D810 touch

レーザー距離計でスクリーンショットが撮れる!測定写真を出力する方法

測定箇所が多い現場では、測定データも記録写真もたくさん。
「どこで撮ったデータだっけ?」という照合作業は手間と時間がかかります。

  • レーザー距離計の測定画面を、画像で残したい。
  • 写真に測定結果を入れて出力したい。

そんなときの方法を2つご紹介します。

スクリーンショット機能を使う

レーザー距離計 DISTO D810 touch / S910 は、
画面のスクリーンショットを撮ることができます。

画像は、ケーブルでPCへ出力できますので、測定結果を写真データとして残し、
記録や報告書の作成に活用できます。

撮り方は、カメラマークの「カラーファインダー」ボタンを、2秒長押しするだけです!

D810-S910-スクリーンショット

撮ったスクリーンショットは、FUNCのギャラリーから見ることができます。

スクリーンショットの一例です。

D810-screen shot 高さトラッキング_画面

 

アプリを使って測定メモを作成

写真を使った記録には、アプリを使う方法もあります。

スクリーンショットは、ケーブルでPCに接続し、画像を出力して使うという流れですが、
アプリ 『DISTO Plan』を使うと、スマートフォンに写真とメモが一体となった画像を残しておくことができます。それらをすぐにメールすることもできます。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

手書き図面に測定値が入る!レーザー距離計アプリ「DISTO Plan」 レーザー距離計をもって現地調査に向かうとき、こんな経験はありませんか? 手書きでスケッチしたあと、レーザー測定した値を書き込んで...
製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。