専用ソフト DISTO transfer

レーザー距離計 Leica DISTOとWindows端末のBluetoothペアリング方法

windows10-device-bluetooth-03

レーザー距離計 Leica DISTO をWindows端末と使う場合、
初回のみ、ペアリングが必要です。2回目以降は、自動で接続します。

このページでは、ペアリングの手順をご紹介します。

準備

Windows端末

  • Windows 10 以上のタブレット / PC
    (Windows 8 は、端末によって動作が不安定なため非推奨)
  • Bluetooth 4.0以上

レーザー距離計 Leica DISTO

屋外で使う場合は、Leica DISTO X4 / D510 / D810 touch / S910のいずれか、
自動測定や端末からの測定をご希望の場合は、Leica DISTO D510以外をお選びください。

  • Leica DISTO D1
  • Leica DISTO D110
  • Leica DISTO D2
  • Leica DISTO X3
  • Leica DISTO X4
  • Leica DISTO D510
  • Leica DISTO D810 touch
  • Leica DISTO S910

 

Leica DISTO と Windows端末 をペアリングする

DISTO側の設定

Leica DISTO D1 / D110 / D2 / X3 / X4 / D510は、Bluetoothをオンにしてください。

Leica DISTO D810 touch と S910では、距離計側で設定モードを確認してください。下図のように「スプレッドシートモード」か「テキストモード」を選択してください。

 

 

 

 

 

 

Windows端末側の設定

ここでは、Windows 10 の端末(PC)でペアリングします。

※ 一度ペアリングした端末は、次回に同じDISTOを使用する際、自動的にペアリングします。

デスクトップ画面左下の「スタートボタン」→「設定」(歯車マーク)を選択し、
Windowsの設定画面が出たら「デバイス」を選択します。

「Bluetoothとその他のデバイス」画面で、
(1)Bluetoothを「オン」にし、
(2)「Bluetoothまたはそのほかのデバイスを追加する」(十字マーク)を選択します。

「デバイスを追加する」ポップアップ画面が表示されますので、Bluetoothを選択します。

端末周辺で検出された、Bluetooth対応機器の一覧が表示されます。
DISTOは「機種名+シリアル番号」で表示されますので、
ペアリングしたいDISTOを選択します。

これで、DISTOとWindows端末とのペアリングができました。

ソフトウェア「DISTO transfer」の起動

デスクトップ上の『DISTO transfer』アイコンをクリックして起動します。

DISTOとのペアリングが出来ていれば、その機種が表示され、シリアル番号が緑色で表示されます。

※ ペアリング未完了の場合、下図のような画面とメッセージが赤字で表示されます。DISTOとのBluetooth接続ができているか確認してください。

 

資料のダウンロード

ソフトウェア『Disto transfer 6.0』の資料をダウンロードできます。
ペアリングの手順についても解説しています。
(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)


 

『Disto transfer 6.0』の概要については、下記ページをご覧ください。

レーザー距離計 Windows PCソフト「DISTO transfer 6.0」の概要これまで、Bluetooth版 / WLAN版 とに分かれていた 無償ソフトウェア「Leica DISTO transfer」が一本化...
製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。