D510

Leica DISTO D510のアダプターは、FTA360がおすすめ!

ライカの屋外用レーザー距離計 Leica DISTO D510 と、
アダプター FTA360との使い勝手が向上しました。

Leica DISTO D510で使えるアダプターには3種類ある中で、
なぜ、FTA360をお勧めするのか。ご参考になさってください!

アダプターFTA360とは?

fta360_1

Leica DISTO用アダプターとして最も人気なのが「FTA360」です。
レーザーの位置を自在に調整する「微調整ネジ」が付いていることが、人気の理由です。

本体の上と下に2か所、ねじが付いています。

質問者さん
質問者さん
なんで、上と下にねじがあるんですか?
DISTOくん
DISTOくん
上のねじは、上下方向に動かすため。下のねじは、左右に動かすためだよ!

非常に滑らかに動くネジで、上下一緒に動かして使います。
すると、レーザー位置をスピーディーに合わせることができます。

DISTOくん
DISTOくん
他のアダプターは、ネジじゃなくて、棒を動かすタイプ。ねじの方が細かく、きちんと調整ができるから、人気なんだね。

アダプターの選択肢は、他に2つあります。
よろしければ、下記に比較した動画がありますので、見てみてください。

Leica DISTO D510 / X4 で使える3種類のアダプターを動画で解説ライカの屋外向けレーザー距離計 DISTO D510 / X4は、3種類のアダプターが使えます。 アダプターとは、三脚に取り付けて...

 

Leica DISTO D510で使うときの設定

もともとこのアダプターFTA360は、2015年12月発売の上位モデル
Leica DISTO D810 touch に合わせて発売開始しました。

以前は、Leica DISTO D510で使う時、使用前に「-0.065」と
オフセットする必要がありましたが、今はワンボタンで設定が完了します。

【設定方法】

1. FUNCを押すと、機能アイコンが表示されます。
右上にある測定位置変更アイコンを選びます。

2. 下記画像の右から2つめが、「FTA360」モードです。

DISTO d510_測定基準

 

距離計とアダプターを収納できる別売パッケージ

レーザー距離計 Leica DISTO D510は、他の屋外モデルにあるような、
パッケージとしての販売は行っておりません。

ただ、パッケージケースの単品販売はしています。
この専用ケースには、Leica DISTO D510、アダプターFTA360、
三脚 TRI70が入るようになっています。

DISTOくん
DISTOくん
まとめて持ち運ぶのに、いいね!
製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。