D510

DISTO D510 & アダプターFTA360

ライカの屋外用レーザー距離計 DISTO D510 とアダプター FTA360との使い勝手が向上しました。アダプターには3種類の選択肢がある中で、最も人気なのが、この「FTA360」という微調整ネジ付きタイプです。非常に滑らかに動くネジで、上下・左右、狙いを正確に定める際におすすめです。

fta360_1

もともとこのアダプターは、2015年12月発売の上位モデル Leica DISTO D810 touch のサイズに合わせて発売しました。

DISTO D510で使うためには、測定基準を本体の下ではなくアダプターに合わせるため、従来は、使用前にオフセットモードから「-0.065」と入力する必要がありました。

けれども現行品は、製品の画面仕様が変わり、FUNC(設定画面)から「FTA360」モードを選べるようになりました。ワンボタンで設定が完了します。

【設定方法】
1. FUNCを押すと、機能アイコンが表示されます。右上にある測定位置変更アイコンを選びます。

2. 下記画像の右から2つめが、「FTA360」モードです。

DISTO d510_測定基準

三脚とアダプターが入る専用ケースがございます。パッケージとしての販売は行っておりませんので、それぞれ単品でご購入いただくか、弊社代理店よりご購入いただけます。詳しくは本サポートサイトからお問合せ下さい。

この専用ケースには、DISTO D510、アダプターFTA360、三脚 TRI70が入るようになっています。

アダプターの選択肢は、他に2つあります。DISTO D510で使える3種類のアダプター比較は、下記をご覧ください。

Leica DISTO D510 / X4 で使えるアダプターライカの屋外向けレーザー距離計 DISTO D510 / X4は、3種類のアダプターが使えます。 アダプターとは、三脚に取り付けて...