D510

レーザー距離計 ライカ DISTO D510 と D810 touch の違いは?

レーザー距離計 Leica DISTO D510と、一つ上の機種 Leica DISTO D810 touchの違いは何ですか?というお問い合わせ、よくいただきます。そして、

「機能的には、DISTO D510で充分」
「外で直線距離を測るだけ」
「D810 touch、高っ!!!」
「D810 touchの何がいいのかわからない」

という理由で、レーザー距離計 Leica DISTO D510にしよう!

と気持ちを固めていらっしゃる方にとっても、ご参考になる情報をご紹介いたします。

仕様比較だけでは、なかなか分かりづらい両機種の違い、
それぞれの良いところをお伝えしていきます。

機能的には、Leica DISTO D510で十分そうだけど…?

デジタルカラーファインダー搭載、水平距離、高さ・高低差測定、
いずれもLeica DISTO D510 / Leica DISTO D810 touch で可能です。

機能だけを見ると、Leica DISTO D510で足りるけれど、
Leica DISTO D810 touchをご購入される方がいます。なぜでしょうか。

1.ディスプレイの見栄えがよい

両機種ともカラーファインダー搭載ですが、Leica DISTO D810 touchは、
画面サイズが大きく、解像度が高いため、くっきり、鮮やかに見えます。

外は、太陽光の影響で、曇天でも室内より格段に明るい環境です。
さらに、遠くになればなるほど、対象物が小さく映り、
正確にとらえることが難しくなります。

より大きな画面で、くっきりと見る。
両機種を同時に見た方は、
ほぼ間違いなく「D810 の方が見やすい…!」とおっしゃいます。

最も差が出るカラーのデジタルファインダー画面の比較動画をご覧ください。

2.タッチパネルでスマートフォンのように操作

画面のデザインは両機種、そっくりですが、
タッチパネルか否かは操作性に大きく影響します。

  • 測定ボタンを押す
  • 機能の選択
  • 画面の拡大/縮小

これらが、スマートフォンの様にスイスイできます。

そして、測定ボタンを押すときに、
レーザー距離計本体が動いてしまう“手ブレ” も解消できます。D810_TOUCH_KEYVISUAL_2

1、2回の測定ならあまりタッチパネルの効果は感じられませんが、
何度も測定する場合、歴然とした差が出てきます。

タッチパネルは、画面を軽く “ポン” と押すだけで、操作・測定ができます。
力は要りませんし、ブレないようにする、というストレスもありません。

1回の測定時間が長い、1日に何箇所も測定するという方は、
Leica DISTO D810 touchもご検討されてはいかがでしょうか。

3.測距能力が高い

最大測定範囲は、D810 が250m、D510は200mです。
これは室内での測定範囲で、屋外の場合は60m~150m程度になります。

測定範囲が広いということは、

「測れる距離が長いこと」に加え、
「100m前後の短距離でも、エラーを最小限に抑えて測定できる」

ということを意味します。

  • 昼間に長距離を測ることがある
  • 測定対象が黒い

という場合は特に、測距能力の高い「Leica DISTO D810 touch」をお奨めします。

4. スクリーンショット画像をPCへ出力

  • 測定結果を報告書に使う
  • どの場所を測定したか画像記録を残す

こんなときに、画面のスクリーンショットが活躍します。

Leica DISTO D810 touchは、カメラボタンの長押しで、
画面の写真(スクリーンショット)を撮ることができます。

画像はケーブルでPCへ。下記動画をご覧ください。

5.自社ソフト・自社アプリに値を飛ばしたい

自社開発したWindowsソフトウェア、スマートフォンアプリに測定値を飛ばしたい、というご要望もよくいただきます。

D510は、弊社とのNDA締結、ソフトウェア開発が必要ですが、
D810 なら、転送モードを変えるだけで接続・転送が可能です。

keypad_w10_s910
ソフトを使わずに、レーザー距離計の測定値をWindowsへ送る!(キーパッドモード)レーザー距離計 Leica DISTO X3 / X4 / D810 touch / S910 の4機種は、専用ソフトウェア「DISTO...

 

Leica DISTO D810 touch のどこがいいの?

上記の違いに加え、D810を最も特長づける機能が、「写真を使った測定」です。
長年の懸案だった「横幅」の測定が、いとも簡単にできてしまう画期的な機能です!
d810_photoD810には、カメラが搭載されています。
このカメラを使ってまず写真を撮り、
その後に1度だけ、対象物までの直線距離を測ります。

測定はこれで終了です。

あとは、画面に表示された矢印を動かして、幅を計算します。
「写真のピクセル」と「対象物までの直線距離」を使って、
三平方の定理(ピタゴラスの定理)から距離を算出します。

対象物を画面内におさめる必要があるので、幅が長い場合は、後ろに下がって測定してください。詳しい使い方は、下記をご覧ください。

円柱の直径を測るライカ レーザー距離計 DISTO D810 touch / S910には、写真を使って距離を算出する機能があります。 対象物の距...

こちらもぜひ、ご覧ください。

disto-history
進化の歴史は、幅測定の歴史ライカのレーザー距離計 DISTOシリーズは、1993年に世に出て以来、現在も進化の途上です。DISTOの進化の歴史は、"幅測定の歴史"...

 

Leica DISTO D810 touchより、
D510の方がいい所は?

2つあります。1つは、ほこりと水に強いこと。

  • ホコリの多い建設現場で使う
  • 小雨の中、ぬかるみや水たまりのある場所で多く使う
  • 製品を泥で汚す

こんな場合は、Leica DISTO D510の方がおすすめです。

ほこりと水には、耐性をランク付けした規格があります。
詳しい解説は、下記をご覧ください。

disto-x4-truly-robust
レーザー距離計は防水?保護等級(IPコード)の解説レーザー距離計の展示即売会に行くと、よく聞かれる質問の1つがこちらです。 みなさんは「防水」と聞くと、どのような状態を想像...

もう1つは、サイズが小さくコンパクトなことです。

  • 持ち物が多く、できるだけ軽く、小さいものがいい

こんな方は、D510がぴったりです。
サイズの違いは、写真をご覧ください。

d510_d810

Leica DISTO D810 touch と D510の共通点

両製品に共通している点は、以下のとおりです。

  • デジタルファインダー搭載
  • 360°チルトセンサーを使った機能 (水平距離・高低差測定など)
  • アプリ「DISTO Plan」対応 → 詳しくはこちら
  • 3年保証 → 詳しくはこちら

 

その他

Leica DISTO D810 touchの電源は、充電式です。
Leica DISTO D510は、単三電池×2本です。

また、Leica DISTO D810 touchは、
不定期のソフトウェア・アップデートがあります。

2016年7月リリースのアップデート版から、充電中も操作可能になりました。

Leica DISTO D810 touch / S910: 充電中も測定可能に!レーザー距離計 DISTO D810 touchとS910は、ご購入後にリリースされた新しいファームウェアへ、アップデートすることができ...

長々と説明してきましたが、お好みや用途に合わせて、お好きな方をお選びください。
ご質問、ご不明な点がございましたら、お問合せページよりご連絡ください。

 

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。