S910

AutoCAD 2018でリアルタイム描画!DISTOの測定結果を転送する

Leica DISTOでの測定結果を、測定結果をリアルタイムでWindowsタブレットやPCへ送り、AutoCAD上に図を描いていくことができます。AutoCADと一緒に使うと、この専用ソフトウェアが、AutoCADのプラグインとして動作します。

この方法でAutoCADに測定結果を転送するための方法は、2通りあります。

  • DISTO S910 の測定結果を、WLAN接続で転送する
  • DISTO X3, X4 + 専用アダプター DST 360 での測定結果を、Bluetooth接続で転送する

上記のとおり、DISTO Xシリーズ + DST 360 の組み合わせでも、測定結果をAutoCADに転送することが出来るようになりました。

これらの機種は、測定器のみでも十分、現場調査で活躍する計測ツールですが、測定後、AutoCAD上ですぐに作業したいという方にお勧めです。

小屋の屋根裏をDISTO S910で測定し、AutoCADに直接転送している様子の動画があります。実際にどう使うのか、イメージがわくと思いますので、ぜひご覧ください。

必要なもの

使用されるDISTOによって、必要なもの、接続環境が異なりますのでご注意下さい。

S910

X3 / X4 + DST 360

何のために、AutoCADと接続している?

Auto CADとレーザー距離計 Leica DISTOを一緒に使うことによる特長は、2つあります。

1つ目は、測定点の制限がなくなることです。DISTOシリーズで3次元計測する場合は、測定できる点数に限りがあります。

  • 1ファイル30点
  • 30ファイル保存可能

Auto CADに転送する測定では、上記の制限がなくなりますので、用途に応じて必要なだけ測定を継続できます。

2つ目は、測定の様子が3次元で画面表示されるため、測定箇所が一目瞭然になることです。

測り忘れがなくなるとともに、測定中の修正や、測定後のCAD設計にすぐに取り掛かることができます。

使い方

大まかな流れは、冒頭で紹介した動画の通りです。専用ソフトウェア『DISTO transfer 6.0』をあらかじめインストールしておいてください。
(ダウンロードは、こちらの”ダウンロード”タブどうぞ)

(1)レーザー距離計 DISTOの電源を入れ、WLANモード/Bluetoothモードにします。

<S910(WLAN接続)の場合>
  

<Xシリーズ(Bluetooth接続)の場合>
接続が完了すると、画面の左上のBluetoothマークが青くなります。

  

(2)AutoCADを起動します。

(3)コマンドラインに “leica disto 3d” を入力すると、自動でソフトウェア Leica DISTO transfer が起動します。

(4)接続が確立すると、画面したのシリアル番号の色が、青色に変わります。

(5)接続すると、DISTO本体画面は、下記に自動で切り替わりますので、画面に従って整準(レベリング)を行います。

(6)整準完了後、測定開始です。

資料

DISTO S910 と AutoCAD

AutoCAD とレーザー距離計 DISTOシリーズを使う方法をまとめた資料がありますので、ご参考になさってください。

ダウンロードは、下記画像をクリックするか、こちらからどうぞ。

DISTO Xシリーズ + DST 360 と AutoCAD

現在準備中です。