専用ソフト DISTO transfer

測定値を一定間隔で自動転送する|レーザー距離計専用ソフト「DISTO transfer」

DISTO-transfer_自動測定中

レーザー距離計 Leica DISTO の専用ソフト『DISTO transfer 6.0』を使って、
一定間隔の時間ごとにDISTOで測定し、お持ちのWindows端末に転送する方法をご紹介します。

※ レーザー距離計 Leica DISTO D510は、
端末からの測定/制御ができませんので、この機能は使えません。

レーザー距離計とWindows端末の準備

レーザー距離計 Leica DISTOで測った値を端末に送るためには、
初回のみ、DISTOとWindows端末のペアリングを行ってください。
2回目以降は、自動で接続されます。

詳しくは、下記の記事をご参照ください。

windows10-device-bluetooth-03
レーザー距離計 Leica DISTOとWindows端末のBluetoothペアリング方法レーザー距離計 Leica DISTO をWindows端末と使う場合、 初回のみ、ペアリングが必要です。2回目以降は、自動で接続しま...

レーザー距離計の測定値を自動転送する手順

縦長のDISTO transfer画面の右上にある「最大化ボタン」を押すか、
「More」「Setup」を押し、
c)各種設定画面にしてください。

そして、「設定タブ」を選び、「定期的測定」で、測定したい時間間隔を設定します。設定できる最短の間隔は5秒です。

「下記の間隔で測定開始」にチェックを入れると、自動測定が始まります。
終了するときは、チェックを外します。

 

リアルタイムでExcelへ転送値を送る

リアルタイムで、Excelへ自動転送することもできます。
セルがアクティブになっている場所に、値が転送されますので、
Excelを起動し、転送したいセルをクリックするだけです。

レーザー距離計 Leica DISTO D810 touchの場合は、下記写真のようにDISTOの画面が切り替わり、自動測定と転送が始まります。

 

一括でExcelへ転送結果を出力する

「測定ログ」タブの下にある「Excel」ボタンを押すと、一括で出力されます。

disto_transfer_6.0_run-excel

時間や傾斜角度なども、一緒に転送する

転送した時間や、傾斜角度など、転送するデータを細かく設定することもできます。
下記の「転送データを細かく設定する」をご参照下さい。

disto-transfer-excel
Excelやテキストに測定値を送る|レーザー距離計専用ソフト「DISTO transfer」レーザー距離計 Leica DISTO の専用ソフト『DISTO transfer 6.0』を使って、 DISTOで測った値を、Win...

DISTO transfer その他の機能

『DISTO transfer 6.0』の概要/機能一覧については、下記ページをご覧ください。

レーザー距離計 Windows PCソフト「DISTO transfer 6.0」の概要これまで、Bluetooth版 / WLAN版 とに分かれていた 無償ソフトウェア「Leica DISTO transfer」が一本化...

DISTO transfer 操作マニュアル

操作方法の詳しい手順をマニュアル(PDF)でダウンロードできます。
ダウンロードはこちら(別ページが開きます)

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。