3D Disto

Leica 3D Disto:高さの基準を設定する

3D Distoで、高さの基準を設定する2つの方法

Leica 3D Disto は、測定した点をすべて三次元の座標情報に変換します。最初に測定する2点でX-Y軸が決まるようになっています。

通常、1点目は(X,Y,Z)=(0,0,0)となり、これ以降に測定した点は、全て1点目からの位置関係[水平方向、鉛直方向、高低差]を座標値(X,Y,Z)で表します。

高さ基準の決め方は、2通りあります。

  1. 1点目を基準とする(初期設定)
  2. それ以外の場所を基準とする

1の場合、1点目は初期設定では高低差(一番下の値)が0となっていますので、そのまま基準として測定できます。

ここでは2の方法について解説します。

任意の高さを基準にする方法

基準にしたい場所がレーザー測定できるとき

1点目、2点目を測定して座標軸が決まったら、右側のバーから基準設定のアイコンを選択します。

この後、基準となる場所をレーザー測定するので、基準高は「0」を入力します。入力が終わってOKを選択すると、レーザー測定画面に変わりますので、基準にしたい高さの場所を3D Disto で測定します。今回は「床」に照射しました。

床面に基準高が設定されました。1点目の座標値を見ると、床からの高低差がZ軸に反映されています。

基準にしたい場所がレーザー測定できないとき

基準にしたい場所が空間や水面であったり、物で隠れていてレーザーが照射できない場合は、 1点目、2点目を測定して座標軸が決まった後、基準高にしたい場所との高低差を入力して設定します。

例えば、基準にしたい場所が、レーザー照射が可能な場所から1.5m下方にある場合は、基準高の入力画面で「1.5」と入力し、レーザー測定します。上方であれば、マイナスの値を入力することも可能です。

 

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。