Windowsと使う

専用ソフト「DISTO transfer」を使う(3)一定間隔でリアルタイム自動転送 (D510以外)

4回に分けてご紹介している、専用ソフト「DISTO transfer」を使って出来ることシリーズ。

第3回は、一定間隔の時間ごとにDISTOで測定し、お持ちの端末に転送する方法をご紹介します。

※ D510は端末からの測定/制御ができませんので、この機能は使えません。

(1)ペアリング(接続)
(2)測定値をExcelやテキストに送る
(3)一定間隔でリアルタイム自動転送 (D510以外)
(4)Windows端末から測定指令をかける (D510以外)

1.準備

DISTOで測った値を端末に送るためには、DISTOと端末のBluetooth接続、ならびにペアリング(初回のみ)が完了している必要があります。

詳しくは、下記の記事をご参照ください。

「専用ソフト「DISTO transfer」を使う(1)ペアリング(接続)」

2.一定間隔でリアルタイム測定・転送する

ここではDISTO D810を用いて、一定間隔で自動的に測定し、Excelファイルに転送してみます。

DISTO transferのウィンドウを最大化して、Functionsタブを選択します。

チェックボックスをオンにし、自動測定する時間間隔を設定します。

D810の画面が切り替わり、自動測定と転送が始まります。終了するときは、チェックボックスをオフにします。

転送するデータのフォーマット設定については、下記をご参照下さい。

動画もあわせてご覧ください。
※動画は3秒間隔ですが、現行モデルは最短で5秒程度になります。

(Visited 61 times, 1 visits today)

関連記事

  1. Windowsと使う

    Windows へ測定値を送る

    ライカのレーザー距離計で測った値を、Windowsデバイスへ送りたい、…

  2. S910

    WLAN版 DISTO transferの使い方

    ライカのレーザー距離計 DISTO S910で測った3次元座標データを…

  3. Windowsと使う

    専用ソフト「DISTO transfer」を使う(4)Windows端末から測定指令をかける (D5…

    全4回に分けてご紹介している、専用ソフト「DISTO transfer…

  4. Windowsと使う

    専用ソフト「DISTO transfer」を使う(2)測定値をExcelやテキストに送る

    4回に分けてご紹介している、専用ソフト「DISTO transfer」…

  5. Windowsと使う

    DISTOで1時間以上の自動測定モニタリング

    Bluetooth付きのレーザー距離計 「Leica DISTO」(ラ…

特設ページ

●●

人気記事 Top 5

PAGE TOP