DISTO Plan

レーザー距離計とアプリで、平面図が作れます!

手書きの図やメモを、アプリで自動作成!

現地調査では、紙にスケッチを描き、
コンベックスで測定した結果を書き込み、
オフィスに持ち帰ってからパソコンに入力して、
ようやく正確な図面が完成する・・

という作業をされている方が多いと思います。

スケッチが不正確だったり、測定値をメモし忘れたり、間違った数値を書き込んだりして、再調査のため現場に何回も足を運ぶのは、手間もコストもかかってしまいます。

ライカのレーザー距離計は、ボタン一つで正確な距離や高さの測定が出来るだけでなく、専用アプリと一緒に使うことで、

ドアや窓のついた図面を自動作成したり、
CADで使えるDXF形式のデータとして出力したりすることが可能です。

今回は、レーザー距離計とアプリ「DISTO Plan」を使って、部屋の間取り図や平面図を自動作成する流れをご紹介します。

レーザー距離計とアプリで平面図を作成する流れ

レーザー距離計DISTOとアプリを使って平面図を作成する流れは、以下の通りです。

  1. アプリとレーザー距離計をペアリング、Bluetooth接続
  2. レーザー距離計で測定(値が自動でアプリに転送される)
  3. アプリ上で平面図を作成(無償または有償)
  4. 平面図を出力する(有償)

出力できるデータ形式

disto-plan-dxf-export

出力形式の選択肢は、左画面の通り「4種類」です。

  • DXF 2D
  • DXF 3D
  • DWG 2D
  • DWG 3D


※「DXF 3D」 および「DWG 3D」は、2次元の平面図データに一律の高さを掛けたデータになります。

CADデータとして活用

DWG、DXFデータは、CADソフトで開くことができます。アプリで作成した平面図を2次元で表示させることができます。

各辺の数値も、入っています。P13, P14 というのは、測定した点の番号です。

「DXF 3D」ファイルを開くと、このように測定結果が3次元で表示されます。

出力データのサンプルをご希望の場合は、お問合せページよりご連絡ください。

平面図を作成する3つの方法(無償または有償)

レーザー距離計とアプリ「DISTO Plan」で平面図を作成する方法は「3通り」あります。

  1. アプリ画面にスケッチし、測定値を入れて作図
    (スケッチプラン機能 / 無償)
  2. スケッチせずに、壁を順番にレーザー測定するだけで、平面図を自動作成する
    (スマートルーム機能 / 有償)
  3. 離れた場所から測定し、 アプリで平面図を自動作成する
    (メジャープラン機能 / 有償)

いずれの方法でも、DXF形式でのデータ出力は有償です。

以下は、各機能とデータ出力の金額です。(2019年10月21日現在)
詳しくは、アプリの「購入履歴」をご覧ください。

disto-plan-subscription-月額-2019-1021
月額
disto-plan-subscription-年間-2019-1021
年額
disto-plan-subscription-無制限-2019-1021m
全機能 一括購入

では、これから、上記3つの方法をそれぞれご紹介します。

1.アプリでスケッチ&測定して平面図を作成

X3_sketch_iphone-law

スケッチプラン機能で平面図を作成する際は、以下のような流れで行います。

  1. アプリ「DISTO Plan」で図をスケッチし、
  2. レーザー距離計で測定していくことで、
  3. 測定値が反映された図が作成できる
  4. 図を出力する
sketchplan_process

スケッチプラン機能は、こんな時に役立ちます。

  • 部屋の形状が複雑でない場合
  • お持ちのレーザー距離計が、DISTO X3 / X4 以外の場合

ドアや窓などの開口部も図に入れることができ、JEPG/PDF形式やCADデータとして出力することができます。

スケッチプラン機能は、全てのレーザー距離計でお使い頂けます。使い方の手順については、下記ページをご覧ください。

2.スケッチせずに、壁を順番に測定して、平面図を自動作成する

X4_Smart_Room_mitHandy_high

部屋の壁を時計回りに測っていくだけで、部屋の形状を自動で描くのが「スマートルーム機能」です。

スケッチプラン機能のように、アプリ上でスケッチをする必要がありません。測定したい壁を順番に測定していくだけで、平面図が自動で作成されます。

ポケットにスマホを入れたままで、測定作業と作図ができます。
最後に「完了」ボタンを押すと、図が表示されます。

smartroom_process
図を書いたり、値をスライドさせたりする必要がなく、測定に集中できます!

スマートルーム機能は、こんな時に役立ちます。

  • 複雑な形状をした部屋や、壁の多い部屋の平面図を作りたい時
  • 部屋の形状が、そもそも把握できていない場合

この機能を使えるレーザー距離計は、下記2機種のみです。

  • Leica DISTO X3
    Leica DISTO X4

レーザー距離計 Leica DISTO X3 / X4 のみに搭載された「IMU慣性計測装置内蔵」により、レーザー距離計本体の向きが分かることで可能になった機能です。

ドアや窓などの開口部や、天井高の測定値を入れることで立体図を作成することも可能です。

スマートルーム機能の使い方については、下記ページをご覧ください。

3.離れた場所から測定し、平面図を自動作成する

measure_plan_pic
部屋の真ん中に立ち、角をねらって順に測定していきます

一か所から移動せずに部屋の測定を行い、平面図を作成できるのが「メジャープラン機能」です。

スケッチプラン機能/スマートルーム機能と異なり、離れたところに立って角を順に測定し、平面図を自動で作成できます。

メジャープラン機能は、こんな時に役立ちます。

  • 測定したい壁に近づくことができない場合
  • 室内に物が多く、測定したい壁が隠れてしまっている場合
  • 敷地を測定して平面図を作成したい場合
弊社エントランスを、メジャープランで測定した図

メジャープラン機能は、以下のような流れで平面図を作成します。

  1. 測定場所にレーザーが当たる最適な場所に立つ
  2. 端末と接続したレーザー距離計DISTOで、部屋の角を測定
  3. アプリ「DISTO Plan」上に、平面図が自動作成される

対応するレーザー距離計

  • Leica DISTO X3 &アダプター DST360
  • Leica DISTO X4 & アダプター DST360
  • Leica DISTO S910

精度について

メジャープラン機能は、3次元座標情報を取得して距離や長さを算出するため、測定精度は10mm@10m、5mm@5m 前後となります。

メジャープラン機能の詳細については、下記ページをご覧ください。

まとめ

レーザー距離計とアプリを使うことで、紙に手書きのスケッチやメモをとらなくても、現場ですぐに平面図を作成できる方法をご紹介しました。

レーザー距離計DISTOを既にお持ちで、これから初めてアプリの導入をご検討される方は、無償機能(スケッチプラン機能)からお試しいただいてから、必要に応じて有償機能(スマートルーム機能/メジャープラン機能)をご購入頂くこともできます。

アプリ「DISTO Plan」は、下記ページよりダウンロード頂けます。スマートフォンやタブレットでアクセスして頂き、ダウンロードしてください。

iOS : バージョン 10, 11

Android : バージョン 6, 7, 8

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。