DISTOを比べる

屋外で直線距離を測るのに最適なレーザー距離計は?

屋外で直線距離を測りたいが、結局どの機種にすればいい?

レーザー距離計の原点とも言える、最もシンプルな直線距離測定ですが、どんな状況で測るかによって、最適な機種は異なります。

ファインダー使用が前提!

屋外ではレーザーが見えないため、デジタルポイントファインダーを使用することが大前提となります。

屋外で、とにかく直線距離を測れればいい、ということであれば、

Leica DISTO X4 / D510 / D810 toutch

のいずれかをおすすめします。

機種によって、ディスプレイのサイズが異なるため、ファインダーの見え方や表示も異なります。下記ページで、屋外モデルのファインダーの違いを解説していますので、合わせてご覧ください。

サイズや見え方を徹底比較!レーザー距離計のデジタルファインダー「レーザー距離計は、屋外では使えない」という概念を 過去のものにしたのが、このデジタルポイントファインダー。 レーザーは日中、屋...

 

全ての機種において、等倍(x1)、2倍(x2)、4倍(x4)への拡大ズームが可能です。
下の写真は、Leica DISTO D810 touch のファインダー画面です。

 

 

 

 

 

 

屋外で直線距離を測る

測定方法

直線距離は、Leica DISTOをONにし、赤いDISTボタンを1回押すだけで測定できます。連続で測定したい場合は、DISTボタンを2秒以上長押しします。

測定距離は、最大60m前後を目安に

屋外では、太陽光の影響により、測定できる距離が大きく変動します。

日中晴天の場合、屋外モデルのレーザー距離計単体では、
60m前後が最大で測定できる距離となります。

直射日光でない気象条件や、光の少ない環境であれば、測定できる距離はより長くなります。

60m以上の長距離を測りたい時

屋外で、60m以上の直線距離を測りたい場合は、A4サイズのターゲットプレートを併用されることをお勧めします。条件によっては、ターゲットプレートが複数枚、必要になることもあります。

ライカのターゲットプレートは数種類ありますが、A4サイズのターゲットプレート「Leica GZM26」は、それぞれの機種の仕様範囲内の距離であれば、測定可能です。

a4ターゲットプレート
レーザー距離計で長距離測定をする時に必須の「A4ターゲットプレート Leica GZM26」ライカ レーザー距離計 DISTOシリーズを使って、屋外の長距離測定をしたい時に使う、 A4サイズのターゲットプレート「Leica G...

 

「Leica GZM 26」を使って、直線距離300mの測定ができるかの検証結果をご紹介しています。

新宿御苑
レーザー距離計 DISTO S910で、300m測定!@新宿御苑ライカ レーザー距離計 DISTO S910の測定範囲は、最大300m! DISTO史上最長の測定範囲をもつ機種です。 ただし、...

 

三脚に固定して測定したい

レーザー距離計 Leica DISTOシリーズは、三脚に取り付けることができます。

ネジ穴のサイズは1/4インチで、カメラ用三脚と同じ大きさすので、お持ちのカメラ三脚をお使い頂くことも可能です。

ただしカメラ用三脚は、足が細いものもあります。
高精度の測定をお考えであれば、安定感のある三脚が必要ですので、
弊社製品もぜひご検討ください。

tripod_TRI70
レーザー距離計 Leica DISTO用の三脚は5種類!それぞれの特長をご紹介レーザー距離計 Leica DISTO (ライカ ディスト) シリーズは、 他社製品と比べてアクセサリーを豊富に取り揃えていることが特...

※ レーザー距離計を三脚に取り付けて測定される場合は、距離計本体の「測定位置」を変更する必要があります。三脚使用モードに切り替えてから、測定してください。

写真はLeica DISTO X3 / X4 の、測定位置の設定画面です。

 

下げ振りを使いたい

三脚「Leica TRI 120」のみ、下げ振り用のフックが付いています。

 

測定と記録を同時にしたい

距離測定をして、手書きのメモや記録をとる作業は、記載ミスや記録漏れ、メモの紛失などのリスクを伴います。ライカのレーザー距離計専用のアプリやソフトウェアを使うことで、距離測定と同時に、アプリやWindowsにもれなくデータを転送することが出来ます。

測るだけで写真メモや図面を作成:アプリ「DISTO Plan」

アプリ「DISTO Plan」を使うと、以下のようなことが出来ます。

  • 写真やスケッチに測定値を入れる
  • 測定しながら部屋の間取り図を自動作成
  • 測定するだけで、床の平面図や、建物の立面図を作成
  • JPEG、PDFレポート、CAD形式で出力

 

「DISTO Plan」については、下記ページで詳しくご紹介しています。

レーザー距離計アプリ「Leica DISTO Plan」で出来ること新製品のレーザー距離計 Leica DISTO X4 / X3 の発売にあわせて公開された、 専用アプリ『 Leica DISTO Pl...

 

Windowsに転送:ソフトウェア「Disto transfer」

Windowsに測定結果を自動転送することができます。例えば、以下のようなケースで役立ちます。

  • 測定結果を瞬時に転送、一括で出力
  • Excelやメモ帳などに転送
  • ソフトウェアから測定操作が可能(D510以外)
  • 一定間隔で自動測定

 

レーザー距離計 Windows PCソフト「DISTO transfer 6.0」の概要これまで、Bluetooth版 / WLAN版 とに分かれていた 無償ソフトウェア「Leica DISTO transfer」が一本化...
製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。