3D Disto

CSVデータを使って墨出しする:三次元レーザー測定器 Leica 3D Disto

三次元レーザー測定器 Leica 3D Disto には、墨出しができる「プロジェクター機能」があります。この機能を使って、一定間隔で墨出しをしたり、自作のデータを入れて墨出しをすることも出来ます。

3D Disto による墨出し用に、自作のCSVデータを使用する手順をご紹介します。

Leica 3D Disto 2種類の墨出し方法

Leica 3D Distoによる墨出し「プロジェクター機能」は、2通りの使い方があります。

2種類の墨出し方法
  1. 格子状や網目状に、一定間隔でレーザー照射する(平面のみ)
  2. DXFやCSVデータを使って、任意の場所にレーザー照射する

例えば、「床や天井」などの2次元平面への墨出しの場合は、
下記で具体的な手順をご紹介しております。

一方で、「トンネルの内壁」や「ドーム状の天井」など、
曲面への墨出しをする場合、

Leica 3D Distoの墨出しは2次元のみ、という仕様上、
墨出しデータを2次元データへ変換する必要があります。

【壁面】X座標とZ座標の2次元データ
【床や天井など】X座標とY座標の2次元データ

このデータは、DXFでも、CSVでも構いませんが、
ここでは、CSVデータの例を解説いたします。

Leica 3D Disto で墨出し:入力データの作成

データの条件

Leica 3D Disto での墨出しに使うデータ形式は、下記を参考に作成してください。

データの条件
  1. ファイル形式: CSV または DXF ※1
  2. データ: 2次元形式(点および線のデータ)
  3. 基準線: 墨出し用のデータ以外に、現地とデータを合致させるための線データ(または基準点2点)と、可能であれば目印点1点を含むこと
  4. データ容量: 2 MB 以下
  5. 墨出し点のみのシンプルなデータにすること

※1: DXFついては、下記リンク先の資料で詳しく解説しておりますので、CADを使われる方はぜひご覧ください。

参考資料:DXFデータついて(ダウンロードできるPDFファイルが開きます。)

3D Distoの座標の決まり方については、下記をご参考になさってください。

3D Disto の座標の決まり方3次元レーザー測定器 Leica 3D Distoは、測定した点をすべて3次元の座標情報に変換します。ここでは、座標軸がどのように決定さ...

CSVデータ作成方法

今回は、壁面を例にしますので、X座標とZ座標のCSVデータを作成してみます。
墨出ししたい点のX座標、Z座標を「;」(セミコロン)で区切ります。

下図では、A行1列目の座標(0.0000000000000;0.0000000000000)を基準点としています。

A列3行目のように、X座標が負の数字の場合、表計算ソフトの仕様でエラーが出ることがあります。その場合は、負の値を入力するときは数字の先頭に「’」(シングルクォーテーション)を入れてください。

Leica 3D Disto で墨出し

作成したCSVデータをインポートし、Leica 3D Distoを使って墨出しをする手順は、下記で解説しております。合わせてご覧ください。

トンネル内壁・ドーム天井などの曲面への墨出し:Leica 3D Disto三次元レーザー測定器 Leica 3D Distoは、床などの平面だけでなく、トンネル内壁やドーム天井などの曲面にも、墨出しをすることが...
製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。