2点間距離

レーザー距離計で2点間距離を測定:DISTO S910

ライカのレーザー距離計 DISTO S910を最も特長づける機能
「2点間距離測定」についてご紹介します。

2点間距離測定とは?

「レーザー距離計で、離れた場所から、幅や高さを測りたい。」

よく頂くお問合せの1つです。
DISTO S910は、測定時に3次元の座標情報を取得できるため、
この座標情報をもとに、任意の2地点間の距離を算出できます。
これにより、

離れた場所から、2点の測定だけで、幅や高さが測れる

ことを可能にしています。
誤差が非常に大きいピタゴラス機能を使わずに、
リフォームの見積や、手の届かない場所の測定が、
10mm@10mの精度で簡単に行うことができます。

DISTOの機能として「P2P」(Point to Point の略)と
描かれているものが、これに該当します。

他のDISTOモデルで、離れた場所の幅を測ろうとすると、
測定対象の正面から測る必要がありますが、
2点間距離測定機能では、正面からでなくても測定が可能です。

2点が奥行のある位置関係であっても、斜めの場所でも、
レーザーが当たればどこでも、どこからでも測ることができる。
それがこの機能の大きな特徴です。

 

S910 以外の対応モデル

DISTO S910 以外で、この2点間距離測定に対応している機種は、
DISTO X3 / X4 のみです。
DISTO Xシリーズの2点間距離測定については、
こちらのページで詳しくご紹介しております。

レーザー距離計DISTO X4とアダプターで、離れた所から「幅」を測る レーザー測定に関して、特に多いお問合せが「幅の測定」に関するものです。 レーザー距離計DISTO X3 / X4 + アダプター...

 

S910で二点間距離を測る

S910で二点間距離測定を行う方法をご紹介します。

本体を台に設置する

まず、S910本体に折りたたまれたスマートベースを広げ、
付属の台か、アダプターに取り付けます。

s910_smartbase s910_smartbase_setting

 

機能の呼び出し

disto_func_01

S910本体の電源を入れ、FUNCボタンを押すと、
機能一覧がアイコンで表示されます。
その中から、2点間距離測定モードを選びます。
DISTアイコンの下のボタンです。

img_20161209_132428

機能を選ぶと、P1と表示された画面がでます。

img_20161209_134951

この状態でも、レーザーを見ながら測定できますが、
ファインダーをONにして測定してみます。

finder_on

 

1点目を測定する

画面下のボタンを押すと、レーザーがオンになります。
画面中央の十字の印が赤くなります。

s910_on

P1というのは、”1点目のポイント(P)” という意味です。1点目にねらいを定めて、もう一度上記のボタンを押すと、測定します。

img_20161209_132506  img_20161209_132510

 

2点目を測定する

次は、2点目の測定です。レーザーをオンにすると、
“P2” と画面に表示されますので、ねらいを定めて測定します。

img_20161209_132528  img_20161209_132532

 

“1198,7mm” が測定結果です。

 

レべリングする場合

測定前に、本体をレべリング(整準すること)することで、
測った2点間の高さ、水平距離、傾斜角の情報も得ることができます。

img_20161209_132707

測定を始める前に、画面右下のレベリングボタンを押してください。

s910_leveling

すると、画面が下記の様に切り替わりますので、
画面のガイドに従ってレベリングを行ってください。
3ステップで出来ます。

s910_leveling_02 s910_leveling_01

最後にチェックマークが出て、
画面左上の水準器マークが緑色になっていれば、完了です。
測定方法は、同じです。2点測定後に、高さ、水平距離、
2点間の角度が表示されます。

一連の流れは、動画でもご覧いただけます。

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。