レーザー墨出し器 Lino

たてよこ2ライン5ポイント照射のレーザー墨出し器 Leica Lino L2P5 / L2P5G

ライカのレーザー墨出し器「Leica Lino」シリーズのうち、
たて・よこ2本のラインレーザー・5個のポイントレーザーを出すモデルが2機種あります。

それぞれのモデルについてご紹介します。

たて・よこ2ライン・5ポイントのレーザー墨出し器 ラインナップ

Laserfunktion-Lino-L2P5図のように、たて・よこ2本、
地墨点、真上の点、正面、左、右の5点にのレーザーを出すモデルは、赤色レーザー、グリーンレーザーでそれぞれ1機種です。

 

Leica Lino L2P5

赤色レーザーで、
たて・よこのレーザーラインに加えて、
地墨点、真上の点、正面、左、右の5か所に
墨出しが出来ます。

■希望小売価格:
こちらの製品ページをご覧ください。

 

 

Leica Lino L2P5G

グリーンレーザーで、
たて・よこのレーザーラインに加えて、
地墨点、真上の点、正面、左、右の5か所に
墨出しが出来ます。

■希望小売価格:
こちらの製品ページをご覧ください。

 

 

Leica Lino L2P5 / L2P5G 同梱物

内容 Leica Lino L2P5 Leica Lino L2P5G
アダプター TWIST360
アダプター UAL130
収納ケース
リチウムイオンバッテリー
バッテリー充電用 ACアダプター
アルカリ電池用トレー
ターゲットプレート
クイックスタート
精度証明書
Calibration Certificate Blue
セット一覧

※ アダプター UAL130は、単品購入もできますので、Leica Lino L2P5 でお使い頂くこともできます。

Leica Lino L2P5 / L2P5G 付属アダプター『TWIST 360』

Leica Lino L2P5 / L2P5Gには、
360°回転するアダプター
『TWIST 360』が付属しています。
全方位に墨出ししたい時に役立ちます。

TWIST360には強力磁石がついており、
Linoをしっかりと固定して、
様々な場所に取り付けることができます。

 

 

 

アダプター『UAL 130』(Leica Lino L2P5G のみ)

グリーンレーザーのLeica Lino L2P5Gのみ、
アダプターは『TWIST360』に加えて、
『UAL130』が付属しています。

TWIST360と一緒に使うアダプターで、
吊り天井の梁や棒、レールなどに取り付けることができます。

※ UAL130は、単品購入もできますので、Leica Lino L2P5 でお使い頂くこともできます。

 

Leica Lino専用アダプターについては、下記ページでも詳しくご紹介しています。

360°回転できる!新レーザー墨出し器に付属している専用アダプター レーザー墨出し器 Leica Lino のリニューアルに合わせて、専用アダプターも新登場しました。 Lino単体でも使えますが、...

 

レーザー墨出し器 Leica Lino の使い方

水平水準を固定する「レベリングロック」

レーザー墨出し器 Leica Linoは、内部に「ペンデュラム」と呼ばれる振り子が搭載されており自動水平調整範囲を超える角度で使用する場合や、Lino本体を持ち運びする場合は、
「レベリングロック」を回してロック状態にします。

振り子が固定され、自動水平調整機能が無効になります。、Leica Linoの自動水平調整範囲(± 4 °)を維持する機能があります。

ロックされた状態でレーザーをオンにした時は、レーザーが5秒毎に点滅します。

下図のように、大きな傾斜をつけて墨出しをしたい時に、レベリングロックが役立ちます。

精度検査

レーザー墨出し器 Leica Linoの精度検査は、下記の項目に対して行うことができます。

  1. 水平調整精度
  2. 水平精度/垂直精度
  3. 鉛直ポイント
  4. 直角度水平点
  • 精度よく墨出しをするためには、Lino本体の精度検査を定期的に行って下さい。
  • 特に、高い精度が求められる作業をする前には、必ず精度検査をして下さい。
  • 精度検査前には、レベリングロックを確認してください。

1.水平調整精度の検査

向かい合う2枚の壁に横レーザーを照射して、
その位置関係からLino本体の水平調整精度が仕様範囲内にあるか調べることができます。

準備

  • 5mほど離れた2つの壁(A,B)の中間に、Lino本体に三脚を取り付けて設置します。
  • Lino本体の「レベリングロック」を解除します。

検査手順

(1)電源を入れ、壁Aに横ラインレーザーで墨出しします(A1)。
(2)Lino本体を180°回転させ、壁Bに横ラインレーザーで墨出しします(B1)

 

(3)Lino本体を移動し、A1より低い場所に横ラインレーザーで墨出しします(A2)。(4)Lino本体を180°回転させ、壁BのB1近くに横ラインレーザーで墨出しします。

 

(5)A1とA2、B1とB2の距離をそれぞれ計算して、両者の差分を求めます。

(A1-A2)-(B1-B2) ≦ 2mm

  • 差分が2mm以内である場合・・お使いのLeica Linoは仕様範囲内にあります。
  • 差分が2mmを超えている場合・・お問い合わせ下さい。

2.水平精度の検査

準備

  • 「レベリングロック」を解除します。
  • 壁から5mほど離れた場所に、Lino本体に三脚を取り付けて設置します。

検査手順

(1)壁に向かって縦/横ラインレーザーを照射し、2本のレーザーラインが交差する場所をマーキングします。

(2)Lino本体を右に旋回し、次に左に旋回します。
横ラインレーザーの、マーキング位置との上下方向の差異を確認します。
差異が3mmを超えていなければ、Lino本体は使用範囲内にあります。

 

3.垂直精度の検査

準備

  • Lino本体の「レベリングロック」を解除します。
  • 縦ラインレーザーを照射しながら、高さ3mの壁に、Lino本体を出来るだけ近づけて設置し、縦ラインをマーキングします。
  • 壁から約1.5m離れた時には、Lino本体を約1.5mの高さに設置します。

検査手順

Lino本体を回転させ、縦ラインの下部にレーザーを合わせ、縦ラインとラインレーザーの位置を確認します。この差が2mmを超えなければ、Lino本体は使用範囲内にあります。

 

4.鉛直ポイント

準備

  • Lino本体の「レベリングロック」を解除します。
  • 下図のように、B1から鉛直方向に最低1.5m離れたA1近くに、Lino本体を三脚に取り付けて設置します。

上部ポイントの精度検査

レーザーの横ラインを1の方向に合わせます。
レーザーポイントA1とB1にピンを使って印を付けます。

 

下部ポイントの精度検査

Lino本体を180°回転させ、1の方向とは逆方向の2を指すようにします。
その時、レーザーとA1がぴったり一致するようにします。

 

B1とB2の差が2mmを超えなければ、Lino本体は使用範囲内にあります。

5.直角度水平点

準備

  • Lino本体の「レベリングロック」を解除します。

検査手順

(1)壁から約5mの基準点(P1)をマークし、下の鉛直点上にLino本体を置きます。
十字線を左の壁に合わせ、P1と同じ高さの交点(a1)を壁にマークします。
前壁に右垂直ビーム(b1)をマークします。

 

(2)Lino本体を垂直点P1を中心に、時計回りに90°回転させ、
左側の垂直ビームを既存の基準点a1に位置決めします。

上部の鉛直点が基準P1上にあることを確認し、新しい基準点b2を前壁のb1で確認します。
2つの点の間の偏差は、最大3mm。
右側の垂直ビームの新しい位置を右壁にc1とマークします。

 

(3)Lino本体を垂直点P1を中心に180°回転させ、右側の垂直ビームをa1に位置決めします。上部の鉛直点が依然として基準P1上にあることを確認します。

次に、左側の梁を右側の壁にマークし、c2としてマークします。前の基準点であるc1と新しい点c2との間の差を測定します。これら二つの点の間で、偏差は最大3mmです。

 

Leica Lino テクニカルデータ

Leica Lino L2P5

ビーム方向/ファン角度垂直/> 170°、 水平/> 180°
点の方向上、下、右、左、前(90°/180°)
範囲*25 m
範囲 (受光器使用)*80 m
計測精度±0.2 mm/m = ±2.0 mm @ 10 m
水平/垂直ライン精度±0.3 mm/m
ポイント精度±0.2 mm/m
自動水平調整範囲± 4 °
自動水平調整時間< 3 s
レベルを超えた警告はい – 5秒ごとに点滅する線
水平調整システム自動振り子ロック可能
レーザータイプ(赤色レーザー)635 ± 5 nm、クラス2(acc IEC 60825-1)
保護等級IP 54(IEC 60529)防塵防滴
落下抵抗6 x 0.5 m
電源Lino Li-Ionバッテリーパック5200 mAh /
18.7 Wh(アルカリ電池AA 3個)
Li-Ion電池の動作時間26時間(2ビーム+4ポイント)–
44時間(1ビーム+2ポイント)連続
アルカリ電池使用時の動作時間8時間(2ビーム+4ポイント)–
13時間(1ビーム+2ポイント)連続
自動シャットオフ利用可能
本体サイズ( L×W×H)110 x 60 x 100 mm
重量 (Li-Ion/アルカリ充電池含む)530 g
作動温度-10℃ 〜 + 50℃
保管温度-25℃ 〜 + 70℃
距離5mでのレーザー線幅< 2 mm
三脚用ネジ穴サイズ1/4インチ(アダプター付き + 5/8インチ)
受光器のパルスパワー有、 自動

*周囲の明るさによる

Leica Lino L2P5G

ビーム方向/ファン角度垂直/> 170°、 水平/> 180°
点の方向上、下、右、左、前(90°/180°)
範囲*35 m
範囲 (受光器使用)*80 m
計測精度±0.2 mm/m = ±2.0 mm @ 10 m
水平/垂直ライン精度±0.3 mm/m
ポイント精度±0.2 mm/m
自動水平調整範囲± 4 °
自動水平調整時間< 3 s
レベルを超えた警告はい – 5秒ごとに点滅する線
水平調整システム自動振り子ロック可能
レーザータイプ(グリーンレーザー)525 ± 5 nm、クラス2(acc IEC 60825-1)
保護等級IP 54(IEC 60529)防塵防滴
落下抵抗6 x 0.5 m
電源Lino Li-Ionバッテリーパック5200 mAh /
18.7 Wh(アルカリ電池AA 3個)
Li-Ion電池の動作時間
(赤色レーザー)
15時間(2ビーム+4ポイント)–
28時間(1ビーム+2ポイント)連続
アルカリ電池使用時の動作時間8時間(2ビーム+4ポイント)–
13時間(1ビーム+2ポイント)連続
自動シャットオフ利用可能
本体サイズ( L×W×H)110 x 60 x 100 mm
重量 (Li-Ion/アルカリ充電池含む)530 g
作動温度-10℃ 〜 + 50℃
保管温度-25℃ 〜 + 70℃
距離5mでのレーザー線幅< 2 mm
三脚用ネジ穴サイズ1/4インチ(アダプター付き + 5/8インチ)
受光器のパルスパワー有、 自動

*周囲の明るさによる

レーザー墨出し器 Leica Lino 参考情報

Leica Lino L2P5 / L2P5G マニュアル(PDF)

弊社製品サイトにて、Leica Lino L2P5 / L2P5G のマニュアル(PDF形式)をダウンロードできます。
サイト下部の「サポートドキュメントとダウンロード」からお選び下さい。
(別ページでPDFファイルが開きます)

ライカ ジオシステムズ 製品サイト『Leica Lino L2P5』

ライカ ジオシステムズ 製品サイト『Leica Lino L2P5G』

Leica Lino 参考ページ

レーザー墨出し器 Leica Lino の概要やアダプターに関する情報を、
下記ページでご覧いただけます。

■ レーザー墨出し器 Leica Lino 概要

明るい!ライカ製の新レーザー墨出し器を徹底解説。グリーンも2機種に! レーザー距離計や測量機器を販売するライカ ジオシステムズ株式会社では、レーザー墨出し器 Leica Lino(ライカ リノ)シリーズも...

 

■専用アダプター 詳細情報

360°回転できる!新レーザー墨出し器に付属している専用アダプター レーザー墨出し器 Leica Lino のリニューアルに合わせて、専用アダプターも新登場しました。 Lino単体でも使えますが、...

 

■レーザー墨出し器 Leica Linoに使える三脚

L2P5_TRI100_drywall_lino
レーザー墨出し器 Leica Lino に使える三脚 レーザー墨出し器 Leica Lino を取り付けることのできる三脚やアダプターについてご紹介します。 レーザー墨出し器 Lei...
製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。