3D Disto

3D Disto ツールキットを使う:照射位置出し

三次元レーザー距離計 Leica 3D Disto には、測定機能、位置だし(墨出し) 機能のほかに、補助ツール(ツールキット)があります。

ツールキットの1つ、「照射位置決め」機能は、垂直な面にある基準点から、墨出ししたい場所をレーザー照射することができます。

たとえば、

  • 建築中の建物内の壁で、基準となる場所から左に2mの場所に位置出しをしたい。
  • 工場内の壁で、ある目印から右に50cm、下に3mの場所に位置出しをしたい。

このようなとき「照射位置決め」機能が役に立ちます。

今回は、ツールキットの1つ「照射位置決め」の使い方について解説します。

Leica 3D Disto の測定準備

Windows端末で「Leica 3D Disto」ソフトを起動します。3D Disto本体の電源を入れ、PCとWiFiまたはケーブル接続します。そしてレベリング完了を待ちます。

WiFi 接続ができない場合の対処法は、こちらのページをご参照ください。

Leica 3D Distoで墨出し

今回は、分かりやすいように、基準点に黄色のターゲットシールを貼っています。ここを基準として、右方向に0.5m、上方向に1.0mの場所(赤丸)に位置出しをしてみます。

「メニュ」→「アプリケーション」→「ツールキット」を起動します。

ポップアップが表示されます。ツールキットの測定結果は保存されませんので、ご注意下さい。


画面右側にツールキットのボタンが表示されます。「照射位置決め」アイコンを選択します。

ポップアップが表示されます。基準となる場所から、測定していきます。


基準点~位置出ししたい場所の水平距離(左右方向)を入力します。右方向へ0.5mなので、0.5と入力します。左方向の場合は、-0.5と入力します。

次は、鉛直距離(上下方向)を入力します。上方向に1.0mなので、1.0と入力します。下方向の場合は、-1.0と入力します。

位置だししたい場所に、レーザーが照射(点滅)されました。

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。