D810 touch

レーザー測定ボタンで本体が動いてしまう!ブレを抑えるには?

ライカのレーザー距離計は、トレードマークとなっている本体中央の
”DIST”と書かれた赤いボタンを押して測定する、というのがスタンダードな方法です。

同時に、10年以上にわたり、多い問い合わせとして、

「ボタン操作時に、レーザーが動いてしまう」という声をいただきます。

これを回避する方法についてご紹介します。

ボタンを押さずにレーザー測定するには?

タイマー機能を使う

従来は、カメラのタイマーのように、設定した時間に測距する(たとえば5秒後)
タイマー機能をお奨めしてきました。

タイマーは便利な機能ですが、どうしても、測定までにワンアクション多くなってしまいます。

画面に触れるだけで測定できる「タッチスクリーン」

それを解決したのは、Leica DISTO D810 touchのタッチスクリーンです。
ディスプレイの画面に表示される測距ボタン(DIST)を軽くタッチするだけで、
測定します。

Leica D810 touchに採用されている「写真を使った測定」でも、
画面上の矢印をスワイプするだけで、横幅や面積が計算される機能も追加されました。

タッチスクリーン対応機種

タッチスクリーン対応機種は、Leica DISTO D810 touch だけでなく、
2015年に発売開始した世界初の3次元座標を取得できる
ライカ レーザー距離計 Leica DISTO S910も同様です。

測定者さん
測定者さん
Leica DISTO S910 “touch” じゃないけど、
タッチスクリーンなの?
DISTOくん
DISTOくん
 安心してください、S910もタッチスクリーンですよ!

タッチスクリーンは、機能や設定を選択する時にも使用できます。

タッチスクリーン非対応機種の場合

上記2機種以外のDISTOシリーズをお持ちの方は、測定時のブレを最小限に抑えるため、
以下の方法をお試しください。

  • タイマー機能を使う
  • アダプターにしっかりと固定する
  • 安定した台の上に置いて測定する
  • Windowsに転送したい場合:ソフトウェア「DISTO transfer」を使って、測定指令を出す
製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。