【終了アプリ】DISTO transfer

Android版データ転送アプリ「Leica DISTO transfer」は、2種類あります!ご注意ください!

※Androidアプリ
『Leica DISTO transfer BT LE』ならびに
『Leica DISTO transfer』は、終了いたしました。

Android端末にて、Excelやメモ帳などに値を転送したい場合は、キーパットモードをお使いください。
下記に詳しく解説しておりますので、ご参考になさってください。
※本機能は、一部モデルのみ対応。


ライカ レーザー距離計 DISTO シリーズの専用アプリ「Leica disto transfer」は、2種類あります。Bluetoothの規格が変わったことにより、現行モデル用と旧モデル用の2つのアプリが存在しています。

機種に合ったアプリをご使用にならないと、Bluetooth接続ができませんので、ご注意ください。

現行モデル用 : Leica DISTO transfer BLE

現在、販売しているレーザー距離計で使えるアプリが、こちらです。アイコン左上の、「BLE」が目印です。

disto-transfer-ble-logo

対応しているレーザー距離計は、下記の通りです。

  • Leica DISTO D1
  • Leica DISTO D110
  • Leica DISTO D2
  • Leica DISTO X3 (New!)
  • Leica DISTO X4 (New!)
  • Leica DISTO D510
  • Leica DISTO D810 touch
  • Leica DISTO S910

旧モデル用 : Leica DISTO transfer

以前販売していた、Leica DISTO D8 / D3a BT / A6 をお持ちの方は、こちらのアプリをお使いください。「BLE」が無い方です。

disto-transfer-logo

その他

Windows へデータ転送することもできます。下記ページでご紹介しております。

同じアプリでも、写真の上や手書き図の上にデータを載せて、測定メモを作る方法があります。

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。