCAD モバイル アプリを使って、測定、作図する

AutoCAD モバイル アプリと レーザー距離計DISTO を使って、
測定、作図していく流れをご紹介します。

1.アプリとDISTOを接続する

タブレットでAutoCAD モバイル アプリを起動し、
使用するCADデータを開きます。

DISTOとBluetooth接続して、準備完了です。

 

2.DISTOで測定し、作図する

画面をタップして、新たに測定したい場所を加筆します。

レーザー距離計 DISTOを使って測定します。

測定したデータがすぐにアプリに転送され、図面が最適化されます。
この作業を繰り返していきます。

 

注意点

Leica DISTO S910 で出力されるCADデータ(dxf)は、
AutoCAD® モバイルで使用出来ません。

AutoCAD® モバイル アプリの詳細については、
AutoDesk®社のサイトご参照ください。

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。