D810 touch

iPad や Android に、測定値を送る(キーパッドモード)

ライカ レーザー距離計を、端末と直接Bluetooth接続して、データを送ることができます。例えば、メモ帳アプリや社内で独自開発されたアプリなどです。こちらの機種が対応モデルです。

  • Leica DISTO X3 (New!)
  • Leica DISTO X4 (New!)
  • Leica DISTO D810 touch
  • Leica DISTO S910

転送を受ける側の端末は、下記の iOS, Android, Windowsです。ExcelやWordのほか、メモ帳やEvernote など、テキスト入力が可能なアプリやソフトウェア上で、お使いいただけます。

  • Android V4.4 以上の端末
  • iOS デバイス(iPhone または iPad)
  • Windows 10 以上の端末

弊社では、この機能を “キーパッドモード” と呼んでいます。

この機能は、特別にアプリの開発をしなくても、測定値をそのままデバイスに転送できる点が特長です。

  • レーザー距離計の測定値をアプリに送りたい
  • 既存アプリに測定値を飛ばしたい

というお問い合わせの際、ご紹介しています。

今回は、iOS / Android端末での使い方をご案内します。

DISTOの設定

新製品のLeica DISTO X3 / X4は、BluetoothをONにするだけです。

D810 touch / S910は、DISTO本体で設定をします。FUNCボタン、設定ボタンから、Bluetoothアイコンを選びます。すると、下記画面が表示されるので、1番目か2番目を選んでください。上(緑)は、単位なしの数値、真ん中(青)は単位付きの数値が転送されます。

 

 

 

 

 

端末のBluetoothをオン

スマートフォンやタブレットにある”設定” アプリから、BluetoothをONにします。すると、レーザー距離計が検出されますので、接続します。

接続が完了すると、図のようにBluetoothマークが青色になります。

 

転送したいアプリを起動し、測定

あとは、測定し、Bluetoothボタンを押して転送するだけです。アプリを起動し、測定値を入れたい場所を選択します。そして、レーザー距離計で測定。画面に測定値が表示されるので、Bluetoothボタン(青い矢印アイコン)を押すと、転送されます。

あらかじめ、アプリの入力方法は英数字、またはローマ字入力にしてください。日本語入力のままDISTOから転送すると、文字化けしたり、正しく表記されない場合があります。キーボード画面が表示されないときは、DISTOの電源を一度切った状態で、再度お試しください。

Excel、Wordアプリを使用する場合

タブレットやスマホでExcel、Wordアプリを使用される場合、Officeアカウントでのダウンロードが必要となります。アカウント登録なしの状態でもアプリのダウンロードやインストールはできますが、編集や保存ができない機能限定版となります。

詳しくは、Microsoft社のサイトをご確認下さい。

動画

(1)DISTO D810 touch を使って、iPad mini のメモ帳アプリに測定値を転送する

 

(2)DISTO D810 touch を使って、Android端末に測定値を転送する

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。