3D Disto

3D Distoで立体的に測定し、データを出力する

三次元レーザー測定器「Leica 3D Disto」は、大きく分けて3つの機能を備えています。

  • 測定
  • 墨出し(位置だし)
  • データの保存&出力

Leica 3D Distoは、ハンディタイプのDISTOシリーズと異なり、Windows端末から専用ソフトを使って本体を操作します。専用ソフトは、多機能ながら一貫してシンプルな画面で、現場での操作が容易に行えるようデザインされています。

今回は、3D Disto を使った測定、データの保存、Windowsへ出力するまでの方法をご紹介します。

3D Disto 本体の設置

3D Disto 本体の設置に際しては、以下の点がポイントとなります。

  • 1回で測定完了できる場所がないか探すこと
  • 3D Disto 本体を移動する際に、できるだけ回数が少なくなる場所はどこか考えること

今回は、弊社エントランスにある展示用フレームを測定してみます。

3D Distoでレーザー測定

3D Disto の起動・接続

3D Disto本体の電源を入れ、レベリング(整準)完了を待ちます。

Windowsにあらかじめインストールされた専用ソフト「3D Disto」を起動します。

3D Disto本体とWLAN接続します。接続が不安定な場合は、USBケーブルでの接続をお試しください。

3D Distoで測定する

操作アシスタント画面が表示されたらOKボタンを押します。初期画面の状態になります。

対象物に照準を合わせる

「ポイントファインダー」ボタンを押して、3D Distoのカメラ画像(ファインダー)に切り替えます。画面中央「+」の中心がレーザーの照準点となります。

3D Disto本体は、手で回転させることができます。ファインダー画面で照準するには、以下の3通りの方法があります。

  1. 「+」の中心を長押しして、動かす方法へスライド
  2. 測定場所の画面をタップする
  3. 画面の上下左右にある、白い「△」をタップする

1.の場合、「+」の中心をタップして赤丸が表示されたら、そのままスライドさせることで移動できます。

照準の移動中は矢印が表示されます。矢印の長さに応じて、回転速度が変わります。

2.の場合は、画面の中であれば、どの場所でもタップすることで、その位置にレーザーが移動します。

3.は、レーザーの位置を微調整する時に使います。画面の上下左右にある白い「△」、または、外側の白く薄くなっている場所をタップします。画面を拡大/縮小することで、1クリックの移動距離を調整できます。

測定

照準位置が決まったら、「DIST」ボタンを押して測定します。

画面が切り替わり、測定した箇所と、3D Disto本体の位置を確認できます。「ポイントファインダー」ボタンでカメラ画面に戻り、同様に測定していきます。

展示パネルをすべて測定した後のデータは、下記のようになります。

測点を選択し、結果ウィンドウを展開すると、座標や基準からの高低差、水平距離などの詳細を確認できます。

補足
  • 直線距離、水平距離、鉛直距離、傾斜角度は、線分の結果を表しています。上図の例で言うと、点4-点3を結ぶ線分(2点間)の結果です。
  • 直前の線分に対する左方向角/右方向角というのは、点3-点2の線分に対して、どれだけ回転しているかを表しています。
  • 座標値は点4の値です。

測定中、ファインダー画面に固定したい場合は、「ポイントファインダー」ボタンを押して鍵マークを表示させてください。

測定場所を撮影する

測定場所を撮影したいときは、画面右側のツールバーから「スナップショット」ボタンを押します。測定後に撮影すると、測定番号が入った写真になります。

測定結果の保存

画面右上のホームボタンを押し「名前をつけて保存」を選択します。

新規フォルダを作成します。フォルダ名は、自動的に測定日の日付が入るようになっていますが、任意に変更できます。

フォルダの後は、ファイル名の編集画面が開きます。同様に日付が付与されますが、変更可能です。

測定結果は、こまめに保存してください!WLANの接続不良や、PCか本体に予期せぬ不具合が起きた際、データが保存されていないと、それまでの測定が台無しになってしまいます。

データの出力

全ての測定と編集が完了したら、データをWindowsに出力します。出力されるデータの種類は下記の通り。

  • DXF:2D
  • DXF:3D
  • DXF:面ごとの縮小データ(2D)
  • DWG
  • CSV
  • テキスト:CSVと同じ内容
  • JPG:スナップショットで撮影した測定場所の写真

左側の「メニュー」ボタン→「ファイルマネージャー」で、出力するデータのフォルダを選択し、左側のツールバーから「出力」ボタンを押します。チェックボックスが出れば、出力完了です。

デスクトップの「3D Disto Data」アイコンを起動し、「export」フォルダを開くと、出力したフォルダが格納されています。

様々な形式のファイルが収納されています。お使いのCADソフトに応じてお使い下さい。「snapshot」フォルダには、撮影した写真が保存されています。

動画

測定中の様子と3次元データの見栄えを動画で撮影しています。あわせてご覧ください。

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。