3D Disto

Leica 3D Disto 用の三脚

三次元レーザー距離計 Leica 3D Disto は、本体を床に直に置いて使用することもできますが、三脚を取り付けて使用することもできます。建設現場や作業所、ビルの上など、微小な振動がある場所は、三脚があると安定性が高まり、レベリングの完了速度が速まります。

今回は、4種類の3D Disto 用の三脚をご紹介します。すべてアルミ製で、ねじ穴サイズは、5/8インチ(直径約15mm)です。

球面三脚 CTP104D-1

3D Distoの標準三脚として、まずご案内する製品です。

  • 重量: 4.99kg
  • 使用時の高さ: 0.85 から 1.6m

本体はアルミ素材が使われているため耐久性に優れ、一人でも持ち運びのしやすい重量となっています。

ドーム型ヘッド

取り付け部分の表面が、平坦ではなくドーム型(球面)になっているのが特徴。3D Distoの気泡管を確認しながら、水平に取り付けやすい構造となっています。

ネジのサイズは5/8インチ

5/8インチは、レベル、光波(トータルステーション)などで使われているサイズです。変換アダプターによって、Leica DISTO S910 などの1/4インチネジ対応アダプターを取り付けることもできます。

室内使用に最適化した脚

CTP104D-1は、室内での使用に適した設計になっています。

脚の先をご覧ください。一般的な屋外用の三脚(左写真)は、土壌の上に安定して設置するために、先端が尖っているものが多いですが、この形状だと室内の床で滑りやすいという弱点があります。

CTP104D-1の脚の先端は、右写真のような円盤形をしており、床の上でも滑りにくく、安定する構造になっています。

 

脚の先端部分の円盤状のつまみを回すと突起部分が出てきて、簡易屋外用として使用することも可能です。

ワンタッチで高さ調整

高さ調整は、ストッパーを外すことで容易にできます。

平面三脚 CTP104

製品を載せる部分が、平面になっている三脚です。足先も鋭利です。

  • 重量: 4.95kg
  • 使用時の高さ: 1.06 から 1.65m

エレベーター三脚 CET103

  • 重量: 4.0kg
  • 使用時の高さ: 0.84m から 2.46m

CTP104D-1よりも脚がさらに長く、高さの調節ができます。取り付け部分がコンパクトになっているの
が特徴です。

エレベーター三脚 CTC290

  • 使用時の高さ: 1.05m から 2.9m

上記のエレベータ三脚CET103よりも、背が高い三脚です。

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。