3D Disto

3D Disto ツールキットを使う:鉛直ポイント

三次元レーザー距離計 Leica 3D Disto には、測定機能、位置だし(墨出し) 機能のほかに、補助ツール(ツールキット)があります。

そのうちの1つ、「鉛直ポイント」は、離れたところから、鉛直2点間の場所を知りたいときに役立つ機能です。Leica Linoのような墨出し器がなくても、ある場所の鉛直線上の点を手早く把握することができます。

今回は、「鉛直ポイント」機能の使い方について解説します。

準備

Windows端末で「3D Disto」ソフトを起動します。3D Disto本体の電源を入れ、PCとWiFiまたはケーブル接続します。そしてレベリング終了を待ちます。

鉛直ポイントの測定

今回は、床と天井を使って、ある場所の鉛直線上にある点の位置を示します。

まず、「メニュ」→「アプリケーション」→「ツールキット」を起動します。

「ツールキットの測定結果は保存されません」のポップアップをOKします。

画面右側にツールキットのボタンが表示されます。「鉛直ポイント」アイコンを選択します。

まず、基準となる点を設定します。ポップアップが出たらOKします。

ポイントファインダーに切り替わったら、床の基準点を測定します。

次に、基準点からの鉛直線上にある範囲を設定します。今回は、天井にあたります。ポップアップが出たらOKします。

天井側の、おおよその範囲と思われる箇所を測定します。

レーザーが点滅照射して、基準点からの鉛直線上の点を示します。画面には鉛直2点間の距離も表示されます。

これで、床の基準点からの、鉛直線上の位置が天井で把握できました。

ツールキットで測定した値は、保存や出力ができません。鉛直点をデータとして残したい場合は、測定モードに切り替える必要があります。そのまま3D Disto本体を動かさずに「ホームボタン」を押します。

通常の測定と同じく「DIST」ボタンを押して測定すると、データとして保存することが出来ます。

資料

鉛直ポイントについての資料は、こちらから閲覧・ダウンロードできます。
(画像をクリックすると、PDFが開きます)

動画

鉛直ポイントについては、以下の動画でもご紹介していますのでご参照下さい。