3D Disto

3D Distoで自動測定:オートスキャン機能で線や面を測定する

ライカ レーザー距離計シリーズの最高峰「Leica 3D Disto」。その機能は、大きく分けて3つあります。

  • 測定
  • 墨出し(位置だし)
  • データの保存&出力

このうち、測定機能には、大きく分けて 2つの方法があります。

  1. 測りたい点ごとに操作して測定する
  2. 一定間隔ごとに、線や面単位で自動測定する

1については、下記のページで詳しくご紹介しています。

3D Distoで立体的に測定し、データを出力するライカ レーザー距離計シリーズの中の最高峰である3次元測定器「Leica 3D Disto」は、大きく分けて3つの機能を備えています。 ...

ここでは、2.の自動測定について解説します。これは、Windowsからの操作によって、本体を自由に回転することができる3D Distoならではの機能といえます。

  • 床から壁、天井までの直線(曲線)距離を知りたい。
  • 傾きや凹凸のある面のデータをとりたい。

こんなときは、3D Distoの『オートスキャン機能』が役立ちます。今回は、3D Distoで直線、曲線、面を自動測定する方法について解説します。

準備

Windows端末で「3D Disto」ソフトを起動します。3D Disto本体の電源を入れ、PCとWiFiまたはケーブル接続します。そしてレベリング終了を待ちます。

測定

画面右側にある「スキャンボタン」を押します。

ここで、線状/面状に測定するかを選択します。

線の測定

まずは、線の測定から、解説します。
ここでは、床→壁→天井までを連続的に測定してみます。選択画面で、線のアイコンを選択します。

測定する方向(水平、垂直、斜め)を選択します。今回は床→壁→天井を連続的に測定するため「垂直」を選択しています。

「スキャン開始ポイントの測定」でOKを押すと、ポイントファインダーに切り替わります。測定を開始する点(1点目)を測定します。

1点目を測定すると、選択画面が表示されます。垂直で測定するか/任意の角度で測定するかを選択をします。

「反対側のポイントの測定」でOKを押すと、再びポイントファインダーに切り替わります。測定の終点(2点目)を測定します。

測定の開始点から、上回り/下回り(360度)で測定するか、あるいは2点間を測定をするか選択します。

測定する間隔(長さ)を選択します。任意に、間隔を指定することもできますし、
1cm、2cm、5cm、10cm、25cm、50cmから選ぶことも出来ます。最小の間隔は、1cmです。

ポイントファインダー画面に切り替わり、自動測定が開始されます。

面の測定

次は、面の測定について、解説します。今回は、下図のような円筒形の表面を測定してみます。測定範囲として黄色いシールを貼っています。

選択画面で、面の測定を選択します。

測定する面の種類(水平、斜面、垂直)を選択します。今回は円筒形の側面なので、斜面を選択します。

測定時間について選択します。いずれの場合も、測定精度は同じです。

  • 「正確」:測定点の正確な位置を調整
  • 「高速」:測定時間の短縮と確実性を重視

「スキャンエリアの測定」でOKを押すと、ポイントファインダーが開きます。測定範囲となる場所を測定します。

  • 水平面/垂直面の測定:角となるを3点を測定してください。
  • 斜面の測定:範囲を囲むように測定してください。

 

必要な場所が全て測定された時点で、測定範囲が自動的に表示されます。確認したらチェックボタンを押します。

測定する間隔(長さ)を選択します。
任意に、間隔を指定することもできますし、1cm、2cm、5cm、10cm、25cm、50cmから選ぶことも出来ます。最小の間隔は、1cmです。測定時間は、5cm間隔、1m×1mの範囲の場合、約14分です。

自動測定される点が表示されます。確認したらチェックボタンを押します。

自動測定が開始されます。

測定前に、座標軸を決めたいとき

最初の1点目と2点目の測点で座標軸が決まります。軸を決めてから、自動測定をスタートさせたい方は、まず基準となる2点を測定してください。座標の決まり方については、下記ページで解説していますのでご参照ください。

3D Disto の座標の決まり方3次元レーザー測定器 Leica 3D Distoは、測定した点をすべて3次元の座標情報に変換します。ここでは、座標軸がどのように決定さ...

自動測定中・測定後

自動測定中の操作

自動測定を一時停止したり、不要な測定点や測定が出来ない場所をスキップしたりすることが出来ます。

自動測定の完了後

自動測定の完了後、「編集する」を選択すると、不足している点を測定したり、不要な点を削除することが出来ます。
必要なければ、「いいえ」を押して次へ進みます。

測定したデータの保存は、画面右上のホームボタンからできます。

自動測定にかかる時間

今回、線/面の自動測定でかかった時間をまとめました。測定対象の形状や測定間隔によって、1点あたりの時間は変動します。オートスキャン機能で自動測定をされる際の参考にしてください。

【参考例】

  • 5cm間隔、1m×1mの場合:約14分
  • 5cm間隔、5m×5mの場合:約5.8時間

動画

下記動画もあわせてご参照ください。

<線の測定> オートスキャン機能で床、壁、天井を連続的に測定する

 

<面の測定>オートスキャン機能で円筒形の表面を測定する