3D Disto

3D Disto ツールキットを使う:メートルマーク

三次元レーザー距離計 Leica 3D Disto には、測定機能、位置だし(墨出し)機能のほかに、補助ツール(ツールキット)があります。

ある場所を基準点として、決まった高さを位置だしできる機能「メートルマーク」があります。

たとえば、このようなとき、メートルマーク機能が役に立ちます。

  • トンネルや倉庫の壁で、特定の高さにある場所に位置だしをしたい
  • 建設中の建物内で床と壁を使って位置だしをしたい

では、使い方を解説していきます。

準備

Windows端末で「3D Disto」ソフトを起動します。3D Disto本体の電源を入れ、PCとWiFiまたはケーブル接続します。そしてレベリング終了を待ちます。

位置だし

今回は、テーブルを基準点として、指定した高さにある点を位置だしします。(床面に基準点をおき、壁に位置だしをすることもできます。)

ソフトウェア「3D Disto」の画面で、「メニュ」→「アプリケーション」→「ツールキット」の順に選択します。

ポップアップが表示されます。ツールキットの測定結果は保存されませんので、ご注意下さい。

画面右側にツールキットのボタンが表示されます。「メートルマーク」アイコンを選択します。

基準高とデザイン高

ここで、「基準高」と「デザイン高」の2つの値を入力していきます。

  • 基準高:基準となる場所の高さです。床であれば、基準高は0となります。
  • デザイン高:位置だしをしたい場所の高さです。

下図に、それぞれの関係を示します。

まず、基準高を入力します。床であれば0と入力します。今回、基準点としたテーブルの高さは45cmですので、0.45と入力しています。

ポップアップが表示されたらOKします。

ポイントファインダーの画面に切り替わります。基準となる場所に照準を合わせ、「DIST」ボタンを押して測定します。


次に、デザイン高(位置だしをしたい場所の高さ)を入力します。今回は、1.5mと入力しています。
 ポップアップが表示されたらOKします。

再びポイントファインダー画面に変わります。位置だしをする壁を狙って、位置だししたい点の鉛直線上で測定してください。正確な高さは3D Distoがレーザー照射するため、測定時の高さは大まかで構いません。

指定した場所に、レーザーが照射(点滅)されました。

単位について

基準高、デザイン高とも、ミリ単位まで入力できます。

入力単位そのものを変更するときは、「メニュー」→「設定」→「単位」→「距離」から選択することもできます。

異なる面での設定

基準高とデザイン高は、同一の面でなくても設定することができます。

  • 床に基準高を設定(0m)し、壁にデザイン高を設定したいとき
  • 離れたところにある壁に位置出ししたいとき

斜面や曲面での位置出し

位置出しをする面が斜面または曲面であっても、垂直高で位置出しします。