2点間距離

土手の面積を、レーザー距離計で測定する方法

土手の測定

「レーザー距離計 Leica DISTO D510を買ったのですが、
この機種で土手の面積は測定できますか?」

というご質問がありました。
回答としては、

「長方形であれば測定できますが、多角形の場合は、
1回では測定できません。形によっては測定できません。」

となります。
どういうことなのか、解説していきます。

土手の傾斜面を測る方法

ライカの屋外用レーザー距離計は、下記の通り、3種類に分類できます。

  1. 距離+傾斜角度により測定
    (D510 / D810 touch)
  2. 距離+写真により測定
    (D810 touch / S910)
  3. 距離+傾斜角度+水平角度により、3次元座標を取得して測定
    (X4 P2Pパッケージ / S910)

Leica DISTO D510は、傾斜角度と距離、というデータしか得られないため、土手の面積を測定するには、下記写真のような長方形に限られ、手順も3段階になり煩雑です。

Leica DISTO D510での測定方法

(前提条件)
・土手の正面に立つこと
・三脚とアダプターを使うこと

手順1.土手の高さ(上下の距離)を測定する
    →「傾斜のある対象物測定機能」を見る

手順2.幅を測定する
    →「ピタゴラス機能」を見る

手順3.上記の値を掛け算する

下記のような、曲面がある場所は、Leica DISTO D510では測定できませんが、3次元座標から計算するレーザー距離計を使えば、測定できます。

「スマートエリア機能」という方法です。

「スマートエリア機能」の詳しい解説は、下記をご覧ください。

スマートエリア機能が使えるレーザー距離計

2つの選択肢があります。いずれも屋外で、3次元座標を使って測定できるレーザー距離計です。

1.Leica DISTO X4 P2Pパッケージ

DST360_X4_set_scopeofdelivery

Leica DISTO X4 単品では、3次元座標を取得する測定ができません。
アダプタ―「DST360」に、水平角・鉛直角センサーが搭載されているからです。

「スマートエリア機能」を使うには、単品ではなく、「Leica DISTO X4 P2Pパッケージ」をお選びください。

既にLeica DISTO X4単品をお持ちの場合は、「DST360」をお買い求めください。

2.Leica DISTO S910 P2P パッケージ

Low_Resolution-S910_P2P_Kit_scopeofdelivery_wboxsleeve_ref_high

Leica DISTO S910は、単品でも測定できますが、離れた所から対象物を正確に狙うには、レーザー位置の微調整が必要になってきます。

その際、アダプターFTA360-Sの微調整ねじを使うと、スムーズに位置合わせができます。多くの方が、パッケージの方をご購入されます。


Leica DISTO X4とS910の違いについては、下記をご覧ください。

アクセサリー

草が生えている場合は、ターゲットプレートをお使いいただくことを推奨いたします。プラスチックや木の板などで、作っていただいてもかまいませんが、弊社でご用意しているターゲットプレートはこちらです。

a4ターゲットプレート

A4ターゲットプレート

詳しくは、こちらをご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
土手の面積を自在に測定するには、3次元座標から計算できるレーザー距離計をお使いになることをお奨めいたします。

ご質問がございましたら、お問合せページよりご連絡ください。

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方は、
下記をご参考になさってください。