レーザー墨出し器 Lino

明るい!ライカ製の新レーザー墨出し器を徹底解説。グリーンも2機種に!

レーザー距離計や測量機器を販売するライカ ジオシステムズ株式会社では、
レーザー墨出し器 Leica Lino(ライカ リノ)シリーズも販売しています。

2018年3月には、10数年に及ぶ光学・電子工学の知見や経験をもとに、ラインナップを一新。レーザー墨出し器本体に加え、アダプターや受光器もリニューアルしています。

今回は、新しく生まれ変わったLeica Linoシリーズの魅力についてご紹介します。

レーザー墨出し器とは?

lino-L2P5_drywall_manレーザー墨出し器とは、主に建物の床や壁などへ、
基準からの位置を出すために行われる「墨出し」作業用のツールです。

たて・よこ方向の「レーザーライン」と、
正面と上下左右の「レーザードット」で、正確な位置決めをすることができます。

建設現場をはじめ、工場、映像製作、ギャラリー、研究所、
大学など幅広い業種で使われています。

動画でわかる!レーザー墨出し器Leica Linoの魅力

フルリニューアルした最新のレーザー墨出し器 Linoシリーズの魅力を、
スイス本社のプロダクトマネージャーである Elvir Malkoc氏が、
動画で解説しています。

日本語字幕を付けておりますので、ぜひご覧ください。

新レーザー墨出し器の特長

明るさと見やすさを両立した、究極のラインレーザー

L2G Twist 250 magnet drywall_highライカのレーザー墨出し器は、もともと明るいレーザーでした。

今回の新製品は、従来品より、さらに20%明るくなり
独自のレーザーコントロールによる長時間の使用も実現しました。

レーザーを照射するパワーが増加しても、
レーザーの強さを示す「クラス2」はそのままです。

質問者さん
質問者さん
さらに明るくなった、といっても、どれくらい明るいんですか?

新旧モデルの明るさ比較を記事にしました。
写真を交えて詳しく解説しておりますので、ぜひご参考になさってください。

赤色もグリーンレーザーも明るさ向上!ライカ製レーザー墨出し器「Leica Lino」の新旧モデルを比較してみました レーザー墨出し器は、主に建物の床や壁、天井などに、基準からの位置を出すのに行われる「墨出し」作業用のツールです。建設現場をはじめ、工場...

こだわりの外観

new-lino-features

デザインを刷新した新Leica Linoですが、どんな点に特徴があるのでしょうか。

まず、黒い部分は衝撃吸収のためのゴムパットで、強い衝突から製品を守るようにできています。

赤色部分のへこみと、ゴムパットの凹凸で、
「持ちやすく、滑りにくいデザイン」という点にも配慮しています。
人間工学の観点で設計されています。

Linoくん
Linoくん
実際に持ってみると、手にフィットすることが分かるよ!

レーザーを透過させる透明な部分は、強固なアルミニウム製で、
仮に衝撃が加わったとしても、破損しにくいようなデザインになっています。

もしこの部分が壊れた場合でも、パーツのご用意がありますので交換できます。

電源部分の外しやすさ、ロックの操作性、ワンボタンなど、
直感的に使えるような工夫がなされている外観です。

電源は、アルカリ電池と充電池

以前のモデルは、乾電池のみでしたが、新製品は、

  • リチウムイオン充電池
  • 乾電池
  • ACアダプターで充電しながら

という3種類の方法で、電源が供給できます。
これで、電源の心配はほとんど解消されます。

リチウムイオン充電池の使用時間
  • 赤色レーザー:最長44時間
  • グリーンレーザー:最長28時間

※「Leica Lino P5」「Leica Lino L2s」は、「リチウムイオン充電池」が付いていませんので、充電池をご希望の場合は、別途単品で追加ご購入お願いします。

180度以上の長いレーザー照射

lino-long-wide-line

レーザーラインは、よこ(水平)方向は180度以上、
たて(垂直)方向は170度以上の角度で照射します。

たて方向は、本体の真上から、さらに後ろまで投影します。

アダプターで、レーザーを回転させる

レーザー墨出し器 Leica Linoシリーズの形は、底が平らで、
日本でよく見かける4本脚の形状ではありません。

質問者さん
質問者さん
これじゃあ、向きを変えたりできないんですが。
Linoくん
Linoくん
そのために、アダプターが付いてるよ!

新シリーズのLeica Linoには、全品にアダプターが付属しています。
モデルによって、水平方向に250°回転できるものと、
360°回転できるものがあります。

lino-adapter-twist360-twist250

回転も滑らかにできますので、ラインの方向を変えたいときは、
ぜひこのアダプターをご活用ください。詳しくは、こちら。

360°回転できる!新レーザー墨出し器に付属している専用アダプター レーザー墨出し器 Leica Lino のリニューアルに合わせて、専用アダプターも新登場しました。 Lino単体でも使えますが、...

1mで±0.3mmの精度

新レーザー墨出し器 Linoシリーズのライン精度は、
どの製品も、「1mあたり±0.3mm」です。

精度早見表
  • 3.33mあたり±1.0mm
  • 5mあたり±1.5mm
  • 10mあたり±3.0mm

点の精度は、「1mあたり0.2mm」です。

測定者さん
測定者さん
他の製品より、少し精度が低いんですね。
Linoくん
Linoくん
レーザー距離計のISOとか、メジャーのJISみたいに、明確な基準がないから、なんとも言えないんだけど、Linoには精度証明書が付いてるよ!

全製品に「精度証明書」を同封

レーザー墨出し器 Leica Linoシリーズは、工場から出荷する際、
すべての製品をチェックしています。

全数検査です。
そして、合格した機種のみ出荷しています。

検査結果の値は明記していませんが、仕様範囲内であることを
証明書した「精度証明書」を同封しています。

lino-calibration-certificate-blue

さらに、様々な場所で使われることを考慮し、
温度や湿度検査を実施し、環境耐性の高い結果を実現するとともに、

製造工場の品質管理体制も、
ISOに定められている規定以上の厳格な管理がなされています。

防塵・防滴のIP54

レーザー墨出し器 Leica Linoシリーズは、防塵・防滴です。
水しぶきやホコリのある建設現場でも、お使いいただける仕様です。

IP54というのは、水とホコリについて、世界中で共通の規格です。
下記記事に詳しく解説しておりますので、ご興味がある方はご覧ください。

disto-x4-truly-robust
レーザー距離計は防水?保護等級(IPコード)の解説レーザー距離計の展示即売会に行くと、よく聞かれる質問の1つがこちらです。 みなさんは「防水」と聞くと、どのような状態を想像されます...

新レーザー墨出し器のラインナップと価格

新しいレーザー墨出し器 Leica Lino のラインナップは、5種類です。

製品名から、レーザーの色、ラインやドットの有無がわかります。
例えば、Leica Lino L2P5G であれば、この通りです。

名前でわかる!L2P5Gの仕様
  • L2:ラインレーザー2本
  • P5:ポイントレーザー5個
  • G:グリーンレーザー

たて・よこラインを照射するレーザー墨出し器

Laserfunktion-Lino-L2Laserfunktion-Lino-L2G

上の図のように、たて・よこのレーザーラインを出すモデルが3機種あります。
赤色レーザーとグリーンレーザー、それぞれご用意しています。

たて・よこ照射のレーザー
  • 赤色レーザー(スターターキット):Leica Lino L2s
  • 赤色レーザー:Leica Lino L2
  • グリーンレーザー:Leica Lino L2G
Linoくん
Linoくん
 ラインのみ照射するから、地墨点は出ないよ! 

Leica Lino L2s

Lino L2のスターターキット。ケースの替わりにポーチがついた、コンパクト版です。

■価格:製品ページをご覧ください。

■同梱物
・Leica Lino L2
・アダプター Twist 250
・ポーチ
・アルカリ電池用トレー
・ターゲットプレート
・クイックスタート
・精度証明書 Calibration Certificate Blue

※ 充電池ホルダーをご希望の場合は、別途ご購入ください。

Leica Lino L2

L2 Scope of Delivery wboxsleeve

■価格:製品ページをご覧ください。

■同梱物
・Leica Lino L2
・アダプター Twist 250
・リチウムイオンバッテリー
・バッテリー充電用 ACアダプター
・アルカリ電池用トレー
・ターゲットプレート
・クイックスタート
・精度証明書 Calibration Certificate Blue

Leica Lino L2G

■価格:製品ページをご覧ください。

■同梱物
・Leica Lino L2G
・アダプター Twist 250
・アダプター UAL 130
・リチウムイオンバッテリー
・バッテリー充電用 ACアダプター
・アルカリ電池用トレー
・ターゲットプレート
・クイックスタート
・精度証明書 Calibration Certificate Blue

たて・よこライン・5ポイント照射のレーザー墨出し器

Laserfunktion-Lino-L2P5

上の図のように、たて・よこのレーザーラインに加えて、
地墨点、真上の点、正面、左、右の5か所に点を出すモデルが2機種あります。

こちらも、赤色レーザーとグリーンレーザー、それぞれご用意しています。

たて・よこ・5点照射のレーザー
  • 赤色レーザー:Leica Lino L2P5
  • グリーンレーザー:Leica Lino L2P5G

Leica Lino L2P5

■価格:製品ページをご覧ください。
■同梱物
・Leica Lino L2P5
・アダプター Twist 360
・リチウムイオンバッテリー
・バッテリー充電用 ACアダプター
・アルカリ電池用トレー
・ターゲットプレート
・クイックスタート
・精度証明書 Calibration Certificate Blue

Leica Lino L2P5G

■価格:製品ページをご覧ください。
■ 同梱物
・Leica Lino L2P5G
・アダプター Twist 360
・アダプター UAL 130
・リチウムイオンバッテリー
・バッテリー充電用 ACアダプター
・アルカリ電池用トレー
・ターゲットプレート
・クイックスタート
・精度証明書 Calibration Certificate Blue

5ポイントのみ照射するレーザー墨出し器

Laserfunktion-Lino-P5

ラインはいらない、点だけでいい、という方には、
「Leica Lino P5」が最適です。

上記のように、地墨点、真上の点、正面、左、右の5点を照射します。
レーザー鉛直器のようにも使えます。

Leica Lino P5

■価格:製品ページをご覧ください。

■同梱物
・アダプター Twist 360
・単3アルカリ電池×2本
・ターゲットプレート
・クイックスタート
・精度証明書 Calibration Certificate Blue

※ 充電池ホルダーをご希望の場合は、別途ご購入ください。

赤・グリーン、両方で使える受光器

lino-L2 RGR 200別売のレーザー受光器「Leica RGR 200」は、
赤色/グリーン、両方のレーザー墨出し器に使えます。

レーザーをキャッチする受光部分の長さは「85mm」と大きく、
最大80m離れても、レーザーを受光できます。

外観は、1.2mまでの落下に耐えうる「衝撃吸収のラバーパット」を
採用しており、水と埃の保護等級も耐じんあい・耐噴流のIP65です。

Receiver_RGR_200_right_clamp

本体の横に付ける持ち手は「ブラケット」と呼んでおり、
ポールやレーザーレベルのスタッフなどに取付けて、使うことができます。

■価格:製品ページをご覧ください。

Linoくん
Linoくん
長距離とか、屋外で使う時に使ってね!

3年保証とアフターサービス

レーザー墨出し器 Leica Linoシリーズの保証期間は、通常2年です。
ご購入後、Web登録いただいた方は、保証期間がさらに1年延長し、3年になります。

この間、製品に起因する不具合があった場合は、無償で新品製品に交換します。
保証期間を過ぎた製品は、
市場価格より低い価格で有償交換になります。

つまり、Leica Linoシリーズは、修理はしません。
不具合の場合は、すべて交換
というアフターサービスです。

Linoくん
Linoくん
レーザー距離計 Leica DISTOシリーズと一緒だね!
3years warrangy logo
レーザー距離計の3年保証|myWorldで3年保証延長の登録を行う方法レーザー距離計・レーザー墨出し器の3年保証延長登録について、ご案内します。 3年保証 対象製品 下記製品の保証期間は2年間です。これでも...

レーザー墨出し器用の三脚

レーザー墨出し器 Leica Linoシリーズは、
カメラ用の1/4インチねじ三脚も、5/8インチねじ三脚も、
どちらも使うことができます。

Lino本体には、1/4インチねじ穴、付属アダプターには両方のねじ穴があるためです。

lino-tripod-01

ライカで販売している三脚は、こちらです。

1/4インチねじ
  • Leica TRI 70 (0.40m~1.15m)
  • Leica TRI 100 (0.70m~1.72m)
  • Leica TRI 120 (0.37m~1.16 m)
  • Leica TRI 200 (0.75m~1.15m)
5/8インチねじ
  • アルミ製球面三脚「Leica CTP104D-1」(0.85m~1.6m)
L2P5_TRI100_drywall_lino
レーザー墨出し器 Leica Lino に使える三脚 レーザー墨出し器 Leica Lino を取り付けることのできる三脚やアダプターについてご紹介します。 レーザー墨出し器 Lei...

レーザー製品の総合カタログ

レーザー墨出し器 Leica Linoシリーズには、もう1機種、
「Leica Lino L4P1」というモデルがあります。

360°回転できる!ライカ製レーザー墨出し器 Leica Lino L4P1 ライカ製レーザー墨出し器『Leica Lino L4P1』の大きな特徴は3つ。ロバスト性、リチウムイオン充電池&乾電池の両使用...

こちらも含めた、全ラインナップのカタログが、こちらです。
各レーザー墨出し器の仕様も、掲載しています。
最新のレーザー距離計 Leica DISTOシリーズと一緒になった総合カタログです。

レーザー墨出し器のWebサイト

Leica Lino 製品サイトでは、各製品の最新情報や、マニュアルのダウンロードがご利用いただけます。

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。